株主総会、大荒れと言うが…

浜口です。

テレビでは、「今年の大株主総会が大荒れ」と言う報道されてますね。例えばスルガ銀行。トップマネジメントに対して。あなたはまだ謝っていないなどと、怒号が飛び交ったと。

でもね。だったら、マーケットで売却すればいいじゃないか。ああいうところでああいうこと言ってる人たち。あんまり格好が良くないな。そう思いますけどねぇ。

あと株主総会が良くも悪しくも。リタイアした年配の方々の時間を潰す場になりつつあるようにも。そこでフラストレーションを爆発させてもなぁと言う気もするけどなぁ。

取り留めがありませんね。この辺で。自戒の念も込めて。

6月後半から 7月初旬頃の日本株は上昇しやすい?

浜口です。

これは今週の日経ヴェリタスに掲載されている、大和証券の木内さんのコメント中のグラフ。アノマリーの話。備忘録入りかな。
IMG_2809

縦軸は、日経平均の上昇確率。 6月後半にかけては70%近い上昇確率だったと。データは東証開所以来というから、戦後、東証の取引が再開された1949年からのものなのかな?随分と長い期間をとったものですね(笑)

こうなる背景については新聞を見ていただきたいと思いますが、以下に要点の一部を。

6月後半には上場企業の配当支払いが集中しやすい。市場全体では4兆円程度の配当が支払われると概算され、その一部は株式の再投資に回るだろうと。 なるほどな。

今週は6月最終週ですよね。もし株を売るにしても、週後半か来週の前半が良いんだろうか。この統計内容が再現されるとしたら。

どうなるか。

金利差拡大でも、為替が円安にならない理由

浜口です。

これは三菱UFJ銀行チーフアナリストの内田稔さんが書かれたコラム:円高に導く「しつこい引力」、日米金利差を凌駕

現状、為替を考える上で。特に金利差拡大でも為替が円安にならない理由について、ベーシックな考え方が高いレベルで良く整理されています。ご一読をおススメします。

でもね。ちょっと腑に落ちない点も。

円安要因。現在日米の長期金利さは約2.9%ある。この点からは円安が進行しても妥当と。これは理解できる。一方で日米のインフレ格差。当然、アメリカの方がインフレ率が高い。インフレ率が高い国の通貨は売られるもの。この点は円高要因と説明されている。

でも:
いわゆるフィッシャー方程式によれば、「名目金利はインフレ率+実質経済成長率とニアリイ・
イコール」になるとされますよね。

この考え方によれば、対日比較の高インフレ率が米国の相対的な高金利の一要因であるわけだから、ここでインフレ率を円高要因として持ち出すのは、ロジックとしてどうかなぁと思うんですけどね。どうなんだろな。イマイチ、良くわからなかった。まあ、内田稔さんがフィッシャー方程式を信頼していないのかもしれないな。

一方で:
「日本の対外純資産は約328兆円と二位ドイツの約261兆円に大差をつけ世界最大規模。そこから日本へ還流する配当金や利息の増加が経常黒字の拡大を促す」

この見解は納得です。当方の備忘録に入れさせてもらいますね。

なぜリスクオフで円高なのか

浜口です。

今日経モーニングサテライトで、 SMBC信託銀行の尾河さんコメントされてますね。なぜリスクオフになると円高になるのか。よく整理されているロジック。備忘録入りだろうな。

6EE71E5C-ED52-4EA4-ACE3-76181B5171F1

日本は経常黒字国かつ金融収支赤字国。貿易で巨額の外貨を稼いでおり、その外貨は巡り巡って、海外で運用されている。

リスクオフが起きると、海外で運用されている資産を一旦キャッシュ化する動きが起こり、円買い重要から円高になり得る。

テレビでの説明はここまででした。実際にはこの状況を投機家が格好の円高材料と受け止め、早い者勝ち、とりあえずの円買いに走る。こんな所か。

これは説明しやすいし、伝えやすいな。参考にさせてもらいます。

米貿易関税アップは、同時に米法人増税?

