ユーロ圏は利上げが視野に?

浜口です。日本株、今日はさすがに安かったですね。
今日知り合いと話をしたんですが、今年になって、ユーロ圏の利上げが視野に入ってきた・・・という話でもちきりだというんですね。
曰く、昨年12月のユーロ圏の消費者物価は前年比+2.2%、これが1月は+2.4%になるとの見通し。一方でECBのトリシェ総裁は、1月6日のECB理事会でインフレ警戒の発言をしている。ECBが目標とする物価上昇率は、2%ですからね。
こういったことを受け、1年後の政策金利水準を表すユーロ圏IOS(オーバーナイト・インデックス・スワップ)金利が上昇中、半年前は0.5%前後だったものが、足元は1.2%近い水準、さらに上昇中らしい。
さて
欧州は経済が2極化してる。経済規模が小さいいわゆるPIIGS(除くイタリア)はまるでダメですが、経済規模が大きいドイツはユーロ安効果で、絶好調。全体としてはまあまあ回復基調。
為替を考えると、PIIGS(除くイタリア)の悪材料が、スケジュール的にまだ出てくる可能性があるので、なにかあると一時的にせよ、
ユーロ安になりやすい。ただしユーロ安になると、輸出で儲けるドイツ経済がさらに調子づくのがミエミエなので、ユーロ安になってもすぐ戻してしまう。
足元はそんな展開だと思います。しかし今後金利が上がってくると、徐々にユーロ高に転じてくるのか?次回のECB理事会は2月3日ですが、さすがにこのタイミングの利上げは考えられない。3月以降どうなるのかという理解でよいのか??

法人需要・・・アジアにはライバルはいない。

大前研一著「お金の流れが変わった」を読みましたが、面白かった。株式投資のsuggestionになる部分もあるので、少々紹介を。P190から少々引用。
法人需要・・・アジアにはライバルはいない。
新興国で成功する第二の道は、「法人需要」である。法人需要の良い点は、台湾や韓国、中国にはライバルとなる企業がいない点。
たとえばブルドーザーなら、世界的企業はコマツとアメリカのキャタピラーの二社。韓国製や中国製のブルドーザーは見たことがない。
この状況では、例えばアジアが経済成長すれば、ブルドーザー受注はコマツかキャタピラーのどちらかに集中。経済成長に伴うアジアのブルドーザー市場拡大の恩恵は、
この2社に集中することになる。これはオイシイ状況ですね。確かに。銘柄選別をする上で、役に立つ切り口と考えます。

(コメント返信)富士登山電車の富永さん

浜口です。TV出演が決定!!富士登山電車のマドンナで紹介した1月16日(日)の朝8:00~8:25、NHKの「小さな旅」『~山梨県 富士山ろく~』、みなさん、ご覧になりましたか?
放送後まもなく、当方のブログ宛、2名様から下記のコメントをいただきました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
FF様
NHKの番組をみて、富永さんに会いたい、元旦に登山電車乗りたいなあ、 と思って検索したら このブログに出会いました。 TVを通してでも魅力が伝わってくる素敵な女性ですね。 多くのオジサンの好みは同じ…って事かな?
エツ様
「小さな旅」見ました。「富永幸子」さんのファンになってしまいました。 「富士登山電車」絶対に乗りにいきます!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
富永さん、番組の主人公だったんじゃないか!!これでもう、富士急の顔だな。
うーむ。素晴らしかったなあ。当方がアップした写真よりも、はるかにきれいに写っていた。富永さんがイキイキしてたって。表情アップのシーンがなんとも良かったし、着物のシーンも麗しかった。切なくなる話も・・・。そしてもちろん、ハートの良さも、ものすごく伝わってた。NHKのハイビジョン映像がこれほどまでに生きている番組は、なかなかないって。そう感じた。もちろん、番組自体も良かった。
「多くのオジサンの好みは同じ…って事かな?」とのコメントをFF様からいただきました。「ああいうタイプが良い。ど真ん中」と思う男性は、実際のところ、少なくはないんでしょうね。
エツ様。富士登山電車、良いでしょう?今後、富永ファンは急増か。富士急の業績にもプラス寄与かな。
当方、本日の映像を録画したが、これをYou tubeにアップするのは困難を極めるらしい。知り合いから聞いた。外付け型HDDビデオデッキで録画したが、それを当方のPCに落とすことがまず出来ないだろうと。NHKは、そのあたりの版権管理に無茶苦茶うるさいと。そういうもんなのかなぁ?
だれか、なんとか策を弄して、本日の映像をYou tubeにアップしてくれないものか?

