旅行で九州4県を巡る⑤大分から天草へ。久大本線・ゆふいんの森・天草三角線。

浜口です。

相変わらず。ゴールデンウィークの10連休の前に株を売るべきか否か。意見が分かれてますね。どちらかと言うと、売ったほうがいいと考えてる人が多いみたいだけど。でもそうしたほうがいいと言う相場感は既に、相当程度、織り込んでいるようにも思われるがどうか…と、週末ですね。旅行で九州4県を巡る④別府から大分へ。竹瓦温泉・ダイワロイネットホテル大分・割烹花邨(はなむら)の続きを。

今日の天気予報は、大分・熊本とも、午前中は雨。う~む。もともとは早起きして、由布院の最高の露天温泉を再訪する予定だったが、潔く断念。ダイワロイネットホテル大分のホテルの部屋で、これまでの旅のブログなど書きながら過ごし、午後以降の天気の回復に期待、行動することにしました。まあこれが、正解だったと思う。

今日はまずは久大本線を完乗し大分から久留米へ。そこから九州新幹線で熊本へ。そこかからは天草三角線で三角へ。そこからはレンタカーを借り、1時間半近くかけ、天草の西端近く、下田温泉の宿に向かう。そんなスケジュールです。

Wikiによれば、久大本線(きゅうだいほんせん)は、福岡県久留米市の久留米駅から大分県大分市の大分駅に至るJR九州の鉄道路線である。「ゆふ高原線」の愛称がある。

大分県九重町と由布市の境にある分水嶺の水分峠より西側は筑後川(三隈川)とその支流の玖珠川に沿って、東側は大分川に沿って九州を横断している。沿線には大分県の小京都といわれる日田や温泉地の由布院などの観光地を控えているとのこと。写真を。

IMG_6861
まずは久大本線の鈍行由布院行きで、大分から由布院へ。真っ赤な鈍行車両、いいな。

IMG_6865IMG_6871
由布院に到着。天気は曇り、霧だが・・・ゆふいんの森2号がホームで待っていた!これに乗るのは3度目だが・・・やはりいいな。

IMG_6870
ゆふいんの森2号のアテンダントさん。感じがいいな。

IMG_6886IMG_6894
ゆふいんの森2号の車窓。玖珠川。きれいだよな。

IMG_6900
ゆふいんの森2号山合を出て、平野地へ。のどかな景色。いいな。

さてここで重要な話を。ゆふいんの森、座席指定はD席が鉄則。こちらの側のほうが車窓が綺麗。玖珠川を堪能できる。由布院から久留米方向に向かって、左側の車窓ですね。

IMG_6903
ゆふいんの森2号は久留米で下車。その後は九州新幹線で熊本へ。で、在来線の天草三角線で三角まで。乗車率は20%ぐらい。半分以上は高校生だったな。

IMG_6904
三角線の車内。キハ47気動車。昭和の時代の急行をイメージさせる。テツの多くは、この感じが好き。これに旅情を感じてしまう。いいな。

IMG_6907IMG_6914
天草の海!島原湾!向こうに見えるは雲仙!おそらく…きれいだよな。JR天草三角線の車窓は、実はそれほど期待していなかった。これはポジティブサプライズ。

IMG_6918
三角駅に到着。ここからはレンタカーを借りて、今日の宿を目指す。楽しみだ。次号に続きます。

日本株の信用買い残が減少傾向と言うが…

今日のニュースモーニングサテライトで、東海東京センターの仙谷さんがコメントされていましたね。

0F8DB99F-BD35-4D82-B49F-92A903A4B79E

この状況をどう受け止めたらいいか。株価が上昇しながら信用買い残が減少している状況は、素直に受け止めれば、今後の株高要因ですよね。ゴールデンウィークの10連休に伴う不透明さも影響しているのかもしれないけれども、だとしたら売りたい人が既に相当程度売りを出していると言う証左とも言える。

