高松に日帰り出張・・・ゆず胡椒うどんと琴平電鉄

浜口です。

大阪から、香川県は高松に日帰り出張してきました。天気も良くて、気持ちよかったな。写真を。

19781_825389774207790_295983189963516457_n
瀬戸内海。この日は久々に天気がよかった。綺麗だよな。瀬戸大橋線からの眺めは、天気によって劇的に変わりますね。

11136621_825400570873377_8290786325861380894_n
高松に到着。高松港の近くを散策し、周辺施設のサンポート高松から望む瀬戸内海。やはり、きれいだよな。

IMG_4673
高松のアーケード街、兵庫町を歩いていたら、讃岐うどん店「ゆず胡椒うどん」ののぼりが。本格、女将手作りのゆず胡椒入りと。そうか。ゆず胡椒は、ゆずの季節にまとめて作るものなのかな。これはそそられるな。急に小腹が空いてきた。

11207336_825413397538761_3707669388145434789_n
ということで、当方、吸い込まれるようにこの讃岐うどんのお店に。で、うどんをズルズルいただく。輪切りニンジンの上に載っているのが、女将手作りという、自家製の柚子胡椒。作りたてのせいだろうか、確かに鮮烈な味。風味も強く、実に旨し。ちくわと鷄天によく合う。これで370円だった。

IMG_4677
IMG_4679
琴平電鉄の始発、高松築港駅へ。ここから仏生山というところへ、地元地銀でのセミナーに赴く。見ての通り、乗客は少ない。朝夕なら、通学の学生でにぎわうんだろうが…

さて
岡山や高松へ出張は、東京からだとかなり大掛かりなものになるが、大阪からだとそうでもない。それぞれ、東京から熱海、東京から伊東に行くぐらいのイメージかな。

高松からの帰りは往路の逆、瀬戸大橋線で岡山へ。岡山発19時20分の新幹線。新大阪着は20時ぐらいだが、東京着は23時少し前になる。
新大阪に着いたときに、乗客はかなり入れ替わる。新大阪で降りる人は「さぁ着いた!」という感じ。まだ乗って行く人をおそらくは東京を目指す人が多いのだろうが、「まだ先が長いなぁ・・・」というムード。

まぁそういうもんだろうな。20時から大阪でちょこっと飲んで帰るのと、23時に東京について、何とかその日のうちに関東の自宅に帰るのとでは、気分は相当違うからな。まあ、東京から行った方が、新鮮味があるのは間違いないだろうが・・・新鮮味と疲労は反比例するよな。

当方は大阪在住のメリットを活かし、今日もこれから、別宅近くののさるワインバーに立ち寄ろうかな・・・と、帰りの新幹線の中で、ふと、そんな想いが頭をよぎりました。人生、悪くないな。

東証一部は膠着状態…

浜口です。

ここのところの東証一部市場は、個別銘柄は発表された決算次第の動きにはなっているが、全体としてはこう着状態が続いている。まあ一応、下値切り上げの動きではあるんだろうが・・・

本来は日経平均の月足と「三大バズーカ」の内容、特に「三大バズーカ」が近づいてきたこのタイミングでは、期待感がもう少し盛り上がっても良いとも思うんだが、あんまりパっとした動きにはなっていない。マザーズ市場が下がっているが、この状況で東証1部への資金シフト的が起こっても不思議ではないと思うんだが、そういうわけでもない。

おっと・・・今、気が付いたが、ふりーパパさんが、小型株について、鉄火場相場・・・とコメントされている。そうなんだ・・・そんなにひどいと。気がつかなったな。小型株、当方の専門分野ではないんで。まあ、東証一部、膠着状態なだけマシということなのかな。

取り留めがなくなりました。この辺で。

日本郵船・・・会社予想とコンセンサスとの差が最も大きい銘柄

浜口です。

今日の日経ヴェリタスに、2017年3月期の会社予想と、それに対する市場コンセンサスとの差が大きな銘柄のベスト15位が載っていましたね。

具体的には、3社以上のアナリスト予想平均(QUICKコンセンサス)の営業利益が、会社予想を上回っている度合いの高い銘柄のランキングなんですが、驚いたことになんと、日本郵船がナンバーワンでしたね。

image

日本郵船は、これまでにもこのHPで紹介したことがある。当方には馴染みがある銘柄。当方はこの銘柄を一時、かなりの株数保有していたが、海運市況が冴えないこと、中国リスクが高まったことから、売却しております(売却した件については、保有している景気敏感株を売却しましたと、当ブログで控えめに紹介させていただいています)。