Galaxy Tabを知り合いが購入したが・・

浜口です。年初に、当方の学生時代からの知り合い(後輩の関係です)と飲みに行ったときの話。Galaxy Tabを持っていた。驚いたことに、幸せのGalaxy Tabを見て共感し(?)、ビックカメラに買いに行ったというんですね。
そうか、あの時書いたあのブログは、そういうかたちでも影響力をもたらしていたんだな。。。と思った。
聞けば、ブログで書いた当方とドコモのエビちゃんとの展開を、多少なりとも期待している様子。しかし悪いことに、購入先のビックカメラで、セットアップをかなり終わらせてしまっている。以下の会話を。
浜口:Galaxy tabを買った?そうか、良かったなあ。じゃ当然、残りのセットアップはこれから、ドコモショップでしてもらうんだな?
後輩:それが・・ビックカメラで、男性に全部やってもらったんですよね。
浜口:ええ?ダメじゃん!!なんでエビちゃんにセットアップしてもらわないのかなぁ?
後輩:そ、それが・・買ったときはそこまで気が回らなくて。浜口さんほど周りのこと、というか女性のことが視野に入っていないのかも(笑)。
浜口:(?)そうか。しょうがないなぁ・・。ん?パスワード設定はまだなんだな?じゃそれを、ドコモショップでやってもらったら?
後輩:そ、そうですね。
浜口:パスワード設定だけだとすぐに終わってしまうから、それ以外の質問事項を前もっていくつか考えてメモしておいて、それをドコモショップで尋ねてみろって。当方が行ったお店をお勧めする。ちなみに当方の担当者(?)のエビちゃんはooさんというからな。もし、ご縁があればなぁ。
という感じの会話があった数日後、彼からメールがありました。貼り付けます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
浜口さんお勧めのドコモショップに行って来ました。ギャラクシーの質問カウンターでは担当者を指名できないんですね。(笑)対応してくれたのは、上戸あや似の女性でした。親切でしたが、どこか淡白であっさりと質問のみに答えてもらい10分で終了。パスワード設定は完了したので、目的は果たせました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
指名できなかったって・・・そういうお店ではないんだが・・・(笑)。まあ、いいか。これに対し当方、以下の趣旨の返事を。
浜口です。
うーむ。そうか。。。どこか淡白であっさりか。上戸あや似、これは好材料なんだろうがな。
パスワード設定だけだとすぐ終わるから、質問事項をいくつかメモして行けと、アドバイスしたんだがなぁ。もう少し準備周到であるべきだったなあ、当方のような展開を期待するのであれば・・・まあ、またわからない点があったら、再度ドコモショップに行くといいって。そうすれば今度はホットな展開があるかもよ。
みなさんも、もしもGalaxy Tabを買うことがあれば、以上を参考にしてください・・・って、参考にならないか?(笑)

ひかりレールスター・サイレンスカー

浜口です。

この前、広島から新大阪に移動する折、ひかりレールスターに乗ってきました。ひかりレールスターは、JR西日本が山陽新幹線の新大阪駅 – 博多駅間で運行する「ひかり」の一種。700系の改造車両らしいですが、これがなかなか良い。おススメです。まずはひかりレールスターの外観(出所:wikipediaひかりレールスター)とシートの写真を。

Imagere-rusuta.png
P1010044.JPG
ひかりレールスターの普通車指定席は、横2+2配列。まるでグリーン車のよう。JR西日本ではこれを「サルーンシート」と呼んでいる。座席の前後間隔は、他の普通車と同じらしいが。でもこれが、通常の指定席料金だけで乗れるのは、とても魅力的。人気の秘密は、ここですね。
このためか、ひかりレールスターにはグリーン車は連結されていない。まあ、サルーンシートで十分ですね。

