日本株に対し強気の見通しが台頭というが・・・

浜口です。これは現在放映されている日経モーニングプラスの画面です。

IMG_3177
IMG_3178
まぁ見ての通りですね。日本株に対し強気の見通しが台頭と。画面の内容、違和感はないが・・上昇中の相場、今、何合目なんだろうか。

当方は現状、大統領就任後100日はハネムーン期間?のシナリオで良いと思ってはいるが・・・まあ、手探りで進んでいくことにします。

現在の株価水準でも日銀が買ってる

浜口です。

昨日の日経平均は下落しましたが…現在の株価水準でも日銀はETFを買ってるんですね。ちょっと驚いたな。 まあ、株式の需給面ではプラスと言う評価でいいんでしょうが…

IMG_3139

立山・下呂経由で大阪へ②ホテル「グリーンビュー立山」

浜口です。来週も相場が楽しみ。短期的な過熱感解消の週になるかもしれないが、まあ、それをうまくやり過ごすのか、チャンスにするのか。今回はホテルの話を。

立山・下呂経由で大阪へ①大糸線経由で富山への続き。

今日の宿は、ホテル「グリーンビュー立山」。富山から1時間ほど、立山黒部アルペンルートの入り口である立山まで、富山地方鉄道で登ってきた所にあるんですが、最高でしたね。写真を。

FullSizeRendera
富山地方鉄道、立山駅近くから常願寺川越し、左に見えるのが、ホテル「グリーンビュー立山」の建物。3F建て。HPには、「立山黒部アルペンルートの玄関口「立山駅」から徒歩3分の『公共の宿』です。」と書かれている。公共の宿というと、「かんぽの宿」がイメージされるが、そんなムードとは、かけ離れている。とても素敵なムードのホテル。上高地帝国ホテルとまでは言えないにしても、山岳リゾートホテルの趣きを感じさせる。楽しみだな・・・

IMG_9814 (2)
ホテルのレセプションのあたり。コーヒーショップもある。良いムード。やはり公共施設のムードは、みじんもなし。

FullSizeRender (14)
ホテルの部屋。とてもきれい。窓からは、常願寺川が綺麗に見える。

titletateyama
食事の前に、温泉に。天然温泉「千寿の湯」。撮影は叶わなかったので、写真はHPのもをお借りしてます。HPによれば、泉質はナトリウム炭酸水素塩泉。無色透明のなめらかな湯触りで「美人の湯」と言われています。(PH値 9.52)

最高!バツグンの泉質だった。源泉掛け流しではないが、なんというか少しぬるっとした、肌にまとわりつくような感じ。なんとも気持ちが良く、温泉により、体全身がリンスされているような、そんな感触を得ました。これはおススメ。期待をはるかに、上回ったな。

10687000_711636175583151_4706948396458050176_n
夕食。素晴らしかったな。まずは、富山の「きときと魚」のお造りと、あわびのバター焼き。文句なしに旨し。

食材は、すべて、地のものと。アワビは富山の滑川産。マグロは、富山湾沖の生のクロマグロ。富山湾でもマグロ、採れるんだ?ちょっと驚き。地元の魚に詳しい人から、以下の説明を受けました。

日本海のクロマグロは、鳥取の境港近くで産卵し孵化、そのまま日本海を北上する。ここで捕獲されないと、多くはさらに北上し、一部は津軽海峡の大間あたりで一本釣りされる。それはものすごい高値になる。まあ東京、築地のマグロの95パーセント以上は、遠洋漁業の冷凍物ですけどね。…なるほどな…

これ以外にも、松茸の吸い物とか、様々に。とにかく充実の晩餐でしたね、

食事の後にもう一度温泉に浸かり、富山で買ってきた赤ワインを部屋飲み。さてさて明日は、立山黒部アルペンルート、行けるところまで行こう。そんなことを考えてる途中に、いつの間にか、眠りに落ちてました。

さあ明日はどうなるか・・・次回に続きます。

情報・・・実際のところ我々が知っているのは、ほんの一部だけなんだろな

浜口です。今更ですが、トランプ大統領が決まったことに関連して感じたこと。

ニューズウィークによれば、さるインドの会社は、「トランプ大統領間違いなし」と予測していたと。TwitterやFacebookなどから2,000万件のデータを引き出し解析すると、おのずとそういう結果になったと。

