令和に入ってから、日銀のETFの買いっぷりがイマイチ?

浜口です。

今日の東証一部は、東証大引け 8日ぶり反発 令和初の上昇というが、その間の日銀のETFの買い入れ状況を。日本銀行 指数連動型上場投資信託受益権(ETF)および不動産投資法人投資口(J-REIT)の買入結果から。

IMG_7643

「(1) 右記以外」というのが日銀のETFの主たる買い入れ額。買うときは一日に707億円買っていることがわかるが、ここにきて、買いっぷりがイマイチ良くないようにも思える。

平成の買い入れ流儀であれば、令和に入ってからの8日は、前場のTOPIXが0.4%前後のマイナスであればほぼ毎日買っていていいはず。また本日5月15日は前場はかなり安かったのに、買っていない。本日分のエクセルのインプットがまだされてない?そんなことはないと思うが・・・

本件に関する日銀のアクション、何か変化があったのか・・杞憂であればいいのだが…

5月13日・・・

浜口です。。

当面の注目日は、5月20日か。と書きましたが。考えてみれば、その前にも注目すべき日があった。5月13日月曜日、要は明日か。3月の景気動向指数が発表され、基調判断が「悪化」に下がる可能性が高いと言われている。米中貿易摩擦のネガティブインパクトからか、景気動向指数を構成する鉱工業生産指数等々の指標が悪化したため。

この考え方が正しいことを前提にすれば。これがマーケットにどう影響するか。オーソドックスに考えれば。まぁ良い話ではありませんよね。

但しポジティブに考えれば、先週の米中貿易摩擦に中国輸出関税上げ騒動が一巡、米国株、CME日本株先物とも上昇しており、目先悪材料出尽くし、悪影響は限定的。目先的には、この可能性が一番高いのか。

また一方で、当面の注目日は、5月20日か。との組み合わせで、消費税上げ延期の話への展開のスタートになるかもしれない。

目が離せませんね。リスクをとる価値があるか否か・・・

中小型株のパフォーマンスが相対優位になるとき。

浜口です。これは備忘録入りだろうな。

JPモルガンの季刊中小型株ストラテジー4月号において。「中小型株への逆風は緩和。今後は相対優位が発揮される形に」とのレポートが出されていますね。

たしかに・・・4月以降の日本株は、主力株が概して値を崩しているものの、マザーズ銘柄に代表される中小型株の一部は、堅調さを維持してますしね。

IMG_7593

今後は中小型株が相対優位になりそうと。そう考えるポイントは以下の2点ということのようです。

①世界的に景気が減速する局面では、大型株の方が中小型株よりも業績予想リビジョンが悪化しやすい。この点で現下のマクロ経済環境は中小型株に相対優位と考えられる。
②FRBのハト派転換に代表されるように、主要中央銀行のバランスシートが拡大する局面では、中小型株のパフォーマンスが改善しやすくなる。

株式市場全体は、もろく崩れやすい状態かもしれない。リスクオフの展開にまでなると、中小型株はひとたまりもない状況になる。一方で市場がそこそこ安定を維持するなら。当面は中小型株に分があるんだろうなと考えるが。

どうなるか。現在の相場、十分なキャッシュポジションを持って、対峙したいですね。

国内上場企業の今年度の営業利益見通し

浜口です。

ニュースモーニングサテライトで、 JPモルガン証券の阪上さんがコメントされてますね。国内上場企業の今年度の営業利益見通しについて。

32E8B39C-F4C4-447D-A3D3-77493A4924F5

アナリストの見通しに対し、企業見通しは慎重と。阪上さんは、アナリスト見通しがいずれ企業の見通しにさや寄せする可能性があるとコメントされていたが。

そうなのかな。ここ2~3年を考えると、その逆の展開だった。恥をかきたくない企業側が慎重な見通しをまずは出し、時間の経過とともに上方修正。結局はアナリスト見通しに近くで着地。こんな連続だったと考えるが・・・