この銘柄がここにきて、担当アナリストがびっくりするほどの、非常に保守的な業績見通しを出してきている。この銘柄、ここに投資チャンスがあるかもしれない。これ以上減額修正したくない企業側に対し、啞然とするほど弱気な業績見通しに驚いているアナリスト。アナリストの見立て通りになれば、株価は回復が期待できるんだろうが、どうなるか。

常識的には、2017年も海運市況の回復は期待できそうもない。故にすぐに上がる銘柄とは思われない。まあ典型的な、「市場から見放された銘柄」といえるでしょうね。なんらかのカタリストが発生し、株価が上昇に転じてきたら、再度投資してもいいかなと、思ってます。まあ、すぐには上がらないでしょうが・・・どうなるか。注視していくことにします。

日経平均の月足と「三大バズーカ」

image浜口です。

日経平均の月足を見ると、2月以降は1万6,000円割れがあっても一時的、この水準では下げ止まり、反発している、そんな状況が見て取れます。これを見ると、1万6,000円あたりは買いで報われるように、見えなくもないですよね。

足元では、強弱材料が交錯してます。円高、マイナス金利の評判の悪さ、アップルの不振とそれに伴う電子部品株への悪影響、セル・イン・メイ、etc。

一方で5月28日の伊勢志摩サミットへ向け、財政政策や追加金融緩和、消費税増税の先送り検討などが、日経の紙面を賑わせ出している。この3つを、「三大バズーカ」というんですかね。

でもまあ、これら上記した事はみんなが知っていることなので、相場にはそこそこ、織り込まれているんだろうな。その結果、現在の日経平均があるのかな。

今後どうなるのか。全体観としては、日本の政策対応、三大バズーカを外人投資家が素直に評価して、日本株を買ってくれるかがポイントなのかなぁ。その辺はよくわからないが…まあ、個別銘柄次第の展開なんでしょうね。銘柄をうまく選別できれば、結構取れる相場なのかもしれない。当方はそんな気もしてるんですけどね。まぁボチボチやっていきます。

とりとめがなくなりました。この辺で。

清水建設が決算発表。一安心。業績見通し、控えめ過ぎではなかった。

浜口です。

スーパーゼネコンの先陣を切って(?)、今日午後1時ごろ、清水建設の決算発表がありましたね。

2017年3月期の営業利益見通しは前年比0.7 %減の940億円。一方で当期利益段階では、約10%増益の見込む。う~む。上出来ではないですか。これは予想以上に、ポジティブだよな。

実は当方、ヒヤヒヤしていました。ゼネコンは期初の業績見通しを控えめに出す常習犯、清水建設は特にその傾向が顕著と、アナリストに脅かされてました。増益見通しを正直に出すと、下請けから苦情が出ますからね。我々のことも考えてくれと。だから期初のゼネコンの業績見通しは、意図的に減益のアナウンスにするケースも多いと。

しかしながら当方、複数のアナリストが、ゼネコンの期初業績見通しを控えめに出す傾向を既に幅広く喧伝してくれているので、株式市場ではある程度想定済みと考えていた。具体的には大和証券の寺岡アナリストは氏のレポートの中で、「前期比▲5~▲10%程度の営業減益計画であれば、株価へのマイナス影響は軽微と考える」との見解を示していた。他のアナリストも、同様のメッセージを発していた。

そんな中での、今回の清水建設の業績見通しに。まずは一安心。現実問題、ここで前期比▲5~▲10%程度の営業減益計画を発表したら、やはりこれは、穏やかではないですからね。

株価もポジティブに反応した。今後については、保守的な見通しの業績が徐々に実態に即したものとなり、増額修正され、その過程で株価も上値追いになるのでは。そう期待するが・・・どうか。今後の展開がちょっと楽しみになってきたなぁ。

大急ぎでこの文章、書きました。とりとめがないかもしれませんが。お許しを。

滋賀・膳所に出張①大津プリンスホテル

浜口です。当方はGW中につき、まったり。相場はお休み。まあ、日本の株式市場が開くのは、来週の月曜からだな。で、またも旅の話を。

少し前ですが、1週間ぐらいかけて、仕事で琵琶湖周辺を巡りました。見所、いろいろありましたね。その中の1つが、大津プリンスホテル。琵琶湖のほとりにある。最寄駅は東海道本線の膳所だが、滋賀県の県庁所在地大津からもシャトルバスが出ている。

このホテルに来てみて、驚いた。バブルの頃に一生を風靡した、今はなき東京の赤坂プリンスホテル(以下、赤プリと省略)にムードが似てるんですね。聞けば両ホテルとも、世界的な建築家、丹下健三氏の設計によるものと。大阪からの出張だったので、宿泊したわけではないが、ホテルの中や周辺を、いろいろと散策しました。なかなか興味深かったな。写真を。