浜口です。

先ほど日経モーニングサテライトで、双日総研の吉崎さんがコメントされていましたね。

アメリカが貿易関税をアップさせた場合。これを払うのは個人であり法人。受け取るのは政府と。

という事は法人に関して言えば、足元ではドラスティックな法人減税が決定されているが、貿易関税が上昇するとこちらは増税寄与することになる。個人に対してはシンプルに消費増税。こういう理解で正しいんでしょうね。

アメリカ経済の中で、個人消費が占める比率は70%位だから、影響は小さくはないんだろうなぁ。

なんだか…特にアメリカの貿易増税と法人減税のセットについては、トータルでどのくらいのメリットになるんだろうかならないんだろうか。まぁデメリットになるとは考えづらいが。

なんだか不透明。現状では。まぁそのうち見えてくるんでしょうが。

とりとめがなくなりました。この辺で。

米関税、報復の連鎖と。

浜口です。

これは今日の日経朝刊の総合2面。黄色マーカー部分が本当にそうなると、ちょっと怖いなぁ。

BF2B7216-9E16-4061-9681-4215800E13DF

中国のアクションが早い。これまでの中国は、こういう時は玉虫色、問題解決を先送り、うやむやにしていた感が強いけど。習近平政権になって、中国は変わったなぁ。そんな印象が強い。その辺、トランプ大統領も誤算だったんじゃないかなぁ。

まぁそうはいっても、これから 11月の中間選挙に向けて、落としどころを探るんだろうが。トランプ大統領も習近平にここまで決定させて。これまでの話はなかったことにというのは、さすがに通らないようにも思うが・・・でも本件の実施は7月 6日から段階的にという話なので、そのうち交渉がなされトーンダウンとなる可能性もあるのかもしれないが。

どうなるか。

急変に備えて・・・

浜口です。

PIMCOが、急変に備えてということをHPで書いてますね。
頭の片隅に入れておく。一通り読んでおくことをお勧めしますが、以下に株式市場に影響しそうな部分の要旨を。どうなるか・・・

PIMCOの長期的な基本シナリオでは景気後退入りも想定

始めに、米国経済は向こう3~5年間に景気後退入りする公算が大きく、その影響は多くの国に波及するという現在の基本シナリオを再点検しました。(中略)以下のいくつかの理由により、この穏健なシナリオの実現は容易ではないでしょう。

第1に、米国において、2020年に追加刺激策が導入されなければ、2018~2019年の財政刺激効果の減退が離脱症状につながり、循環的な景気の減速に拍車をかける恐れがあります。

第2に、失業率がすでに4%を下回るタイミングで財政刺激策が導入される結果、景気が短期的に過熱する恐れがあります。さらに、2020年の大統領選を見据えて、今年11月の米国中間選挙の結果次第では、公共インフラ投資および/または減税の恒久化という形で財政政策が追加的に緩和される可能性もあります。これはPIMCOの基本シナリオではありませんが、実現した場合には過熱感がさらに高まるでしょう。

第3に、財政政策に起因して過熱感が生じれば、FRBは政策金利を中立的な水準を大きく上回る水準へと引き上げる可能性があります。インフレ率が政策目標を20~30ベーシス・ポイント以上上回る状態が長期化することを、FRBは許容しない構えのようです。過去のサイクルでは、このような利上げは首尾良く行かない傾向がありました。

第4に、(前略)現在の貿易摩擦は「プロレス」のようなものであり、行動よりも威嚇の側面が強いショーであるとはいえ、本質的には参加者が怪我を負いかねない危険な行動と言えるでしょう。

恵那・彦根へ旅に②「半分、青い」の岐阜・岩村から、滋賀の彦根へ。

浜口です。来週火曜日は米朝会談か。どんな着地かな・・・と、週末ですね。

恵那・彦根へ旅に①明智鉄道と岩村山荘の続きを。

IMG_1894
山荘の朝餉。すごいボリューム。左上にあるのは、山菜が多く入った湯豆腐。「朝からこんなに大きな湯豆腐とはすごいなぁ」と、隣の人が言っているが…ほんと、その通りだと思うな。
加えて、テーブルに置いてある「しそ味噌」がたまらなく美味い。ご飯に良く合って、何杯もおかわり。う〜む。これでお昼抜きはほぼ決まりだな。