P1010048.JPG
座席背もたれ部分の白いカバーにある、ひかりレールスターのロゴ刺繍。良い感じ。
当方が乗ったのは、サイレンスカーという車両。ひかりレールスターの4号車。ご参考まで、座席後ろのトレイの裏側にある、サイレンスカーに関する説明文の写真を。
P1010050.JPG
サイレンスカーはなかなかユニーク。基本、車内アナウンスがない。さすがに終点の新大阪に到着時には唯一、ありましたけどね。それ以外は一切ないんです。仕事・読書・睡眠などに集中したい人向け。車内販売の女性が通るときも、ゆっくりと、しかし何も言わずに通り過ぎる。「一言もお声がけをしてはいけない」ということで、販売員の女性はかえって、かなり緊張していた。結構不思議な空間だった。でもこれでは、途中駅を乗り過ごしてしまう可能性が高いようにも思われるが、どうなんだろ?

でも残念ながら、サイレンスカーは、2011年3月11日をもって廃止になるらしい。乗ってみたい方は、お早めに。やはり、乗り過ごす人が多かったのかな?

これ以外には、8号車はコンパートメント席。座席が、4名一室で仕切られている。そんな車両もある。ひかりレールスター、JR西日本、色々と工夫を凝らしてますね。素晴らしい。

テレビ出演が決定!!富士登山電車のマドンナ

浜口です。良い話。
富士登山電車のマドンナで紹介した、富士急客室乗務員の富永幸子さん。ブログでも少し触れましたが、今度テレビに登場すると。
1月16日(日)朝8:00~8:25。NHKの「小さな旅」に。
お題は『~山梨県 富士山ろく~』とのこと。
番組の中で富士登山電車が取り上げられ、その中で富永さんは、客室乗務員として登場、車窓風景の説明など行っているんだそうな。
そうか。素晴らしい!それにしても、「小さな旅」は、いかにもふさわしい。
富永さんの佇まいや仕事ぶりは、この番組のカラーに、とっても合ってるからなぁ。
良いことが書かれることの少ない最近のNHKだが、この手の番組は秀逸。よく、富士登山電車・富永さんという銘柄を発掘したな。さすがNHKの調査力と言いたい。
これは楽しみ。期待してる。must watch!

当方が所属している運用会社の話

浜口です。当方の全国行脚のことの続き。今回は当方が現在所属している、運用会社の話を。
当方、自分のキャリアのほとんどが運用会社(あるいは某銀行運用部門)。
現在は3社目。中途採用の人が、全体の7割ぐらいかな。ムードは悪くない。市場の真っ只中にいられるし。人間関係もまずまず。
運用会社のムードには、共通点があるように思う。表現が難しいが、どこか「牧歌的な」「おっとりした」ところがあるんですよね。ギスギスしてない。
運用会社(含む銀行の運用部門)と、銀行・証券のカルチャーは、明確に違うと思うな。一線を画す。
組織・運用スタイルにもよるが、一般的にファンドマネージャーは、運用成績が悪いとどこに飛ばされるか、身分がどうなるか分からない。でもそれはそれとして、運用会社は営業なども含め、「ギスギスしても運用成績はよくならないし、資産残高も増加しないからな」「市場次第だからな」と、そんなムード(悪く言えばあきらめムード?)が根底に。
まあ実際、そのとおりだし。量的な頑張りが質的な成果に、短期的には直結しない業種なんですね。まあ長期的には、差が出てくるんでしょうが・・。
会社によって、ファンドマネージャーの地位が高いところと、そうでもないところがある。以前の会社は、神様仏様ほどではないが、地位は高かった。
今のところは・・・後者かな。以前ファンドマネージャーだったシニアの重鎮がマーケティング部門に多く所属し、ガンガン意見してるな。まあ、悪いコミュニケーションではないが。
一方で銀行・証券の営業部門は、これとは違いますよね。後者は特に、ギスギスしてると思う。仕事で訪問するから良く分かる。
こちらの業務は、頑張れば頑張るだけ、短期的にも成果が上がる可能性がある。故に上司はハッパをかけまくり、肉食で成果が上がった部下を高待遇する。そんな文化ですよね。
銀行は・・・まあこれは、証券とは全然異質だな。特に本部はそう。基本、減点主義。特にメガバンクはそれが顕著と。但し運用部門は、違うけどな。
だけど、リテイルの営業部門は証券会社の中途採用者が増えていて、一部肉食化しているという話も聞こえては来るが・・・。
いずれにせよ、銀行・証券の営業部門(特にリテイル部門)がゴキゲンに頑張ってくれれば、運用会社の資産残高、特に投信残高は増加することになる。だから運用会社は、銀行・証券の営業を様々に側面支援する。故に当方も、地方まで行ったりする。
「面倒見が良い運用会社だな」「色々とアフターフォローしてくれるな」と感じてもらうことが重要なんですね。特に地銀さんはそうかな。ということで、自分たちが出来ない分、銀行・証券の営業部門にハッスルしてもらいたいワケですね。
さて
現在所属している組織の大きな欠点。それは運用会社や証券会社ならどこでもどの部門でも同じでしょうが、個人の株式の個別銘柄売買に事前申請が必要、かつ一定期間の保有が必要な点。だから建て玉をして、すぐに逆指値を入れておく売買は、個別銘柄では出来ない。それをするには、会社を辞めないと。
でもまあ当方は規制の中、手続きを取りガンガン売買してますけどね。個人で株式売買している人は、実は結構多い。この手の会社3社目、今が一番多い。社風というより偶然、同類が回りにとても多かったんですね(笑)。ETFは売買が自由なんで、こちらをやってるヒトがまあ多いけどな。逆指値を入れてる人も。売りからは入れないが。
取り留めがなくなりました。この辺で。