どうなるか。

トランプ米大統領、FRBをあらためて批判。量的引き締めがなければ株価は一段高したろうと。

浜口です。

トランプ大統領がFRBを再度批判、政策適切なら大幅株高にと。

曰く。トランプ米大統領は14日、FRBをあらためて批判し、FRBの量的引き締めがなければ一段高になっていただろうと指摘したと。

まあ、突っ込みどころ満載ですが・・・言えることは、大統領選に向けてでしょうが。トランプ大統領が株価を上げたいという意向が強いことは再確認できた。投資家として、悪いことではないですね。

旅行で九州4県を巡る④別府から大分へ。竹瓦(たけがわら)温泉・ダイワロイネットホテル大分・割烹花邨(はなむら)

浜口です。日本株、CMEの日経平均先物、22,080円と。日本株、個別にはまちまちだが、ここから4月末にかけては期待したいな・・と、週末ですね。

旅行で九州4県を巡る③別府へ。特急「にちりん」で日豊本線を完乗したが・・・の続きを。

IMG_6857
別府に到着。今から別府竹瓦温泉に向かう。位置関係はこんな感じです。

IMG_6847
四国は愛媛、松山の道後温泉のシンボルが道後温泉本館だとすれば。別府のそれは、この竹瓦温泉が相当するんだろうな。詳しくは、別府竹瓦(たけがわら)温泉で書いているのでご参照願いたいが・・・かねてから、ここにはそのくらいの存在感を感じていた。今回、再訪す。やはり良かったな。この写真だけ見ても、佇まい、素晴らしいでしょう?ここは地元に愛されている温泉なので、平日でも入浴者が絶えず、ゆえに湯舟の写真が撮れない。少し残念だが・・その点も道後温泉本館と同じですよね。

ちみに泉質について。2009年とかなり前に書いたブログ別府竹瓦(たけがわら)温泉に記してあるが。要はこんな感じ。
「泉質は、炭酸水素塩泉。やや黄色味を帯びた(うぐいす色とも表現されるようです)、いかにも温泉という感じのありがみのある湯が豊富に大量にかけ流し状態。別府温泉は2回目だが、湯がすごく「重く」感じる。入った後の心地よい疲労感とでも言うべきか、「温泉に入りました」という達成感?が凄い。結果、熟睡してしまう。これが名湯別府の存在感なんだろうな。」

IMG_6856
別府から日豊本線の鈍行で3駅、15分乗って大分へ到着。

IMG_6848IMG_6850
今日の宿。ダイワロイネットホテル大分。チェックインしたら、ハリウッドツインなる部屋にアップグレードしてくれた。う~む。なんだかとんでもなく広いな。実に悪くない。今日はここで、ゆっくりすることにするな。

今回私は、ANAのHPから。「ダイワロイネットホテル大分@ホテル★ANAタイムセール★プラス2000マイル付プラン 禁煙 洋室 セミダブル 1名1室利用 食事なし」の条件で、12,000円で予約しました。月曜日という週で最も空きがある曜日とはいえ、この価格、2000マイル付きでハリウッドツインにアップグレードとは、おいしいよな。2段階のアップグレードなんだろうか。このホテルのファンになりそう。このホテル、立地は大分の飲み屋街に近いし、大分駅からは近くはないも、歩いて行ける。ホスピタリティもいい感じ。おススメですね。

IMG_6853
今日の夕餉。今回で3回目かな、大分の「割烹花邨(はなむら)」で傾ける。このお店は熊本・大分に旅へ③大分オアシスタワーホテル。夕餉は居酒屋・海鮮呑酒家と割烹花邸(はなむら)へでも紹介させていただいてますね。

IMG_6854
まずは「りゅうきゅう」と言う、大分の地料理。魚の漬け(づけ)。今日の魚は鯛とカンパチ。関東では漬けといえばマグロだが、大分では白身魚を用いる。甘口醤油の漬けにわさびが効いていて、実に美味し。もちろん、ビールともよく合う。

