夏はホテルのロビーラウンジへ・・ペニンシュラ東京と東京ステーションホテル。

浜口です。株式市場、落ち着きを取り戻しつつあるのか、嵐の前の静けさなのか。微妙だが・・・週末ですね。

ところで。
8月は暑いな。絶対的に。「避暑に」と旅に出ても、北海道でも折り合いが悪いと気温が35度だったりする。
この時期はこの時期なりの、私の過ごし方を披露したい。それはとびっきり高級なホテルのカフェでゆっくりまったり。書き物したり、自分と向き合ったりすること。

呼称はそれぞれだが、どのシティホテルにもいわゆる「ロビーラウンジ」たるカフェが存在する。そしてどこもホテルの名にかけ、そこを最高の設えにしている。いわばホテルの顔。で、ここで過ごすわけです。涼しい午前中にうちから。

で今回は、ペニンシュラ東京と東京ステーションホテルを紹介したい。相手にとって、不足はないでしょ?(笑)
結論から言えばどちらも最高。実にゆっくり、リラックスでき、優雅に書きものができましたね。

IMG_8592
ペニンシュラ東京の「ザ・ロビー」。サービス料+消費税込み込み1,550円で、写真の銀ポットに入った2杯分のコーヒーが注文できる。結構ボリュームのあるお菓子もついていたな。

ここはとんでもなく居心地がいい。涼しいのはもちろん、Wi-Fiが抜群に早いし、なによりコーヒーの味がこの上なく美味い。あとテーブルの間隔がかなり開いているせいか、隣の会話がうるさいということも全くない。

あと、これはHuman watchingというらしいのだが。書き物の傍ら、ホテルを行き交う人が時折目に入る。これはこれで結構、飽きないもの。宿泊していると思しき人、昼のセレブ女子会を開いている面々などなど。

実際、ここにきて二時間経過したら、隣に女性二人組が。おそらくは観光客なんだろうが、見事に女性が喜びそうなデザインのアフタヌーンティーを。実際、嬉しそうだったな。

実はこれまで私は、ペニンシュラ東京にややネガティブな印象を持っていた。ペニンシュラ香港を何度か訪れていると、ペニンシュラ東京はスケールが小さい印象。立地の選び方間違ったのかなあと。同じ香港の名門マンダリンオリエンタル東京と比べ、なんでこんなにこじんまりにしてるんだろうなぁと。そう思っていたんですが、香港と同じ「ザ・ロビー」と冠されるロビーラウンジは、さすがにペニンシュラクオリティーだなぁ。そう実感しましたね。

ここは本当に快適で、約4時間滞在しました。半袖シャツで訪れたのが、イマイチだったな。長時間いると冷房がきつく感じられ、加えてPCのバッテリーもそろそろ・・・と感じ、後にした次第。

ここでコスパ分析を。1,550円/4時間=387.5円。スタバでコーヒー一杯、一時間いるのとほぼ同等との見方もできなくなないが・・・満足度ははるかにこちらだな。そもそも、スタバに4時間いる気にはなりませんよね?

11822496_874673222612778_1879368981660020564_n
ペニンシュラといえば、香港も東京も、ロールスロイスが象徴。姿がいいよな・・・

IMG_8608
こちらは東京ステーションホテルの「ロビーラウンジ」。やはり最高だった。ブルーマウンテンを注文、執筆活動にいそしむ。コーヒーは一杯おかわり可能とのこと。価格含め、条件的には昨日のペニンシュラに近い。そして驚いたことに、コーヒーの味もペニンシュラと酷似していた。なぜだろうか?

ペニンシュラは「ザ・ロビー」の滞在時間について特に示唆はなかったが、東京ステーションホテルは「2時間半のご利用でお願いします」とのことだった。

IMG_8613
席に座ってから約一時間後。人が増えてきた。10時55分現在、ほぼ満席。なるほどな・・・ここにいつまで居ることできるかなぁ…

IMG_8615
心優しい美女が2杯目のコーヒーを注ぎに来てくれた。なみなみと。ちなみにこのブルーマウンテン、昨日訪ずれたペニンシュラ東京のコーヒーと味がそっくりですよとお伝えしたら。彼女曰く。
そうですか・・・当ホテルもペニンシュラ東京さんも、コーヒーの仕入れはキーコーヒー経由なんですが。同じ豆を使用している可能性がありますねとだと。そうなんだ・・・・キーコーヒーって、高級ホテル業界で信頼性が高いのかな。

どちらのホテルのコーヒーともとんでもなく美味くて、砂糖もクリームも足さない。したがい、残ったクリームをちょこっと味見させてもらったら、東京ステーションホテルのクリームはとても濃厚、ペニンシュラはやや薄目だった。ご参考まで。

IMG_8626
2時間半が経過。今日はここまで。これは東京ステーションホテルのレシート。デザイン、いい感じ。カードで支払いをしたら、JR東日本経営のホテルのせいか、VIEWカード割引10%にしてくれた。少し嬉しい。

どちらのホテルも、趣があった。甲乙つけがたい。まあ敢えて比較すれば、ペニンシュラの方が若干、外資系ホテルチックという感じかな。まあどちらも、ラウンジでPCに向かいながら文章を書いていると、勝手に文豪になった気持ちになれますよ。まあ当方、根っからのホテル好き。これぐらいは大目に見てやってもいいですよね?(笑)。

さてさて・・まだ暑い日が続く。今週末もどこか訪れてみようかな。みなさんも、いかがですか?

PS
大阪ならリッツカールトン大阪、コンラッド大阪、インターコンチネンタル大阪。名古屋なら名古屋マリオットアソシアホテル、ウェスティンナゴヤキャッスル、名古屋プリンスホテルが相当するでしょうね。

柳橋流イベント投資法を期間限定で無料公開中!                          

slide1 わずか数日から数週間で数十万円~数百万円を稼ぐことのできるイベント投資法。夕凪氏の手法を進化させた柳橋流イベント投資を3回の動画で学ぶことができます。期間限定の公開ですので、今すぐご覧ください。

【9月12日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「毎月安定して利益をあげられる株主優待先回り投資」
1回目の映像では再現性と優位性の高い投資手法であるイベント投資について、投資手法の魅力と概要をご紹介します。そして、株主優待先回り買いというイベント投資の手法を仕組みや取引事例をご紹介します。後半ではイベント投資を実践する柳橋氏が株主優待先回り買いの最新の事例をお伝えします。

【9月16日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「イベント投資とIPOを組み合わせた投資手法」
2回目の映像ではイベント投資について、IPO投資と組み合わせた投資手法をご紹介します。この手法では、IPO投資のIPO特有の値動きを利用することで、大きな利益を狙うことができます。この映像では、上場日当日に使える戦略のほか、上場直後、上場後というタイミングに応じた戦略を公開します。

【9月19日(木)  18:00 第三回動画公開スタート】
「ファンドの動きを利用するインデックス買い投資法」
3回目の映像ではイベント投資について、インデックス買いというイベント投資の手法を仕組みや取引事例をご紹介します。この手法は株価指数に特化した優位性の高い手法です。この映像では、イベント投資を実践する柳橋氏がインデックス買いについて最新の事例をお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)