この事例に限らず、人工知能の多くは、トランプ大統領を予測知っていたと言われます。実際Googleで、「AI トランプ大統領」と検索すると、非常に多くのコンピュータがトランプ大統領になることを確信していたことがわかります。

われわれは新聞を丹念に読んでいたり、テレビでニュースをよく見ていたりして、いろんなことをわかっているような気になってる。しかし実際のところは、理解しているのは、ほんの少しのことなんだろな。

これを相場に当てはめますと、やはり情報に基づいた運用方法は限界がある。ただし相場参加者が今、何を考えているのかを理解するのは、有効なことなんだろうなと。それが相場のトレンドを作り、そのトレンドに早く乗った人たちが利益を得て、遅く乗った人たちが高値づかみになる。そんな図式だからです。

とりとめがなくなりました、この辺で。当方は現在のトレンドに乗り続け、来年4月ぐらいまでは、日本株の買いポジションは持ち続けるつもり。現状ではね。まあ。君子、豹変しますが…

2020年までのカレンダー

今日の日経ヴェリタスは見所満載ですね。

写真は同紙の中にある、2020年までのカレンダー。備忘録として、ここにアップさしていただきます。自分なりに重要と思われるところにマーカーを引いていますが、さてさてどんな未来が待っているのか。今のところは楽しみだけどな。どうなるかなあ。

IMG_3032

海外勢が買い越しに転じると、1年半は続く?

浜口です。

これは今日配達されたばかりの日経ヴェリタスの一面にある記事。写真にある通り。書いてあること、イメージ通りというか違和感はないが、経験則として、こういう整理ができるんだな。

IMG_3028

う~む。今回もこの経験則、再現されるのか。それはわからないが、そうあって欲しいなぁ。

まぁ相場では、期待が禁物である事は、よく理解しているが・・・それを十分踏まえた上で、やはり期待したいな。

日米のリスク資産、今年は2月11日前後が底だったんだろな

浜口です。

今年1年を総括するにはまだ早いんでしょうが、結果的に今年は、日米のリスク資産の多くは、2月11日もしくは12日にボトムを付け、反転している点で共通しているように思われます。

インデックスで見れば、2月11日がボトムだったのはNYダウ、米国リート、米国HY社債、12日がボトムだったのは日経平均。水準は14,952円。但し日経平均はBrexit懸念から、6月24日にも2月12日と同じ14,952円をつけており、その後上昇に転じて、現在に至る。

この背景として最も影響したのは、原油相場でしょう。WTIは2月11日にかけ暴落、1バレル26.21をつけた。このことが世界のリスク資産の大幅下落をもたらした。が、その後原油価格は反転上昇、現在は、45バレル前後に戻り、つれて日米のリスク資産市場も連動し、回復基調へ。

今年はこれまで、原油価格に振り回された一年と言えるんでしょうね。そして、ここにきてのトランプラリー。市場、世界はどう変わるのかな。楽しみではあるが…

立山・下呂経由で大阪へ①大糸線経由、まずは富山へ

浜口です。相場、来週も楽しみですね。久々、テツの話を。

当方、休暇が終わり、赴任先の大阪に戻ることに。しかし、これは半年前に戻るときも同じ想いを持ったが、平凡なルートでは帰りたくない。
富山経由で大阪へ①大糸線で雪国へでも書いていますとおり、半年前は大雪の中、大糸線経由で帰った。このルート、半年後の秋はどうなっているか、定点観測したくなった。
ということで今回も同様の帰り方をしながらも、一捻り加えてみた。これがなかなかよかったな。まずは写真を。

IMG_9740
IMG_9773
南小谷行きのあずさ2号に乗り込み、終点まで。中央本線、そして大糸線。あずさのグリーン車、やっぱり快適だな。

IMG_9748
大糸線の、信濃大町近く。このあたりは、進行方向左側に、晴れていれば北アルプス、3,000メートルクラスの山々が見えるのだが・・・・この日は、山の頂上あたりが雲で隠れていて見えなかった。残念。でも車窓からの景色はきれいだった。田圃、稲刈りをした後だな。秋が感じられたな。