ちなみにこのりゅうきゅうについて。霧島酒造HPで、以下の通り説明されている。参考になるので、引用させていただきますね。
「刺身とはひと味違う趣のトロリとした食感。ほどよく染み込んだ醤油の味わいと旨味。香ばしいゴマの香り…。『りゅうきゅう』はアジ、サバ、ブリ、カンパチといった新鮮な魚の切身を、醤油、酒、ミリン、ショウガ、ゴマ他を合わせたタレに漬け込んでからいただく大分の郷土料理だ。薬味にはネギやワサビが添えられることが多いが、作り手によっても、ずい分と異なる。
元々は、漁師たちが獲れた魚を保存するために作っていた料理。また、刺身にした残りを美味しく食べるためにも作られていた。今でも、飲食店では刺身の残りを使った『りゅうきゅう』が、まかない飯としてもよく食されている。もちろん、現在飲食店でメニューとして出されている『りゅうきゅう』は、刺身にもなる切り身を使ったものだ。」

IMG_6855
来た来た、これだ!大分の団子汁!これが美味いんだって。少し甘めの白味噌仕立てだが、これに大分の柚子胡椒(大分では、「ゆずごしょう」と読みます。)を添えていただくと、味が引き締まって最高!団子がたくさん入った大盛を頼んだので、これでお腹もいっぱいになるって。

この2つのメニューと瓶ビール一本で、1,960円也。う~む。十分満足。ずばり、おススメ。地元に愛されてる店は、安くて美味いよな。

さてさて明日は、由布院、そして天草を目指します。九州横断。楽しみだ。

「銀行員は生き残れるか」というが・・・

浜口です。みずほ証券のエコノミストである北野一さんが、こんなタイトルのレポートを出されてますね。
「銀行員は生き残れるか」(浪川攻/悟空出版/2019年)を読んでの感想文という位置づけ。これは備忘録入りかな。

北野さんも当方も銀行出身。だからこの辺については、リアルに感じるところ、あるんですよね。

IMG_7202
レポートの赤線の部分ですが。確かに、銀行のカンバンが絶大だった時期はあった。財務省が大蔵省と呼ばれていた時代から、銀行は護送船団方式のもと、「身分」が守られていましたからね。このかつての護送船団方式を考えると、今の日銀のマイナス金利政策は、隔世の感がありますね。

結論はレポートの要約にある通りなんですが、この後に書かれているレポートに重要な記述があった。これも抜粋させていただきますね。

本部エリートからプロフェッショナルへ

銀行が生き残るためには、本部エリートが君臨する「旧態依然とした人事制度や組織体制を大刷新し、営業現場の価値をきちんと認識したプロフェッショナルたちの仕事集団」(浪川)へと銀行を変革していかねばならない。プロフェッショナルとは簡単に言うと、会社を辞めることができる人間だ。銀行本部に対する反論がタブーになってしまうのは、辞めることができる銀行員が少ないからだ。辞めることができない従業員をマネジメントするのは簡単だ。人生を人質に取っているようなものだ。だから、本部エリートが「楽」をしようと思えば、プロフェッショナルを作らなければ良い。。3年程度のローテーションを繰り返せばいいのだ。その結果プロフェッショナルは育たず、マネジメント能力も失われるというという「悪しき均衡」が生まれる。

なるほど、辛口だが・・・北野さんはこんな整理をされるんですね。参考になるな。もともと製造業から会社員生活をスタートさせた当方、「銀行とは本部主導型の新興宗教集団」と感じたことは多々あったけどな。同じ事象に対する受け止めなんだろうな。

さて、私の銀行体験はといえば。少し感情的に行きますね。:
私は銀行が嫌いなわけでは決してない。というより大好きだった。私が長きに渡り所属していたのは、大多数の銀行員とは異なり、プロフェッショナルたるファンドマネージャー部門だったから。私は銀行で、人生の転換点をGetすることができた。懐かしい・・・かつて所属していた信託銀行、そして運用部門の先輩・仲間たち。私の心のふるさとです。

