岡山のイタリアン「タボーラタパス」と、ANAのCAさん

浜口です。今日は、クリスマスイブスペシャルということで・・・・

先日、岡山に出張、「タボーラタパス」というイタリアンに、行ってきました。岡山城の近くにある、隠れ家風のレストラン。素敵でしたし、美味しかったな。
これは以前、ブログのどこかで書いたことですが、当方、最近、出張で昼に時間的に余裕があるときは、イタリアンのランチコースにすること多いんですね。地方でイタリアンを食べるメリット、以下5点、あると考えます。
①価格がどうみても、割安。東京の2/3、場合によっては半額。
②東京の一流店で修行したシェフがいる店も、探せばある。
③地元素材が味わえる店も。一方で、観光客価格ではない。
④次の仕事のアポまでの、時間の調整が容易。食後、喫茶店に行く必要なし。コースなら、エンドの時間を告げておけばよい。
⑤美女店員が相手をしてくれるときも、たまには。
さてさて今回は、どの点でメリットが?・・・写真を

raungi.jpg
羽田のANAラウンジ。JALよりも明るい感じだな。
deza-to.jpg
Cランチ。デザート付きで1500円くらいか?まずはサラダ。ウエイトレスさん中心の写真で、料理がよくわからないとの、ご批判も?(笑)キッシュも、乗っかってましたな。
pasta.jpg
右は鶏のグリル。左は、こカブとツナのトマトパスタ。暖かいヴィシソワーズも、ついてる。おいしい。
zensai.jpg
洋ナシのシャーベットとプリン。またもウエイトレスさん中心で、料理がよく、わからないと?(笑)

P1040412.JPG
P1040411.JPG
羽田ー岡山便にて。CAさん。素敵な笑顔ですな。この方、JALからANAに転職したらしい。
この日、当方、一番後ろの席に座っていて、CAさん、すぐ後ろにいたので、いろんな話を聞かせてもらった。実に素晴らしい人だった。あまり書くと支障があるので、会話、ほんのさわりだけ・・・

CA:「お仕事で羽田ー岡山、日帰りですか?どんなお仕事?大変なお仕事ですね?」
当方:「運用会社ですが・・・わかりますか?・・・と、国内の飛行機会社は、今はANAのほうが、勢いが感じられますね?」
CA:「そうかもしれません。でも私は、JALからANAに転職しましたんで、両方分かりますが、JALも、素晴らしい会社です。」
当方:「いつごろ移られたんですか?」
CA:「2005年頃です。この頃、JALからかなりの人数のCAが、ANAに移りましたね。でも・・・私はJALに、育ててもらいましたね。」
当方:「そうですか。ANAは、働きやすいですか?」
CA:「そうですね。ANAは良い職場ですが・・・社内の人間関係については、JALの暖かさに、捨てがたいもの、感じますね。」
このCAさん・・・・ANAの人なのに、かつていたJALへの心遣いを、忘れない。話の最後に、かならず、JALを讃えるんですね。JALに恩があると・・・優しい人なんだろうなと、思った。・・・と、そういえば2005年頃、JALの大量リストラ、あったよな・・・。
でも・・・これはあくまで仮説だが、JALがリストラしている間は、こういう素晴らしい人から先に、ANAに移ってしまうのかもしれない。だとするとJALは厳しい、というか、せつないな。

さて
当方、今回の出張、当方、実に体調、良くなかったんです。でも、イタリアンでもエアラインでも、なぜか今回は美女が、優しく声をかけてくれ、癒してくれるかたちになりました。。。。と、これはあくまで偶然、結果的にそうなっただけですよ?(笑)
まあ・・人生、悪くない。。。でしたな。悪しからず。次回こそ、相場のこと、書きますな?(笑)

slide1

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Comments

  1. こんばんは。いつも気になっているのですがどういうふうに声をかけて写真を撮らせてもらってるのでしょうか。素敵な笑顔の写真が毎回気になって仕方ありません(笑)

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)