午前10時。チェックアウトの時間が来た。山荘から駅までは 1.6kmの下り坂。途中、岩村城の城下町通りが。ここは風情があるところだから、クルマで送迎よりもゆっくり歩いて、楽しんでいってもらうほうがおススメですと。そうか・・そうすることにした。

歩いていくと、まずはウグイスやひばりや、いろいろな鳥のさえずりが聞こえる。岩村城下町に入ると、ツバメの巣がいろんなところにあって、独特なあの飛び方をしているので、すぐ気が着く。いい感じ。春だよな。

IMG_1865
IMG_1898
岩村城下町。その中の岩村酒造。「女城主」と言う日本酒を醸造している。利き酒もできるらしい。当方も立ち寄り、少々試飲させていただいたのが、発泡性本酒だった。スッキリとした辛口。ご愛敬か、甘酒アイスクリームも名物の一つらしいな。

IMG_1853IMG_1863
当方はこれを全然知らずに訪れていたが…ここはNHKの朝ドラ「半分、青い」のロケ地らしい。ロケ地に決定されたことで、町全体が盛り上がっていることが伝わる。いい感じだよな。

IMG_1901
岩村駅に到着。これはとても好きな写真。なんともひなびた、昭和の時代、田舎駅のムード。こういう形式のホーム、昔はあったよな。子供の頃の夏休み、田舎の里帰りを思い出す。懐かしい。いいな。

IMG_1904
IMG_1906
帰りの列車。 1日に1本だけある急行。なぜか「寒天列車」と。いわれは不明だが・・ 2両編成の後ろ一両はやはり、「半分、青い」のデザインだった。

IMG_1907
岩井から恵那、そして名古屋へと、逆コースを戻る。そこからはこの特急「しらさぎ」で米原まで。 そして一駅だけ乗って彦根へ。今日の宿へ向かう。

名古屋から滋賀にかけては、東海道新幹線で向かうのが通常コースんだろうが、当方は在来線を好む。車窓がこちらのほうが勝ると思うから。しかし、これはJR東海に物申したいのだが、鈍行電車の窓が汚れている車両が多く、残念だが鈍行では車窓は楽しめない。本当に残念だが・・でも、特急だけは、窓を綺麗にしてくれている。だから当方は、本数が多くなく便利とはいいがたいが、新幹線ではなく特急「しらさぎ」で米原に向かうことになる。

IMG_1912
新緑の伊吹山。東海道本線、米原から少し岐阜・関ケ原よりの車窓から見える。一度見たら忘れられない、独特な姿。いいな。

なぜ岐阜から滋賀に向かうのか。今回は名古屋からさほど遠くないところに小旅行、2泊はしたかった。でその後東京に戻るため、新幹線の駅に近いところに泊まりかった。一泊目は以前、地元銀行の勉強会で訪れた場所。風光明媚で感じが良い。いつかまた訪れたいなと思っていたら、ちょうどいい塩梅にいい感じの山荘が見つかったので、そちらに。そして2泊目はそこからそれほど遠くなく、山荘とは対照的に、少しリッチ目なリゾートホテルがいいなと思い、これから向かうホテルを組み合わせた。そんなところですね。

さてさて、彦根に到着。宿に向かうことにしよう。次回に続きます。

NASDAQが連日新高値

浜口です。

NASDAQが上に抜けてきた。静かに、連日、新高値ですね。このグラフは昨日の終値が入っていないが。

BAD57107-CDDD-436E-AF40-4EF18C74831C

政治リスクとか、色々と喧伝されているが。これが現実。
「相場は相場に聞け」と言う格言が頭をよぎる。

この状況では日本株も。弱気になる必要はないと現状、思いますけどね。どうなるか。

恵那・彦根へ旅に①明智鉄道に乗って、岩村山荘へ

浜口です。市場は6月12日にかけ何かと微妙だけど。まあ、地合いは悪くないと受け留めるべきかなぁ…と、週末ですね。

かつて講演会で訪れて。ここは素晴らしい。いつか再訪したいな・・・と感じることが、結構ある、今回の旅もそんなうちの1つ。岐阜は恵那に一泊、そして滋賀は彦根、話題のリゾートホテルに一泊。これがなかなか良かったな。写真を。