当方の全国行脚のこと

浜口です。最近、当方の全国行脚や会社のことをよく聞かれる。自身の話・近況を少々。可能な範囲で。
当方、マクロ経済や投資環境の講演などで、出張することも多くなった。日本各地の銀行・証券が、この手の話を運用会社に丸投げ依頼してくるんですね。昨年ついに、3年間で47都道府県すべてを訪れるに至った。自分でもびっくり。関東以外では、富山、福島以外、全ての県に1回は宿泊しましたね。
講演は、それはもちろん、頻度で言えば1に東京、2に大阪・名古屋なんです。しかし当方、無類の「テツ」であることを、会社に戦略的に(?)伝えている。入社面接の際はもちろん、なにかと折に触れてね。
出張で、多くが(特にトシを重ねた人が)「疲れてタマらん。出来れば勘弁して欲しい」と思う地域がある。それは、片道6時間かそれ以上、県庁所在地からさらに2時間以上かかるような地域。飛行機・新幹線を降りた、そこから先が長い。そういう地域の足は、地元の人はたいがい車ですが、当方は多くがローカル線。3時間おきぐらいしか、列車が走っていなかったりする。
具体的には、山口なら萩・長門市、島根なら益田・木次、愛媛なら宇和島、岩手なら宮古・釜石・久慈、秋田なら能代・花輪、青森なら五所川原といったあたりが該当するかな。
全て行きましたが・・・遠いって!ハンパじゃなく(笑)。
数としてはもちろんほんの少ししかないが、これらが「優先的」に、当方にお声がかかる。そんな構造が、組織に出来上がってる。自然と。
常識人が敬遠する一方、当方はこれを逆に喜ぶ・・・適材適所(?)の関係、当分この状況は続きそうです。
でも日本全国、各県のお土地柄に触れるのは、とっても面白いですって。食べ物も、地のものはおいしい。ということで、当ブログでたまに「漫遊記」を書かせてもらってるわけです。
地方は、駅が街の中心から離れているケースも多い。そうでなくても、シャッター通りも多い。下手すれば何もないところで昼間、3時間ぐらい時間をつぶさなければならなかったりする。
それはそれで、当方は工夫をする。地元の図書館に行ったり。市役所の食堂、あるいは海岸に行ったり、お寺に行ったりとか。いろいろ歩いたが結局何もなくて、駅の待合室で待ったり。
地銀はある。しかしまわりに喫茶店はまるでない。こういう地域は、実は結構存在する。でも、真夏と真冬以外は、なんとかなる。そういうこともあって、ipadやgalaxy tabが欲しくなるんですね。
さて
ところで当方、現在の組織に所属している状況、これは多いに良しとしている。会社にいることで、社会とのつながりが自動的に得られますしね。
当方、かつては「会社勤めをしながら自身の株式運用で億という金を稼ぎもしくはそれにメドをつけ、相場で自立しリタイヤする。すると時間が有り余るはずなので、その時はまずはゆっくりとテツで、日本を全国行脚する」ことを人生の目標としている時期もあった。
この目標に対し、現状はどうか?
全国行脚については、はからずも組織にいる間に、だんだんと実現している。今後も、まだ行脚してない地域を尋ねていくことでしょう。一方で、リタイヤは実現していない。サブプライム問題などの災いもあって。でも今では、それで正解だった気がする。社会とのつながり維持の点で。相場も出来るし。ヒマすぎると、アル中にもなりかねない。
以上は理想との比較でも、まずまず結果オーライの展開。人生、どこでどうなるか、わからないモンですね。
当方の出張は、あくまで仕事。行く先は営業担当者が決めてくる。当方は、自由には選べない。が、逆に言えばだからこそ、当方が考えもしないような地域を尋ねることが出来、感動するケースもある。
また、出張は時間の制限も多く、自由もあまり利かない。しかし、時間や予算の制限があるからこそ、スケジュールを工夫をする楽しみが出てくる。そもそも自由な時間ばかりだと、もてあますと思う。一人では。現状で十分。
要は、何事も受け留め方次第だと思う。人生は。繰り返すが。
そのうち、続きを書きます。

