トルコ・リラ暴落だが…参戦してみた。可能性はとても低いが、デフォルト覚悟で。

浜口です。

何やら…トルコ・リラの暴落で、関連する投資信託売買の申し込み停止が相次いでるらしいな。

曰く。さるトルコ債券投資信託について。ここ数日のトルコ・リラの暴落を受けて、トルコ債券市場における流動性が著しく低下しており、売買を停止しなければいけない状況に追い込まれたと。8月15日、つまり本日からですね。売買停止と。

8月いっぱいは、売り買いとも停止と。う〜む。これは国内の投資信託業界、概ね横並びでなされたことらしい。未確認ですけどね。概ねそうらしい。

なるほどな…それはそれとして当方、昨日ね。このトルコ・リラの暴落はおいしい。これは参戦しておかないとなぁ、と思いましてね。トルコ・リラ建て投信、売買注文を出した。昨日だから、ギリギリ間に合った。今日、約定になってますよ。リターン・リバーサルと、20%近い高金利狙いでね。

まぁ、半分余興ですって。メインシナリオとしては、トルコ正常化を前提に、この投信買いは大儲け。これはエルドアン大統領次第。リスクシナリオとしては、可能性はとても低いが、万一のデフォルト。故にデフォルトしても致命的にならない範囲で、買ってみました。

要は博打ですって。ねえ?(笑)でもデフォルトしなければ大丈夫。そこの判断に尽きる。火中の栗を拾う・・実際、その通りなんだが。

正直言えば。これは自分の修行のため。常軌を逸した大暴落市場を発見した場合、少しでも逆張りで相場に参加する。そんな訓練・クセを身に付けたい。そんな想いから買い参戦した次第です。

以前にも。英ポンドのリターンリバーサル狙い・・・をしたことがある。この時はまあまあ成功だった。門外漢だったが。

今回はどうなるかな。当方、モノ好き。火傷するといけないんで・・この投資手法、みなさんにおススメするものではありませんのでね。念のため。投資は自己責任で。

立山黒部アルペンルート経由で名古屋へ③標高3000メートル級、紅葉のアルペンルートへ

浜口です。株式市場、今日は大幅高。いよいよ、調整の最終局面を迎えつつあるのか・・・
と、唐突ですが、立山黒部アルペンルート経由で名古屋へ②感動の黒四ダムへ!の続きを。

黒四ダムを見た後、立山黒部アルペンルートは、さらに上に登っていく。いよいよ北アルプス、標高3015mの立山へ。黒部ケーブルカーで黒部平、そこから立山ロープウエイに乗り継ぎ大観峰へ。そこからは立山トロリーバスに乗り継ぎ、もっとも標高の高い、かの室堂へと。

kurobedaira
まずは黒部ケーブルカーで黒部平に到着。なんだか独特の登山電車ムード、あるよな。色合いが、昭和っぽいな。

IMG_1559
黒部ケーブルカーの後、立山ロープウエイで登って行った到着先、大観峰からの景色。もう紅葉してるな。本当に綺麗。ちなみに湖は黒部湖、湖の向こうは長野県、紅葉のこちら側は富山県だそうな。

murodou
14440622_1116645315082233_5872801703873192049_n
室堂に着いた!こちらは大観峰からさらに立山トロリーバスで登った、立山黒部アルペンルートの最高地、室堂からの眺め。これはちょっと感動もの!!北アルプスの剣岳なのかな。万年雪が残っている。さすがに標高3000メートル級、何とも言えない佇だよなぁ。神々しくすら、感じられたな。

IMG_0224
室堂からはバスで下り、富山電鉄立山から電鉄富山まで、この電車で。ノスタルジックな味わいがあるよな。

さて
立山黒部アルペンルート。信濃大町から電鉄富山まで、8時間位かけて回った。さすがに疲れたけど、途中、飽きることは全くなかった。一日があっという間に過ぎてしまった感じだった。

立山黒部アルペンルートは、本当に素晴らしい。個人的には、日本では北海道の知床と並ぶ、最高の素晴らしい地だと思う。

とにかく3000メートルクラスの山岳地帯というのは、ちょっとしたら光や風の加減、あるいは朝・昼・夕で、姿・景色が劇的に変わる。それが、数十分に一度くらいの頻度で起こる。アルペンルートの中にはホテルがいくつかあり、かなり前からすべて満室だったが、その理由はここにあるんだろうな。とにかく、飽きる事がない。

また違う季節に、再訪したいな。そんな気持ちになった。黒四ダム含めた立山黒部アルペンルート。これだけスケールが大きい自然を見せつけられると、自分はなんてちっぽけな存在なのかと、思わせられる。それほどに雄大だった。こんな気持ちになるのは、生まれて初めてかもな。人生、悪くないって。次回に続きます。