まあいずれにしろ、現状はこう。まずは押さえておくことにしましょう。

波高き相場…

浜口です。

GW明け、筆者は日本株はいい感じでスタートすると思っていたんだが。大外れ、波高き相場。よくもあしくも突然のトランプ発言が全てですね。
ただいまの、本日23時前のマーケットを見てみましょう。

8AD84750-9BB3-4B18-93EF-5A765929D441
iPhoneアプリ、「世界の株価」から。現状、CME先物を見ると。今宵、米国株式も一波乱あるかもしれない。まぁ明日の朝を迎えてみないと分かりませんが。昨日がそうであったようにね。

一点、注目すべきは。日本株において。今日のマザーズ指数が意外にも堅調だったこと。東証1部を尻目に、パフォーマンスが良い銘柄が結構あった。この流れが継続するのかわからないが・・勢いがあることは事実なので、乗っかるなら早めに。ダメなら即刻損切という覚悟が必要でしょうね。この市場に関しては。

でもまぁ、明日以降はどうなるか。上下どっちに行っても事後的に説明がつく。正直、わからない。リスク・オンのシナリオでなくなるとすると、マザーズ銘柄も急落するのかもしれない。過去の経験則からは。

う~む。わからない。短期的な予測は、常にあてにならない。「相場が相場に聞け」の格言通り。マーケットに聞くことにしましょう。迷ったら基本、キャッシュは高めにしたほうがいいし、そんな時期に近づいたのかもしれない。現状はね。

う~む。今回は以前にもまして、とりとめなくなりました、この辺で。

旅行で九州4県を巡る⓻湯の郷・くれよんの朝。海岸線をドライブし三角・熊本へ

浜口です。いよいよGW十連休も最後ですね。旅の話を。

旅行で九州4県を巡る⑥素晴らしいな。天草下田温泉・天草の湯の郷くれよんの続きを。

IMG_6939
「くれよん」で朝を迎える。目が覚めると、部屋の中に五右衛門式部屋風呂があることに気が付く。
東京での日常では。筆者は朝5時45分からBS東京のニュース・モーニングサテライト(以下、NMSと略す)を見ながらNY株式市場を確認、出勤の用意をする。しかし今日は、旅で天草に来ている。

NMSはさわりだけ見て、朝風呂に浸かる。テレビは大音量に。部屋の風呂扉は開けっ放し、風呂に居てもNMSが聞こえるようにして。これだけでとにかく、他の何物にも変えられない、非日常的な感覚が得られた。大好きな相場のテレビ音声解説を、やはり大好きな温泉に浸かりながら聞き、インプットする。この合わせ技のなんと愉しかったことか。
さてさて、朝食まであと一時間くらいある。その間にノートPCで、今回の旅ブログを書き上げてしまおう。朝は能率が上がるな・・

部屋に温泉がついている宿は、結構ある。多くはカップル御用達、まったりとした時間を過ごすニーズを連想するが、いやいやどうして。部屋温泉は一人旅でも、別な意味での醍醐味、朝から極まれり状態になるな。ささやかだが、そんな感覚が得られた。なんとも幸せな気持ちにさせてもらえた。これは想定外の嬉しさだったな。

IMG_6961
宿の朝餉。お約束の伊勢エビのお味噌汁。なんとも…エビ味噌由来かな。甘みと旨みが濃厚。たまらない。「お代わりもありますよ!」との声が嬉しい。さらに2杯いただく。至福…あと、上に鎮座している焼き魚が目につく。これは?と尋ねたら、アマダイの照り焼きですよと。え?アマダイは塩焼きが一般的と思うが、照り焼きでも食べるんだ。初めて。なんとも、香ばしくもしっとりとして、美味し。う〜む。この宿の食事、驚きの連続だな。

