スーパーホテル

黄色と青の看板でおなじみのスーパーホテル。少し前に、現在成長中の新しいスタイルのホテルということで、ガイアの夜明けで特集が組まれていました。

キーワードは1泊4980円の「安さ」、あと「ぐっすり」「LOHAS」とのこと。現在、全国に91店舗ある。地方に行くたび、「あ、ここにもスーパーホテルが。ずいぶんアグレッシブに進出中だな」と感じることしばしば。
今回、新潟出張の後にプライベートで、話題のスーパーホテルに泊まってみました。いろいろな驚きがありましたね。

まず午後1時ごろ確認の電話をしても、誰も出ない。で、午後2時過ぎにチェックインしたら、中国人の日本語習いたてといったムードのアルバイトと思しき女性が対応してくれました。いずれも、徹底したローコスト経営の追求の一環なんでしょう。でも人気がないわけではない。平日の水曜、チェックインの時点で、「本日は満室」との看板。

ホテル自体は、清潔でシンプル。豪華ではないが安普請でもなく、何より安宿(失礼)にありがちな築00年のネガティブなムードがまるでないのが嬉しい。出来て間もないということもあるんでしょうが。
朝は「健康朝食」なるバイキング。これもいろいろ選べて必要十分。クオリティも低くない。食器を自分で片付けるのは、少し驚きましたが。朝はネスカフェの自動販売機が無料で使える・・・これによりコーヒーを無料提供も、ホテル朝食サービスとしてはやや驚き。このあたりは、新しい時代の社員食堂といったイメージか。しかし総じて、ネガティブな要素なし。

あと、酒・清涼飲料の自動販売機がありましたが、いずれも定価より安いのは驚き。普通はこの逆ですよね。
ネットは部屋では見れないが、食堂に1台PCがあるので、こちらで対応可。

朝食は宿泊者全員に。ゆえにこのとき、泊まっている人の全貌が明らかになる。若い人が多い!そうか、20代、30台前半ぐらいの出張者は、こういうところに泊まる人が多いんだなと思いました。
なるほど、考えてみれば、普段当方が出張で泊まっているようなホテルの朝食は、オジサマ出張者や年配の旅行客が多いもんな。

スーパーホテルは総じて好印象。バリュー感高く、過不足なし。お勧めできます。
でも当方のような場合、「今回の宿はスーパーホテルなのである」などというと、「浜口さん、ずいぶん安く済ませたんですね?なにかあったんですか?」というムードになり、「ガイアの夜明けで・・・」などと説明が必要。ああ疲れる、年は取りたくないなあ。でも、よく眠れますけどね。

「成果をあげ続けている投資家の手法を大公開」

ebook250 投資家の中には期待以上の利益をあげる人がいれば、その反面、 無情にも成果をあげることができず、市場から撤退した人もいるのが現実です。

安定して勝ち続けるためにはリスクを最小限に抑え、 資産を増やす為の優位性が高い技術が必要ですが、

この技術を得るには成功している人の方法を学ぶことが近道です。

そこで今回実際に成果をあげ続けている投資家の手法を公開します。 この「投資ノウハウ大全」ではその成功者のノウハウをご紹介します。

・ふりーパパ氏 テクノファンダメンタル投資法
・夕凪氏   イベント投資法
・徳山秀樹氏 デイトレード
・avexfreak氏 四季報先回り買い
・斉藤正章氏 システムトレード
・JACK氏  IPO投資法

ぜひダウンロードして、お役立てください。

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)