特に先輩たちは、相場好きながら未熟な私を、より高い次元から指導してくださった。それもとてもフレンドリーに。アフター5も含め、教えてくださった。おかげで私は、それまで未知の分野を知り、資産運用において、成長させてもらったと思う。1987年から2002年にかけて。その中でも特に1980年代後半。この期間は私の人生を変えた。他のなにものに代えられない、貴重な体験をさせてもらった。
人生は出会いですね。この時の諸先輩がたには、心から感謝してます。私が所属した信託銀行の運用部門に限っては、古典的な銀行部門とは真逆だった。それだけは誓って申し上げたいのです。

まあ・・銀行で私がいたような幸せな部門は、どうだろ。信託銀行で全体の3%前後?メガバンクでは・・・わからないが。

う~む、クールダウンしましょう。銀行、全般として。これから良い塩梅に変われるといいんだが。どうなるか。

取り留めがなくなりましたね。この辺で。

米国でたまるマグマというが・・・

浜口です。

4月8日の日経朝刊に、米国にたまるマグマ、急落の引き金に備えという記事がありましたよね。それを読んで、考えるところを。

このとてもセンセーショナルなタイトルの記事によれば。米国ではVIX指数が急低下している一方、VIX指数先物の売り越し残高が昨秋の米株急落前を超えている。この状況に対し記事はタイトル通り、「米国でたまるマグマ 投資家、(株価)急落の引き金警戒」と、株価が暴落寸前の如くコメントしているように思える。ジャーナリストの視点なのかな。

でもねぇ。投資家の立場からは、「ちょっとどうかなぁ」と思う。VIX指数の低下は、すぐに株価が急落すると言う意味では無いですよね。

「VIX指数が低下⇒当面、上昇相場(適温相場というべきか)⇒金利上昇等、市場でなんらかのリスク要因が発生し急落」こんな流れを想定するのが妥当でしょう。要は、先々はともかく、足元では「VIX指数低下=平和な相場が戻ってきた」との理解が正解でしょう。ねえ?

ただこれは、あくまでVIX指数と株価との関係だけを捉えた場合の話。日本株は今回は、国内の3月期決算発表、5月10日が最多と。で説明した内容を抱えるから、それには一応、注意は必要なんですけどね。

とりとめがなくなりました。この辺で。

国内の3月期決算発表、5月10日が最多と。

浜口です。

決算発表、5月10日が最多、95パ-セントが予定確定と。で、現状その2割が4月10日に3月決算を発表と。

GW10連休明けが5月7日だから…4月最終週から5月第2週は、振り回させられそうですね。なにかと。

まぁこれはピンチと捉えるかチャンスと捉えるかは。投資家次第、投資スタンス次第でしょうけどね。

どうなるか…

旅行で九州4県を巡る③別府へ。特急「にちりん」で日豊本線を完乗したが・・・

浜口です。来週の株式市場も楽しみだが・・Sell in Mayと大型連休が近づくので、微妙ともいえなくもないが・・週末ですね。

旅行で九州4県を巡る②宮崎へ。ドーミーイン宮崎と地元居酒屋「黒木屋」の続きを。

IMG_6818
ドーミーイン名物、ホテルのビュッフェ朝餉。ドーミーインは日本全国どこでも、地のものを出してくれるよな。
ホテルの人曰く、宮崎の一番の名物料理は、左下のチキン南蛮なんだって。甘めのタルタルソースをたっぷりかけて召し上がれと。うお…こりゃ、美味し!あと左上牛肉飫肥うどんも美味し。こちらは昨日の竜ヶ水そばをイメージさせるな…

