日本高周波鋼業(5476)が突然上昇。

日本高周波鋼業(5476)が突然上昇。42円高の283円、+17.43%。6/13付けの日経朝刊一面の、この記事に反応したんでしょうね。以下、引用します。

車用鋼材値上げ、2年ぶり――10%、新日鉄・トヨタ合意。

 新日本製鉄とトヨタ自動車は自動車部品の鋼材を一〇%強値上げすることで合意した。ボディーなどに使う鋼板も五%前後の値上げで合意する見通し。値上げは二年ぶり。世界需要が拡大する鉄鋼は合従連衡が進み、海外で値上げが先行している。新日鉄は最大四割とされる国内外の価格差解消を狙う。自動車業界には七百億―八百億円程度のコスト負担につながり、収益圧迫要因となる。

 合意したのは、エンジン周辺や足回りの部品・バネに使い、さびや摩擦に強い特殊鋼の価格。現在は一トンあたり八万五千円前後で、一律一万円を上乗せする。新日鉄のトヨタへの納入価格が事実上の業界標準となる。
 新日鉄とトヨタは自動車用鋼板も、月内をメドに五%前後の値上げで決着する見通し。上げ幅は一トンあたり二千―三千円程度。いずれも四月出荷分にさかのぼって適用する可能性がある。
 自動車用鋼材は一九九九年に日産自動車が調達先を絞り込んだゴーン・ショックで値崩れした。その後はアジア需要増などを背景に、〇五年度まで三年連続で値上げ。今回の値上げでバブル崩壊直後の価格水準に戻る。(引用終わり)

まあ低位バリュー銘柄に分散投資していれば、こういったまぐれ当たりにも遭遇できるということです。低位株分散投資の醍醐味の一部ともいえますよね(笑)。あとはどれだけ引きつけて売るかだけ。じり高ならば倍加、それ以上を目指すわけですが。

急騰銘柄は急落しやすい。ただし大化け銘柄の初動は、急騰から始まる。判断が難しいですね。永遠の課題です(笑)。「ここは買って良い値段」というのはあまり難しくないけど、「ここは売り時」は本当に難しいですよね。

低位バリュー株投資は、株価がおとなしい時に買って、上がるまで待つのが基本です。バリュエーションからは明らかに割安だけど、株価上昇要因が見当たらない時に買っておく・・・・。上がる材料が無い時にバリュエーションを手がかりに分散投資し、好材料が出たら売る・・・このスタンスが重要ですね。

バブル崩壊を経て、世の中に「不要」な会社は淘汰されたと認識します。現在上場している銘柄というのは、大半が社会が必要としている企業、つまり大きな景気循環の中で、かならずいつかは株価に出番が来る銘柄です。私はこのような考え方をします。

ふりーパパ式成長株投資法の集大成を期間限定で公開中!                          

slide1 上方修正後の株価上昇を巧みに利用した投資手法を3つの無料動画で公開中です。

【8月8日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「数倍にもなる銘柄を誰よりも早く見つける方法」
1回目の映像では成長株投資法を長年実践し、これまで4億円以上稼いでいるふりーパパ氏が成長株投資法について、 数倍以上になる銘柄を誰よりも早く見つける方法についてお伝えします。

【8月12日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「1年間で10倍以上に値上がりした銘柄の見極め方」
2回目の映像では成長株投資法について、ペッパーフードサービスの銘柄を事例にして、 成長株を発掘する大事なポイントを4つ紹介します。 この4つのポイントは成長株投資には欠かせません。今回の事例で実感してください。

【8月15日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「儲けるための売買法とそのタイミング」
3回目の映像では成長株投資法について、ふりーパパ氏の手法を イメージしてもらうために2つの売買事例を特別に公開します。 後半では手法に重要な「ボックス売買法」と「ポイント&フィギュアチャート」 について、具体的にお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Comments

  1. 現場情報 says:

    特殊鋼といえば日立金属のMAGICとかいう新製品の特殊鋼、うちらの世界ではうけてるなあ。
     うちの工機部門の連中にいわせると、色々と画期的なんだそうな。業界の仲間に聞いても広がりつつあるみたいで、長期的にはここの株まだまだ上がるような気がするなあ。なにせ金型鋼材って広がってゆくのはゆっくりだからな。

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)