11031139_796867393726695_5997153024257992819_n
大津プリンスホテルの全景。実に格好が良い。やっぱり、赤プリをイメージさせるな。どことなく。

11025647_796868743726560_4489131312055307503_n
最上階。38Fのスカイラウンジ「トップ オブ オオツ」う~む。赤坂プリの最上階も、「トップ オブ アカサカ」だったよな。

今日は天気に恵まれた。高い位置から望む琵琶湖は、ほんとうにキレイ。お昼の時間の訪問だったので、ここでゆっくりコーヒーでもいただこうと思ったが・・・この時間は喫茶のみはやっておらず、ケーキバイキングだけと。残念・・・なるほど、そういわれてみれば、来ているのは女子会チックな人たちばかりだな・・・ということでここはひとまず、退散。

B__IFnUU8AA5qG-
1Fのロビーラウンジ「シャトレーヌ」。やっぱり赤坂プリのロビーラウンジも同じ名前だったよな。ムードも似てる。なんか、懐かしいな。

11013182_801166809963420_5119921016339131846_n
この日はいわゆる、ホワイトデイの直前。ということでスペシャルメニューの、ホワイトホットチョコレートなる飲み物が大々的にキャンペーンされていたので、それをいただく。う~む。カプッチーノからエスプレッソを除き、ホワイトチョコを加えたよな味かな・・・なかなか旨い。このラウンジのムードに合ってるな。

IMG_3727
ホテルの前の琵琶湖。キレイだよな。対岸の向こうは日本海側。そのせいかうっすら、雪山だな。

IMG_3720
今日はホテルから10分くらい歩いた膳所での仕事。そこからあらためて、琵琶湖を望む。キレイだよな。一見、海のようだが、やはりここは湖。波がないよな。

左端にある高い建物が、大津プリンスホテル。ひときわ、そびえたってる。琵琶湖の象徴、ランドマークともいえる建物だろな。いつか、泊まってみたい。それはもちろん、この日のように天気がいい日にな。高層階に泊まって、ワインを傾けて・・・悪くなかろうな・・・

児島に出張・・・せとうち児島ホテル

浜口です。相変わらずGWモード。旅の話を。

岡山県、瀬戸大橋線は児島駅からシャトルバスで。ここに瀬戸内海と瀬戸大橋が綺麗に見える、なかなかのリゾートホテルがあるという。せとうち児島ホテル。かねてから泊まってみたいと思っていたが、なかなかご縁がありそうでなく、今回ようやく、出張がらみでチャンスが訪れた。しかも、滞在時間も長く取れそう。ただし残念なことに、天気は良くない。どうなるかなあ・・・と思いながら泊まってみたら、なかなか良かったな。写真を。

10169307_815353078544793_3162718319483176985_n
ホテルの室内。いい感じ。高品質感がある。部屋に入ってすぐに、あぁ、ここのホテルにして良かったな。そう思えました。部屋は実に快適。ツインのシングルユースの部屋、広さも申し分なし。外は雨だが、昼の仕事を終えた後、ホテルの計らいもあり、午後一時にチェックインできた。雨の中、丁度良い居場所が出来た。夕方の仕事は午後四時から。時間がある。それまでここで、ゆっくりしようかな。

IMG_4446
ホテルのパンフレット上の写真。海も空も綺麗。晴れていれば、瀬戸内海越しに四国、香川の坂出が見えるというが・・・
10403128_815360805210687_9058051540151602728_n
この日の部屋からの眺望。瀬戸大橋が見えるが・・あいにくの雨で、こんな感じ。まあ景観は、明日の朝に期待だな。それにしてもこの角度からの瀬戸大橋、見下ろす感じの眺め、なかなか、できないよなぁ。

kojimaroten
ホテルの露天風呂、「瀬戸内さざなみの湯」。これが最高!この上なく快適だった。温泉ではないが・・・温度も少し低めでちょうど良く、長い時間入っていられる。とても柔らかい感じの湯のあたり。この日はあいにく雨で肌寒かったが、露天風呂に入るなら、少し寒いぐらいのほうが、むしろ有難みがあるというもの。この露天風呂はスケルトンの枠で覆われているので、入浴者に雨が直撃ではなく、その枠を伝った少し大粒の雨が、たま~に頭に当たる程度。それもまた、心地よかった。ここには、チェックイン後すぐ、夕食を食べる直前、夕食後にワインを少しいただいた後、翌朝と、計四回も入浴した。お風呂でこんなにリラックスできるの、いつ以来だろな・・・

kojimasasaimiIMG_4394
10426086_815776235169144_4119266893396182246_n
夕餉。ホテルのレストランで、和食会席を。鯛とカンパチのお造り、鯛のあら炊き、鰆の道明寺焼き。旨しだった。