いい相場になってきた!

浜口です。相場の話。
当方最近、昨年の忘年会の積み残し分の新年会が連続。酔っ払っていてなかなか平日ブログを書けなかった。今日も少々いただいてる次第だが。
それにしても日本株、いい相場になってきましたね。
やはり弱気バブルの崩壊なのかな?
基本、循環物色的な展開。今日は自動車の日かな。いすゞが戻り高値更新。ザラ場中の爆上げは見事だった。1日かけてVWAPで買ってる外人か機関投資家がいたんだろうな。それに気が付いた誰かが、仕掛けたのかな?わからんが。
一方で銀行・証券、商社などは今日はお休み。まあ早晩また、上がるんでしょうが。それらしい材料が出てきた折に。
相場の底上げ、というか売り込まれた相場の循環的な戻り。もちろん、業績期待の銘柄がアウトパフォームしているのは間違いないが。一方で物色の裾野も広がってきたな。
久々に大きく取れる相場が来たのか・・・・当方当面、買い玉を寝かせる一手と考える。国策に売りなし。人生、やはり悪くない(笑)。
楽観し過ぎか???但し、突然気が変わる可能性は、常にあるけどな。
あれ、今日、アメリカの雇用統計の日だったっけ?

幸せの居酒屋・「四季亭」

浜口です。お正月スペシャルということで、したためていたグルメネタを。去年の6月ごろ、仕事で青森の弘前を訪れた。その時に行った 居酒屋四季亭のことを思い出す。
青森は、魚が抜群に旨い。私見だが、魚の旨いこと、西の横綱は大分の豊後水道、臼杵・佐伯あたりか。天草も良いが。一方で青森は間違いなく、東の横綱級に入る。
四季亭は、食べログ青森の口コミに「普通の安い 居酒屋の雰囲気ですが、出てくるもののレベルは高い。(中略)東京ではこれだけのものをこの価格で食べることはできません」と 賞賛されていた。加えて、 津軽美人の女将もいるらしい。これで当方がぜん期待が高まり、平日の午後6時ごろ、到着5分前に「カウンター空いてますか?」と電話予約し訪れた。初めていく店はこうすると歓迎してくれる。というか、警戒されない。 写真を。
P1000714.JPG
本日の刺身メニュー。いかにも北酒場という感じ。いやが上にも期待は高まる。どれも食べてみたいが・・・うーむ、選択に迷う。
P1000713.JPG
まずは刺身を盛り合わせで少しずつ。全て地のもので揃えている。刺身一つ一つの味が濃い、というか際立ってる。白身も、しっかりと旨みが感じられた。
青森産のタコ、青森湾内マコガレイ、下北産の生ウニ、そして極めつけは天然マグロの中トロ、下北産である!下北産マグロって、有名な大間のマグロに代表される、津軽海峡で一本釣りされた生マグロですよね?冷凍してない中トロの刺身。これは贅沢!しかも切り身が大きい。ウニも 宮古のウニで書いたような 逸品。産地も近い。
写真にはないが、天然ホヤ水物も。オレンジ色。クサ味がまるでなく、味は潮の香りのイメージ。新鮮なホヤって、こういう味だったんだ・・・。
良く冷えたビールと地物の刺身、これがまた良く合うって。旨い!
P1000716.JPG
生き毛蟹の炭焼き。足は刺身で食べる。すずやかで旨い。体の部分はミソと分け、炭火でじっくりと、蟹の身の水分を少々飛ばすくらいに焼く。
焼きあがった蟹の身をミソと合わせると、なんともいえない香りとともにジューシーな焼き蟹の出来上がり。これを食べる。ズワイガニの焼き蟹よりは淡白だが、うーむ、絶品なり。日本酒と合う。
