資金の3分の1しか買わない・・後出しジャンケンが可能になるから。

浜口です。

若いころはよくわからかったが、年を重ねてから、「あ・・・あの時のあの示唆は、こういうことだったのか」と身をもって理解できることって、ありますよね。相場においても然り。

かつての私の相場の師、故林輝太郎さんが、常に言っていたことがありました。満玉張るなと・・・

満玉張るとは、資金100%で全力で株を買うことですよね。私は先生の著書とは20代からのお付き合いで、その頃は満玉張るなの意味が漠然としかわからなかったのですが、今はよくわかる。

この件について、何がきっかけだったか、あるいはどの方のどの本を読んで目覚めたかは失念しましたが。以下の筆者の書いたメモが残っていましたので、貼り付けさせていただきますね。

「うねり取り。ボックス株の底値を買う。でもさらに下に行くリスクがあるから、資金は3分の1しか出さない。上に行ったらその3分の1であきらめるし、下に行ったらさらに買値が安くできるし、得られる利益はむしろ大きくなるので、喜ぶ。また、『株価底割れ。今回はダメだな』との判断になっても、損失も3分の1で済むので、チャっチャっト損切りできる。

そして3分の1しか買わずに上がった場合には、チャートのポイントを抜けたら、そこで乗せると言う手もある。いずれにせよ分割したもの勝ちと言うことになる。」

つまり資金が残っていると、いかようにも対応できるということ。満玉張っていると、後は期待するしかないということ。心理的な面においても、追い込まれることがない「資金は3分の1しか出さない」は、有効な考え方だと思いますね。

これは「どうみてもいけそう、つまりここからの相場は取れそうという時、後出しジャンケンが可能になるということでもあるんだろうな。

とりとめがなくなりました。この辺で。

柳橋流イベント投資法を期間限定で無料公開中!                          

slide1 わずか数日から数週間で数十万円~数百万円を稼ぐことのできるイベント投資法。夕凪氏の手法を進化させた柳橋流イベント投資を3回の動画で学ぶことができます。期間限定の公開ですので、今すぐご覧ください。

【9月12日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「毎月安定して利益をあげられる株主優待先回り投資」
1回目の映像では再現性と優位性の高い投資手法であるイベント投資について、投資手法の魅力と概要をご紹介します。そして、株主優待先回り買いというイベント投資の手法を仕組みや取引事例をご紹介します。後半ではイベント投資を実践する柳橋氏が株主優待先回り買いの最新の事例をお伝えします。

【9月16日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「イベント投資とIPOを組み合わせた投資手法」
2回目の映像ではイベント投資について、IPO投資と組み合わせた投資手法をご紹介します。この手法では、IPO投資のIPO特有の値動きを利用することで、大きな利益を狙うことができます。この映像では、上場日当日に使える戦略のほか、上場直後、上場後というタイミングに応じた戦略を公開します。

【9月19日(木)  18:00 第三回動画公開スタート】
「ファンドの動きを利用するインデックス買い投資法」
3回目の映像ではイベント投資について、インデックス買いというイベント投資の手法を仕組みや取引事例をご紹介します。この手法は株価指数に特化した優位性の高い手法です。この映像では、イベント投資を実践する柳橋氏がインデックス買いについて最新の事例をお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)