IMG_6952
レンタカーで借りた軽自動車、スズキ・アルト。予想以上にキビキビ走る。100㎞以上走ったが、最後に給油したガソリンの量は5L以下だった。燃費がいいな・・・

IMG_7012
去りがたいが・・・チェックアウトの時間を迎える。まずは三角に戻ろう。帰りは最短距離の道ではなく、海沿いを走ることに。国道324号の天草の海岸線を堪能したいと考え、宿を後にする。

IMG_6966IMG_6969
国道324号沿いの岩場。曇天なのが残念だが・・・海の透明度が高い。きれいだよな。

IMG_6979
もう少し進むと。カモメが何匹も佇む岩場が。いいな。

IMG_6992
さらに進み、天草の上島に。ベージュの砂場。きれいだよな。

IMG_7002
三角に到着。レンタカーを返し、JR三角駅へ。そこから天草三角線で熊本に戻り、羽田空港へ。午前中、天草の天気は今一つだったが、午後、天草三角線で戻るときの天気は晴れ。車窓からの海の様子も一変、明るいムードに。この時間帯の島原湾は、潮が引いているんだな。

さて
天草下田温泉・天草の湯の郷「くれよん」を振り返ろう。「おもてなし」「ホスピタリティ」「バツグンに美味い魚介」「部屋の中に五右衛門式部屋風呂のありがたさ」キーワードで言えば、そんなあたり。筆者がこれまで訪れた宿の中でも、最高に素晴らしい部類。もしかして最高かもな。ずばりおススメです。

一泊2万円弱の宿泊プランは割安だと思う。なぜか。一泊二食付き。あと、どう見ても食べきれない量の魚介はてんぷらにして持たせてくれた結果、翌日は結局、夜も含めそれを美味しくいただき、昼食代も夕食代はかからない。結局この2万円弱で、二日分の食費がすべて賄えた。旅の想いも蘇った。そんな付加価値を考えると、この価格はとても安い。実に主観的だが、筆者はそう考えた。
そうはいっても、東京から天草までは実に遠い。でもそこをなんとか。例えばJALのマイルを貯めまくり熊本まで。なんなら「どこかにマイル」に賭け、当たれば6,000マイルで熊本へ。そこからレンタカー(軽自動車で十分)で天草を訪れる。そんな方法がありますよね。

長くなりました。この辺で。次回の旅では、雲仙・天草と訪れたいな。

PS
この宿が素晴らしい旨、私も楽天HPに投稿させていただいたら。こんな返事を頂きました。やはりここは、なにからなにまで「おもてなし」の宿だな。

この度は遠い所、羽田空港~天草までの旅
足を運んで頂き、ありがとうございます!
ブログも拝見させていただきました。
沢山のお褒めの言葉ありがとうございます。
私達の日々の励みになります。
本当にありがとうございます。
天草ならではのお料理、くれよんでのおもてなしを
を気に入って頂き、またいつか天草に来られた際には遠い所ではございますが、くれよんにお泊りしていただき、ゆっくりしていただければ幸いです。
ブログでも綺麗な写真も撮っていただき、ありがとうございます。このようなコメントとても嬉しいです。、日々私達も精進して参ります。
どうぞ、毎日のお仕事身体に気をつけて頑張ってくださいね。
この度は遠い所から羽田空港~天草の旅
お疲れ様でございました。
またお会い出来ますように。
ありがとうございました。感謝。

当面の注目日は、5月20日か。

浜口です。そろそろGWが終わるな。日本株の市場が戻ってくる。待ち遠しいな。

日本株、まずは好調なスタートを切れるのか。そして現状、当面の注目日は、5月20日か。8時50分に国内、1〜3月のGDP成長率が発表される。これはマイナス成長になっている可能性が高い。それを受けて消費税に関する安倍首相の考え方が、変化するのかしないのか。

確かGW前は、そんなことを考えていたと思う。多くの投資家が。筆者も含め。でも5月20日は、かなり先のことだからと考えていたが…結構近くなってきましたね。

日本株にとって、年前半最大の山場になるのかもしれない。どうなるか…

CMEの日経平均先物が22,475円!