もはや犯罪の域だな。すまんなぁ。
P1000719.JPG
四季亭の美女3人組。写りがやや暗く、ピントも後ろのグラスのほうに合っていて、少々甘い。しかし彼女らの名誉のために言っておくが、実際にはみんな写真以上に、とってもカワいい!そして ハートも良い。
真ん中が女将さん。右の女性は大学生でバイト中。今はどうしてるかな?左の女性は20歳で北海道は留萌出身、「都会」に出ようと思い函館か弘前と考え、結局、弘前を選んだとか。
そういう2択があるんだ・・・。当方、北海道の人なら、札幌か東京に出るんだとばかり思っていたが。
でも素晴らしい。若く、将来が楽しみ。これから、弘前で素敵な彼氏と出会うのかな?それとも仕事で一旗あげるのかな。両方かな?なんて思った。
毛蟹は火が通るまで、30分はかかる。しかも火が通った蟹をほぐしてミソとまぜる、これがとても、手間と時間がかかる。その作業を女将さんは、当方につきっきりでやってくれた。カウンター越しに、いろんな話をしながらね。ビールも飲みながら。ああ至福。
自分だけ飲んでいても・・・蟹焼きが始まってまもなく、当方はこの美女3人に「あのー、ビール、いかがですか?ご馳走させてもらえませんか?」と提案。とっても喜んでくれた。この素直さが素晴らしい。嬉しい。みんなお酒が大好きだな。そうか、だから居酒屋でバイトしてるんだよな。きわめて納得。
この日は、カウンターに座ってる客が少なかった。当方が来る前には、弘前大学医学部のセンセがいてカツオ刺を食べていたが、早々に帰っていった。3人はかわるがわる、最大限、当方の相手をしてくれた。感謝してる。青森の魚介と美女との宴(?)、楽しい時間を過ごさせていただいた。
さて
昨年末、半年ぶりに四季亭に電話をした。すると女将さんが出て、「ああ、あのときの!もちろん、覚えてますよぉ」といってくれた。嬉しい。そして、「写真、カワイく写ってますか?そうですか、それならどうぞ、ブログに使ってください」と。
女将さんとは数分、話をした。口調はとても優しかった。良い感じの東北なまり、弘前弁かな。青森の女性は、情が厚いな。暖かい。
電話越しに、周りの声が聞こえる。四季亭の雰囲気が、電話を通してものすごく伝わって来る。
すると驚いたことに、次第にだんだん、あのときのカウンターの感じがよみがえってきた!当方、家で焼酎のホッピー割を飲みながら、そして写真を見ながら女将さんと電話をしていたせいか、こんな錯覚に陥った。
「今、四季亭のカウンターで飲んでいる。ほっこりと・・・」ほどなく現実に戻されたが、たしかにそんな、懐かしい気分になった・・・。
残念な話も。左側の女性は、辞めてしまうらしい。そうか・・。
素敵な彼氏と出会ったからかな?わからない。でも、幸せになって欲しい。人生、出会いと別れの繰り返しだからな。君ならきっと、うまくいく。オレは応援してる・・・
なんてな。そんな、少しせつない気持ちになった。幸せを祈る。今から ホッピーをもう一本飲む。
ブログを更新したら、女将さんにまた電話する約束をした。このブログを見てもらう。喜んでくれるだろうな。きっと。
今度弘前に出張したら、絶対に顔を出す。青森か秋田出張があったら、可能な限りスケジュールをやりくりし、弘前に泊まる。待っててな、女将さん。カウンター、空けといてな・・・。人生、悪くない。