IMG_9759
しばらくすると、木崎湖が。大糸線、稲尾駅の近くの車窓から見えてくる、森の中の湖。深い緑の湖・・・きれいだよな。

FullSizeRender (20)
南小谷近くの景色。見えてくる山は低くなるが、位置的にはかなり北の高地。そのせいか、稲はまだ、刈り取り前だった。

FullSizeRender (19)
この時期の大糸線は、このような赤いリンゴがなってる樹が見えるところがある。きれいだったな。
とにかく大糸線に乗るのであれば、進行方向は左側、座席番号で言えば、Dに限る。見どころは左に集中しているし、午前中の移動であれば、西向きは順光になるので、車窓の景色が映える。この光線の向き、テツで車窓を楽しむうえでとても大事なことなので、是非覚えておいて下さい。どんなにキレイな車窓景色でも、逆光下では美しさ半減ですので…

Byih07HCcAE8KhF
南小谷に到着。ここから糸魚川までの大糸線は、とてもローカル色が強くなる。たった1両の気動車だが、今日は満席。旅行客が多かった。立山黒部アルペンルートがらみの旅行客なのかな。中には結構、重装備な方もいた。団塊の世代で、「北アルプスを目指そう!」という方、結構いるのかもな。学生の頃、山岳部だった方とか。そんなイメージを持ったな。

FullSizeRender (18)
姫川。大雨が降ると暴れ川となり、大糸線を水没させ、長期間不通にさせてしまった。そんな歴史もある川だが・・・この日の姫川は、本当にきれいだった。日差しのせいかな。とにかく、明るてきれい、清々しさにびっくり。まぶしいくらいだったな。前回、真冬、雪の中で見た姫川と、まるで印象が違う。驚いた。

FullSizeRender (16)
糸魚川に到着。北陸本線に乗り換え、富山へ。冨山市電。ノスタルジックな味わいがあるな…。

FullSizeRender (17)
遅めの昼食を。ベニズワイガニと白エビのお造りで、ごキュっと。両方とも富山湾産。こりゃ、たまらない。ベニズワイガニは、解禁になったばかり。今日は、山の宿でに泊まるので、富山駅近くで、お昼に食べておきたかった。想いが叶い、嬉しい。この食事をfacebookで紹介したら、ある女性が、「これは富山湾の宝石ですね」と。素晴らしい表現してくれた。その通りだよな。

東京から富山までなら、北陸新幹線なら2時間で到着する。しかしながら当方のマニアックなテツのルート。中央本線⇨大糸線⇨北陸本線⇨富山地方鉄道。このルートできたら、富山の立山まで何と、9時間もかかる。

さすがに体がガタガタだが・・・まだ宿についていない。これからもう少し、電車に乗らないと・・・・次回に続きます。

バルチック海運指数が急騰してる。

浜口です。バルチック海運指数が急騰してますね。

IMG_2899

ちなみに、ここ元の安値は今年の2月12日の291だから、昨日11月17日1,231は、安値から4倍になったことを意味する。

トランプ氏、経済成長「年4%可能」 減税・規制緩和でとの報道もあるし。このバルチック海運指数は、アメリカを中心とした世界景気の回復を先行して織り込んでいるんだろうか。まあ「年4%可能」は、マユツバではあるが・・

そしてこの状況は・・・日本郵船・商船三井・川崎汽船がコンテナ部門を・・・でも書いてますが、リストラの渦中にある海運株にどのような影響をもたらすのか?まあ、ネガティブでは、ないですよね。

なんだか…楽しみなことが多くなってきたなぁ。

大統領就任後100日はハネムーン期間?

浜口です。

今、日経提供の番組で、ソニーフィナンシャルホールディングスの金融市場調査部長 チーフアナリスト尾河さんがコメントしている。彼女によると、アメリカでは大統領就任後100日はハネムーン期間と呼ばれ、メディアは新政権への批判を控える。お手並み拝見の期間になるとのこと。この期間は波乱は起きづらく、市場はリスクオンで推移するのではないかと。当方もこの意見、違和感ありませんね。

新大統領のハネムーン期間か。なんだか久々に聞く言葉だなぁ。

大統領の就任演説は来年の1月20日。その後100日
というと、 5月ごろと言うことになる。年前半高のアノマリーと概ね重なるが、そう理解して良いのだろうか?

まぁいずれにせよ、楽しみな話ではありますね。どうなるか。