浜口です。

GW十連休中の日本、その間のNY株式が堅調ですね。

米国株、反発 雇用統計を好感 ナスダック過去最高値とのこと。ちなみにCMEの日経平均先物は22,475円!

GW前、4月26日の日経平均先物終値は22,250 円だから、そこそこ上昇してる。日経平均先物、上に抜けてきた感もある。

GW十連休前には、米国の雇用統計等含め不透明要因が多々ある故、株式の買いポジションを手じまいした向きも少なくなかったと思う。いまのところそのあたりは概ね問題なく推移しているから、このままでいけばGW明けの日本株は、いい感じでスタートできるのかな。

GW明けまで。あとはまあ、5月6日月曜のNY株式があるが・・・どうなるか。

旅行で九州4県を巡る⑥素晴らしいな。天草下田温泉・湯の郷くれよん

浜口です。GW中ですね。旅行で九州4県を巡る⑤大分から天草へ。久大本線・ゆふいんの森・天草三角線の続きを。

今日の宿は、天草下田温泉、湯の郷くれよん。この宿は楽天・じゃらんなどの宿泊者評価がとんでもなく高い。ほぼ全員が満点をつけてる。どんな宿なのかな。興味津々だった。

この宿、楽天HPで曰く。「心を込めた『お・も・て・な・し』でお客様をお迎えしております。日常の生活では味わえない“癒し”をご体験ください」と。私はこの宿に泊り、このメッセージが具体的にどういうことなのか、よ~くわかりましたよ。かつて経験したことのない、本当に素晴らしい宿だったな。

IMG_6921
三角から車で一時間半。今日の宿、湯の郷くれよんに到着。ここは宿のロビーとレストランがある棟。部屋と温泉は別棟なんだな。いいムード。期待が高まる。

IMG_6920IMG_6939
宿の部屋。HPには「全室離れ♪和室6畳+洋室6畳部屋風呂あり。大浴場とは別に、お部屋に五右衛門式(温泉)をご用意しております」とある。こんな客室が6部屋だけある宿。この写真で雰囲気が伝われば嬉しいが・・・ちなみにこの日は、当方と女性二人組のみの滞在だった。平日の火曜日だったからだろうな。やはり期待が高まる。

IMG_6923IMG_6925
到着して夕食まで30分しかない。急ぎ、別棟の温泉に。露天風呂と内風呂。この2つと部屋風呂含め、すべて源泉かけ流し。泉質は抜群。単純泉なんだろうが、あたりがとてもまろやか。天草下田温泉は歴史が古く、湯治に来ていた人もかなりいたらしいな。

さて夕食、お食事処『瑠璃』にて、天草の新鮮な海の幸をふんだんに使った、海鮮料理中心の創作会席との由。HPには「天草といえば新鮮なお魚。東シナ海、天草の海でとれた身の引き締まった新鮮なお魚をお客様にお出しする直前にこしらえた“お造り”をはじめ、約1時間半から2時間かけ、料理長と女将が腕によりをかけて作ったいろいろな旬のおいしいお料理をできるだけ温かい状態でお出しするよう心掛けております。ウニやアワビもおいしい♪ですよ(^^)」と。さらに期待が高まる。どうか。主なメニューを。

IMG_6930
まずはお造り。延べ15種類の魚介!伊勢エビとアワビがを中心に盛り付けされているが、隠れて見えないが、実はこのお皿の裏にも、何種類か白身魚のお造りが乗っている。でお造りに飽きたら、脇に火にかけた出汁の鍋があるので、それを火にかけ、しゃぶしゃぶにしていただいてねと。