10428716_815459378534163_1719513804078757715_n
10955448_815471725199595_4834992847199765207_n
夕食の後はもう一度露天風呂に入り、部屋でワインを一人飲み。この日は瀬戸大橋の開通記念日らしく、瀬戸大橋のきれいなライトアップ、ホテルの部屋から見ることが出来た。偶然とは言え、すごい日に宿に泊まったもんだな。色々と考え事をしながら、気が付いたら眠りに落ちていた。

10995821_815752155171552_77213842324542760_n
11102762_815763031837131_6152911905245787845_n
翌朝。雨ではないが、曇り。だんだんと薄日が差してきたが・・・下の写真は、瀬戸大橋のもう少し西側。トンビが飛んでいるな。

ホテルを出て児島駅に着く頃、ようやく、天気は晴れに。う~む。天気の展開が一日早かったら良かったな。以上書いたように、ここは素晴らしいホテル。食べものも風景もお風呂も質が高く、ホテルの方々も親切。今度晴れてるときに、再訪したい。そんなことを考えながら、マリンライナーで児島を後にした次第。人生、悪くないな。

またも倉敷に出張②倉敷美観地区のカフェ・エルグレコ。季節は巡るな。

浜口です。GWですね。倉敷に出張①倉敷ロイヤルアートホテルと居酒屋「さかな庵」againの続きを。

10402438_808449549235146_2435224291509831112_n
ホテルから歩いて5分ぐらいのところに、倉敷美観地区がある。このあたりを、ふ〜らふらと。川で、白鳥が行ったり来たりしてる。今日も天気がいいな。

11074266_809436875803080_1172177160405558014_n
倉敷美観地区の桜、咲き始め。きれいだよな。

19795_808986139181487_9213201310502966313_n
美観地区にあるカフェ、エルグレコだが・・・なんとも、変わり果てた姿。蔦が全て、枯れてしまったんだなぁ。ちょっとびっくり。でもまぁ秋にはまたきれいな姿を取り戻すんだろうな。

10649549_808987695847998_1556711290601439460_n
こちらは11月、紅葉の頃のエルグレコ。やっぱり、こうじゃないとな。

CBL1NfNU0AANGVb
エルグレコの中。こちらは秋と、何ら変わりないな。良いムード。

さて、見ていただいたカフェ、エルグレコ。季節の違いで見た目、様変わりだった。当方、この変化を見て、なぜか、シクリカルストック、景気循環株をイメージしましたね。

4月、蔦が枯れている状況を見ると、魅力的にはとても思えない。でもこの時に、このお店を見逃してはいけない。魅力的に見えない時期のお店は空いている。株式で言えば買い時かな。でも季節は巡り11月には、こんな華やかな時期を迎える。この時期になるとお店には行列ができる。お店が人気化する時期。株で言えば売り時だな。

同じ4月でも、蔦は枯れている一方で、桜は綺麗に咲いている。いろんな循環があるもんだな。桜は言ってみれば短期急騰型銘柄。動き出せば一斉に花が咲くけど、相場の持続する期間は短い。そんなイメージかな。でも年に一度、相場は必ずやってくる。

シクリカルストック、景気循環株は、実体が悪い時に買って、花開いたら売ればいいんだったな。こじつけが過ぎるかもしれないが・・・そんな思いが頭をよぎった。

相場、悪い時もあれば、良い時もある。シクリカルストックも、蔦や桜のように、明確な季節性があればいいんだが・・・まあ、そうは問屋がおろさないが・・・。取りとめがなくなりました。この辺で。

やり過ごすしかない相場だが・・・うまくやり過ごしたいな。

浜口です。

さきの講演会では、追加緩和。これからが楽しみ?とアドリブで言ってはみたものの、背景はともあれ、日銀政策決定会合の「何もなし」は、やっぱり重い。買いから入っている投資家は、ここをどうやり過ごすか。

いろんなやり過ごし方がある。ポジションを軽くして買場を探すか、当分市場に参加しないか。あるいはシレっとして、我動ぜずと決め込むか。まぁそれは、投資家とキャッシュポジション次第だろうな。

ここからは伊勢志摩サミットや選挙に向け、スケジュール的に、財投など、国内中心の政策が見込まれるわけではあるが・・まあ当面は、ぼちぼち、やっていくことにします。

追加緩和。これからが楽しみ?

浜口です。

昨日は午後1時から、株式の講演会をやっていました。その30分前に、今回は追加緩和なしの発表が。驚いたが・・・

当方は、「追加緩和がなくなったわけじゃない。次の日銀の政策決定会合は、6月、7月とある。これからが楽しみですね。」と、アドリブでコメントしておきました。

どうなるか。少し先ではあるが・・・