IMG_1803
名古屋から。まずは中央本線特急「ワイドビューしなの」に乗って、岐阜の恵那まで。GW初日だが、乗車率は70%ぐらいだった。

IMG_1804
中央西線恵那駅に到着。ここから明智鉄道で岩村まで、30分ぐらいの乗車。1両だけの気動車ローカル線だが、観光客が多くて満席。立っている人もいる。

う〜む。これでは車窓の写真を撮ることができない。困ったなぁ…と思っていたら、地元の高校生が「どうぞどうぞ」と、 1番後ろの鉄路が綺麗に見える場所を譲ってくれた。そうか。地元の人にとっては、車窓もう見飽きてるので、価値を感じないんだろな。当方には嬉しかったが。

IMG_1810
IMG_1829
いいな、鉄路・・・恵那を出発した明智鉄道は、どんどん山を登っていく。2駅過ぎた飯沼〜阿木の景色。綺麗だよな。空を遮ることがない、気動車の車窓の魅力を満喫。

IMG_1836
これは気に入ってる写真。阿木〜飯羽間。小さな川の鉄橋を渡る。その小さな川には、雪解け水が溢れかえってるんだろうか。凄い量の水流。ペパーミントグリーンの水が、どんどん流れてくる。壮観・・とってもきれい。木曽川に注ぐのだろうか。いいよな。

IMG_1875
今日の宿、岩村山荘。近くにある岩村城をイメージして作ったんだろうな。

IMG_1842
早めにチェックイン。部屋はそれなりだが…山荘のイメージかな。昼間なのに、既に布団が敷いてある和室。まあ落ち着くな。

IMG_1847 (1)
持ち込んだワインを少しいただいて、早速お風呂に。ラジウム鉱泉を温めた温泉。温まるな。湯さ当たりがいい。

IMG_1846
ロビーのあたり。いいムード。確かに山荘のイメージだな。

IMG_1883
今日の夕餉。戦国料理というメニュー。野菜、肉、イワナ、朴葉味噌などを、炭火で焼いて食べる。肉は飛騨牛と恵那三浦豚と岩村地元鶏。炭火が素材の美味さを最大に引き出してる。どの素材もがたまらなく美味い。期待を上回る。たまらんな。

隣から「これは高級バーベキューだね」との声が。回り、いろんなところから「美味い、美味い」との声が。お酒をおかわりしている人も多い。酒が進むんだなぁ。

IMG_1884
焼き物を一通り食べた後に、口直しの如く出て来たお造り。鯉の洗い。酢味噌でいただいてねと。なんとも旨し。小骨が結構あるけど、それも愛嬌とな。

IMG_1885
これがメインの位置付けなのかな。焼きあがりつある大きめのイワナ。香ばしく味が濃く、美味かったな。

宿の人が、素材の焼け具合がどうか、頻繁に様子を見に来てくれ、「そろそろ食べごろですよ」と教えてくれる。そのサービスがまた嬉しかった。

IMG_1886
最後は五平餅をいただく。やはり山の料理の締めくくりはこれか。味噌が甘辛香ばしくて、嬉しい惜しさ。
当方が「戦国料理、おいしいですね」と声をかけたら。宿の人曰く、もう30年間工夫しながら続けてますからねと。そうなんだ。
「季節が変わればメニューも変わる。魚も今日はイワナだけど、夏になればあゆが出てくる。これもおいしいので、違う季節にまた来てくださいね」と。そうだよなぁ。

IMG_1890
水槽。そうか。先ほどいただいたイワナは、ここで泳いでいたんだな。イワナは清流の魚だよな。水槽に何匹もいるのを見るはこれが初めて。

さて
今日はこの辺まで。次回に続きます。