う~む。これはどうみても3人前以上の量があるなあ・・・と思っていたら、次の料理をお持ちいただいた際に、大将曰く。「これ・・・食べ切れないでしょう?(笑)残った分は明日、かき揚げにして。おにぎりと一緒に持たせて差しあげますので。どうか、食べられる分だけ召し上がり、あとは残してくださいね」と。そうなんだ・・・。加えて大将曰く。「伊勢エビの頭は明日、朝食の味噌汁にして出させていただくので、どうかそのままにしておいてください」と。なるほどな・・・

IMG_6933
伊勢エビを至近距離で…すごいな。惜しむらくはピントが…

IMG_6935
さらには、伊勢エビのテルミドール。地元でとれるからと。凄いな…文句なしに美味し。

IMG_6936
フォアグラのステーキ。魚介ばかりだと、飽きてしまうでしょうからと。それはそうなんだが…やはり美味し。

IMG_6937
どうなってるんだ…これは海鮮丼。地元でとれる夏ミカンの上に盛ってみたと。イクラとウニとトビウオの卵・・・グレープフルーツのスプーンも添えてますんで、夏ミカンもお気に召したらいただいてねと・・・すべて、いただきました。う~む。満腹ばい・・

この後でデザートも出していただいたが、「さすがに満腹、これ以上は食べられません」とお伝えしたら。驚いた。「お客様は今日、赤ワインを持ち込まれてるでしょう?このデザート、あとでお部屋にお持ちしますので。ワインと一緒にいただくといいと思います。いかがですか?」と。なるほどな・・

IMG_6944
部屋にデザートを持ってきてくれた図。デコポンも加えてくれたと。素直に嬉しい。
なるほどな・・看板に偽りなし。とにかくおもてなしの極み。とんでもなく素晴らしい宿に泊まってしまったな。明日の朝食も楽しみ。今日はゆっくり眠れそうだ。そんなこと考えながらワイン飲んだり、デザート食べたり、部屋風呂に入ったり。実にまったり。いつしか寝落ち。次回に続きます。

令和の時代の国内企業は・・・

浜口です。

年号、令和になりましたね。少々、それらしいご挨拶を。

戦後日本はこれまで、発明はアメリカだが、日本はその技術を改善・真似・応用し付加価値をつける。そんな形で発展してきたのだと思う。代表的な例は「カイゼン」が売りのトヨタ、「マネシタ電器」と言われながらも大きく成長した松下電器産業、現在のパナソニック。そんなところだと思うんです。これは昭和の時代はそう、平成の前半もそうかな。製造業中心。

さて平成の後半にかけ、世の中ではITが加速。この分野の発明も圧倒的にアメリカが強い。で、ここにきて日本でも、このアメリカの偉大な発明を改善・真似・応用し、付加価値をつける新しいタイプの企業が徐々に出てきた。業種的にはサービス・通信を中心に、幅広い。

一例だが、IT、AIを用いて非常に精度が高い翻訳システムを作っている会社、またスマホの普及に便乗し、海外旅行の際使用するWi-Fiルータを貸し出す企業。あるいはAIに近い手法で事務を省力化、コンピュータ上で簿記の仕分けを自動的に行うシステムを作っている企業など。

これら企業は広い意味で、「発明はアメリカ、それを応用するのは日本」のポジションを謳歌し、成長を続けるんだと思う。

令和の時代もこれまでと同様、日本は「改善と真似と応用」で生き残るのではないか。これまでの日本企業の立ち位置はそうだったし、これは今後も変わらないんだろなと思いますね。それでいいのだと思う。国内企業はこんな日本企業らしい「持ち味」を大事にして成長できればいい。

で、そういう時流に乗った銘柄への個別投資も、筆者は最近は行いつつあります。平成から令和を迎えるタイミングとも重なりますね。これからが楽しみだな。一方で低位バリュー株という考え方は、なくなりつつあるな・・・

このブログは、銘柄で言えば富士フィルム。そんな感じで進めていきたい。令和の時代も。

う~む。とりとめがなくなりました。この辺で。