鳥取・津山に出張①鳥取のテツ

浜口です。

大阪から、鳥取・倉吉・津山と、出張してきました。日本海側行くの、久しぶりだなぁ。なかなかよかったな。今回は智頭急行、因美線、山陰本線のテツの写真を。

hakuto.JPG
大阪駅にて。
鳥取行き、特急はくと。京都駅 – 鳥取駅間を、東海道本線・山陽本線・智頭急行智頭線・因美線・山陰本線経由で運行する気動車特急。この路線独特のデザインだな。

hakutoshanai.JPG
特急はくとの車内。見ての通り、当方が大阪から乗車した時はガラガラだったが・・・姫路からは、かなり多くの乗客が。姫路から鳥取へと向かう人。この区間の山陽と山陰、行き来かなり、あるんだな。

伯備線と同じように、因美線の中国山地の分水嶺も、トンネルの中だったと思う。加茂川に沿って走るが・・・・美作河井(みまさかかわい)の手前が、分水嶺だった。長いトンネル。ここから特急はくとも急加速。上り坂から下り坂に変わるんで。川の流れも逆に、なるんだよな。

oki.JPG
nisinihonntokyuu.JPG
さて:
鳥取に1泊した翌日。倉吉に向かう。その時乗った、特急おき。新山口行き。山陰本線の気動車、特急大好きなんだよなぁ。これ、車両、黒いイナズマと呼ばれているらしいが…確かに停車中のジーゼルの音はかなり大きい。相当迫力あるなぁ。

2両編成の特急おき。指定席と自由席の二両。でも車両横から見たデザイン、なかなか難しいんですよね。正面から見ると黒と黄色のデザイン、横の見た目は青と黄色。そしてこんな花の絵が。

47.JPG
倉吉での仕事が終了。これから餘部鉄橋に向かうが。その時乗ったら鈍行の気動車。山陰本線特有の紅しょうが色。なんともいえないなぁ。一説には、山陰の紅ズワイガニの色に準じているというが。。本当か?

47tokkyuu.JPG
新型特急と昭和の時代からの鈍行が並んでる図。特急がとってもモダンに見えるな。

でもこれは、関東だと、決してお目に係れない風景。貴重だよなぁ。気動車王国、山陰本線。いつまでもこのままでいて、欲しいな・・・。

slide1

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)