中小型株のパフォーマンスが相対優位になるとき。

浜口です。これは備忘録入りだろうな。

JPモルガンの季刊中小型株ストラテジー4月号において。「中小型株への逆風は緩和。今後は相対優位が発揮される形に」とのレポートが出されていますね。

たしかに・・・4月以降の日本株は、主力株が概して値を崩しているものの、マザーズ銘柄に代表される中小型株の一部は、堅調さを維持してますしね。

IMG_7593

今後は中小型株が相対優位になりそうと。そう考えるポイントは以下の2点ということのようです。

①世界的に景気が減速する局面では、大型株の方が中小型株よりも業績予想リビジョンが悪化しやすい。この点で現下のマクロ経済環境は中小型株に相対優位と考えられる。
②FRBのハト派転換に代表されるように、主要中央銀行のバランスシートが拡大する局面では、中小型株のパフォーマンスが改善しやすくなる。

株式市場全体は、もろく崩れやすい状態かもしれない。リスクオフの展開にまでなると、中小型株はひとたまりもない状況になる。一方で市場がそこそこ安定を維持するなら。当面は中小型株に分があるんだろうなと考えるが。

どうなるか。現在の相場、十分なキャッシュポジションを持って、対峙したいですね。

「200万円を4億1000万円にした
                          投資手法を期間限定で公開中!」

slide1 株式投資により200万円の資金を4億1000万円にしたGomatarou氏が3回の動画でGomatarou流トレード手法を公開しています。

【7月11日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「200万円の資金を205倍の4億1000万円まで増やした手法」
1回目の映像では200万円の資産を4億1000万円に増やしているGomatarou氏が実践している手法の中から長年にわたって収益源としている手法ご紹介致します。映像ではGomatarou氏の3つのトレードポイントもお伝えしますので、絶対に見逃さないでください。

【7月12日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「合計約300万円の利益をあげた逆張り手法」
2回目の映像ではGomatarou氏が得意としている逆張りトレードについてお伝えします。映像では東芝株の急落を利用して数日間で48万円の利益をあげた事例をご紹介します。

【7月18日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「ストップ高を狙って合計330万円の利益をあげた方法と資金管理」
3回目の映像では短期間で大きな収益を狙うことができるストップ高を利用したトレード方法についてお伝えします。また、資産を200万円から4億1000万円まで増やした「Gomatarou流資金管理法」についてもお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)