日経に大きく活字で出たショック安の多くは、9割がた織り込み済みとの考え方

浜口です。

知り合いのクオンツ系のファンドマネージャー曰く。

相場の大きな下落があって。それが日経新聞に大きく書かれるようなことがあったら。それは多くの場合、もう9割がた、悪材料織り込み済みであることが多いと。逆張りで対処した方が賢明なことが多いですねと。足元の円/トルコ・リラなんて、そうですよねと。

但し例外もあって。ここ10年位では、リーマンショックがそれに相当する。新聞に報道された後でも、さらに売りが正解だった。
ショック安があって、それがリーマンショックに該当するかどうかの判断。難しいといえば難しいとは言えますが、多くは該当しないですよね。でも必ずとは言えない。その判断が難しい。キリがないですかね…と。

まぁ違和感のない考え方だと思いますね。相場は概ね、このやり方でうまくいくと思っています。概ね、ね。

まぁこれは市場全体の話。悪材料が出た個別銘柄には該当しないと思います。念のため。

立山黒部アルペンルート経由で名古屋へ②感動の黒四ダムへ!

浜口です。マーケットは今週は荒れるかもな…と、週末ですね。

立山黒部アルペンルート経由で名古屋へ①大糸線で信濃大町への続きを。

oogisawabasu
関電トンネルトロリーバスに乗って、扇沢から黒四ダムへ。そこに待ち受けていたのは・・・

14519654_1116743951739036_6020679831620264291_n
IMG_1563
黒四ダム!なんというスケール! でかすぎて、写真撮るのが難しい。でも恐ろしく綺麗。感動…と、戦後、大阪が復興できたのは、関西電力の、このダム作ろうと言う決断ゆえ。旅行前に映画、「黒部の太陽」を見て、そのことがよくわかった。

IMG_1562
この黒四ダムに向けてのトンネルを掘る時は、大量の湧水に苦労した。その苦労の湧水の飲み場が、アルペンルートでは何か所かに。飲んでみると、こんなおいしい水、いままで、飲んだことがない!天然のミネラルウォーター。本当に旨い。黒部ダム掘った人たち、この大量のミネラルウォーターに苦しめられていたとはなあ・・・。

IMG_1496
IMG_1491
黒四ダムの上に出来た、黒部湖。黒部の自然を象徴してるよな。晴れてる日は、穏やか。本当にキレイ。でもこれが真冬には、マイナス20度の吹雪の世界が牙をむくというから・・・凄いよな。

さて、このブログ見て、黒四ダム含め立山黒部アルペンルートを訪れようという気持ちになった方に、アドバイスを。

①映画「黒部の太陽」はものすごくかつ重いので、まずは下記のYou Tubeをぜひ見ること。
関西電力「くろよん」
プロジェクトX 第179回 「シリーズ黒四ダム 秘境へのトンネル 地底の戦士たち」
プロジェクトX 第180回 「シリーズ黒四ダム「絶壁に立つ巨大ダム 1千万人の激闘」

②立山黒部アルペンルートのツアー日、天気が晴れでないようなら、旅行は即、延期すること。信濃大町から富山まで約8時間はかかるので、天気が悪い日にこのツアーに行く価値は、全くありません。かく言う当方も、本来の旅行予定日は天気が悪そうだったので、テツ・ホテルとも即、一日延期にし、事なきを得た次第です。特にホテルのキャンセルが何日前まで可能かを、あらかじめ確認しておくことが重要ですね。

次回に続きます。

日本株と中国株との相関が強い

浜口です。

ニュースモーニングサテライトで、大和証券の壁谷さんがコメントされていますね。
日本株と中国株の相関関係が足元で高まっていると。う〜む、そんな感じは日々していたが、データの上からも確認できるんだなぁ。写真を。

AF0AA725-6A6A-4BD2-BF90-636CDEA178DC

日本株は短期的には、中国の不安定な展開に影響される。しかし中長期的には、米国の好調な業績に伴う上昇相場、それとの相関関係に影響されるとの見方でしたね。

まぁその通りなんだろうな。違和感ない考え方ですね。

8月が最も悪い

浜口です。ニュースモーニングサテライトで、ホリコキャピタルマネージメントの掘古さんがコメントされてましたね。NY株のアノマリーについて。備忘録入りだな。

C3BAC07C-F06A-4148-B89B-90F57CA18191

過去50年の統計では、8月が最も下落しやすいと。 9月に大きな下げが多いような印象がありますが…まぁ8月から9月は良くないと言う理解でいいんでしょうね。逆に言えば、買い場探しで報われるということ。アノマリーの面で言えば。

どうなるか。

立山黒部アルペンルート経由で名古屋へ①大糸線で信濃大町へ

浜口です。難しい相場、暑い日が続きますね。まぁ両方とも期間限定だとは思うが…週末ですね。テツの話を。

これは2016年9月の話。東京は新宿から立山黒部アルペンルート経由で名古屋に行ってきました。感動的だったな。写真を。

14441135_1115892145157550_1994981406201641089_n
新宿から信濃大町まで、まずは特急あずさ3号で。う〜む。グリーン車、指定席とも全て満席と。旅行シーズンなんだなぁ。良い旅になるといいな。