IMG_6819
このメニュー、女性が書いてくれたんだろな。こういうのがあると、なんともほっこり。嬉しいよな。

IMG_6816
さてこれから、宮崎駅まで20分かけて歩いて向かう。これはいかにも、宮崎をイメージさせてくれる道だよな。今日も天気がいいな。

IMG_6828
宮崎空港発大分行き特急「にちりん」が入線。新特急なのにワンマンカーと。昨日は強風で遅れていた日豊本線だが、今日は穏やかな天気。

IMG_6829
特急「にちりん」の車内。いかにもJR九州の感じ。いいよな。

IMG_6834IMG_6835IMG_6831
日豊本線、宮崎~大分間。今回の特急「にちりん」乗車で、ついに日豊本線を完乗!今までこの区間は不思議とご縁がなかったんだよな。
日豊本線の地図を見ると、この区間はかなりの部分、海沿いを走っているように見える。が、実際にはそれほどでもなかった。それでも、宮崎から5駅ほど北の日向新富から高鍋にかけては、こんなきれいな海車窓を堪能することができた。

逆に言えばそれ以降日向市にかけては。日向灘が少し見えることもたまにあるが、概ね黒松林に遮られたり、少し内陸に入ったりを繰り返すばかり。少し残念だった。そうか。。。もしもこの区間、ずっと日向灘を見ることができたら。秋田から青森にかけての五能線のようにもっと話題になるよな。

高鍋・川南・都農にかけては、2010年に牛の口蹄疫騒ぎで大変だったところ。ここで畜産業に携わっている方の心境を察すると、やるせないこと、この上なかったんだろな。心境をお察しする。この区間、通過するのがなんとも心が痛んだが…今は普通に戻っていることが確認できた。少なくとも日豊本線から見る限りにおいては。

IMG_6843

大分に到着。当方が乗った特急「にちりん」はここ止まり。ここから別府までは、短い区間だが、日豊本線経由、博多行き特急「白いソニック」に乗り換える。これはもともとは、長崎本線の特急「かもめ」車両。こんなかたちで転用されてるんだな。長崎新幹線の導入を見越した動きなんだろうか・・・

さて別府に到着。短い時間ではあるが、別府温泉、ひとっ風呂、いただいてくることにします。

次回に続きます。

SOX指数が新高値に・・・

浜口です。

SOX指数(フィラデルフィア半導体株指数)が新高値にという理解でいいのでしょうか?
年後半にかけての半導体市況底入れ期待が高まり、それを株式市場が先取りする動きか。米国、ひいては日本とも。

国内株なら、投資対象。代表的なものは、アドバンテスト、東京エレクトロンあたりになろうが。。。期待したいところではあるが。

どうか。

米国、長短金利の逆転後、しばらくは株高になる傾向

浜口です。

米国では長短金利が逆転したり、逆にわずかにスプレッドが開いたりの展開。それに関連しての、過去の株価の動きにについて、出遅れ目立つ日本株 「令和」で底入れ・反転をの中で、日経新聞の編集委員 前田昌孝さんが詳しく説明されてますね。この部分の抜粋を下記に。

米国では長短金利の逆転がただちに株安への転機になるわけではない。過去3回の金利逆転後のダウ工業株30種平均の動きを指数化すると、340営業日後に35.5%高となっている。そこから調整局面に入り、761営業日後には8.6%高と伸び悩むが、その後は再び上昇基調に転じる姿が描かれる。今回もダウ平均は3月22日に460ドル安と急落したが、4月1日の終値は急落前を1.1%上回り、18年10月9日以来ほぼ半年ぶりの高値となった。

この件について、さらに踏み込んで知りたい向きには、日経ヴェリタス2019年3月31号において、前田さん派より踏み込んで説明されている。「金利逆転は株高サイン、景気は消費を下支え」というコラムですね。併せて読んでいただければ、より理解が深まると思いますね。

それにしても・・・日米とも、4月は株高でいけそうかな。GW前までは。期間限定かもしれないが。