14485029_1115981841815247_8472646525225590156_n
大糸線、穂高あたりの写真。きれいだよなぁ。稲、そろそろ刈り入れの時期だな。日本の原風景という気がした。

14519701_1115988675147897_1863926185151290463_n
穂高の先あたりから、北アルプスが見えてきた。畑で栽培されてるのは、蕎麦だろうな。

sinanooomati
信濃大町駅に到着。雰囲気を感じる。いいな。

14462747_1116006821812749_6814296275248293245_n
立山黒部アルペンルートの入り口、扇沢駅行きバスに乗った。ここは大町温泉郷あたり。きれいだよな。この先で、猿が何匹も道に出てきてびっくり。北海道で、キタキツネや鹿に出くわすイメージですね。手つかずの自然が残ってるからだろな。

ここから、アルペンルートの道中が楽しみ。次回に続きます。

故林輝太郎先生の言葉。適当なところで利食いして、涼しい顔していればいい…

浜口です。

ずいぶん前のことだが…人形町にあった故林輝太郎先生の事務所を訪れたときに言われたこと。その時のメモが出て来た。そうか・・師はこんなことを言っていたんだよな。要旨を以下に書いてみますね。口語調で、先生の口調を真似て。

浜口さんね。私は相場についていろんなことを本に書いてるけど。実は相場なんて簡単なんだよ。まずボックス相場のうねりを持つ銘柄を見つけてくる。地味な銘柄のほうがいいな。で、そのボックス相場の真ん中より下を、分割して買っていく。底値を狙う必要なんて全くないし、そんなもの狙うこと自体、素人だよな。買えるわけがない。

で、買った株がボックス相場の半分より上に行ったら、もうどこ売っても利益の世界だから、適当なところで利食いして、涼しい顔をしていればいい。そんなチャンスが1年に1~2回はある。そこは、易しく取れるところなんだから、順当に取りに行く。難しい相場には手を出さない。それを何年も何年も繰り返していればいい。相場で儲けるって、そういう事なんだよな。

但し思うようにボックス相場にならないこともある。ボックスの下限かと思ったら底抜けたりする。それは失敗だから、なるべく早めに失敗に気が付くようにし、損切りをする。損切りはつらいよな。だから躊躇なく損切りできるよう、建玉は控えめにする。満玉は言語道断。

でも・・・その当たり前のことが、初心者にはできないんだよなぁ。証券マンとか証券新聞とかが余計な情報入れてくるからな。でもそれを無視して自分のペースで売買をするんだ。それが一番いい。だから株を買いとか売りと言ってくる大手証券とは付き合わず、地味な地場証券と付き合うに限るんだよ。

うろ覚えではありますが、そんな趣旨のことを言われていましたね。

相場はいろんなやり方がある。このやり方が全てでは無いのはもちろんだが。一面の真理をついているなぁとは、強く思いますね。

景気後退まであと2年?

浜口です。

ニュースモーニングサテライトでJ.P. Morganアセットマネジメントの重見さんがコメントされてますね。備忘録入りだろうなぁ。

9F35510B-9682-43F8-BBA4-72F65D47139D
フリップにある状況。 2020年頃は危ないかなぁと言う感じ。皮膚感覚的ではありますが、私も持っているんですよね。違和感がないんです。
ややこしくなるので、詳しく説明するのは今回は割愛さしていただきますが。

でもだからこそ、それまでに株式で儲けてしまいましょうと思ってるんですけどね。前向きでしょ?(笑)当面は少し視界不良だけどな。昨日書いた通りです。

あくまで、長期的な株式市場のイメージの話です。
どうなるか。

難しい相場。今は敢えて参加しなくても。

浜口です。

東証大引け 反落、中国株安を警戒 円高進行も重荷 と。

11月6日の中間選挙に向け、トランプ氏が吠えてる。当面はとりあえず吠えて、アメリカの、新聞のヘッドラインしかみ見ないレベルの支持層(失礼)の支持率を高め。また、大衆からのロシア疑惑から目をそらすために。わかりやすいですよね。

その思惑が達成された暁には、8月中後半にかけては一転、中国にソフトランディングを持ち掛ける。そんなところなんでしょうが・・・

後講釈すればキリがありませんが、アノマリー的にも8月9月は難しい相場。敢えて深入りしなくてもな。そう思ってます。FAANGの一角も暴落してますしね。

当方は決して弱気というわけじゃない。むしろ強気なんだが。。。まあ、キャッシュがあればね。流動性が高い銘柄なら、ポジション、5分で高めることが出来ますからね。

トランプ氏が関係修復を目指さざるを得ない11月もしくはアノマリーの底の8月末から9月にかけ、タイミングを見て一歩早く、玉を入れればいい。そんな感じかな。本日の当方はね。

これまでの発言と矛盾する部分あるかもしれんが、まあ、そんなもの。君子、豹変しますんでね。

取り留めがなくなりました。この辺で。