秋の青森・八戸・宮古と旅へ ⑥山田線again

浜口です。市場では。Amazon問題とか。いろいろ言われてるが。キリがないな…と、3連休の最終ですね。秋の青森・八戸・宮古と旅へ ⑤3度目の浄土ヶ浜旅館の続きを。

3泊4日の旅が終わる。帰路に着こう・・・しかしこの帰路が長い。まずは9時25分発JR山田線の盛岡行き快速「リアス」に乗り、盛岡で東北新幹線に乗り換え八戸まで。そこからは青い森鉄道鈍行で4駅、三沢で下車。そこからはリムジンバスで三沢空港15時35分発JAL156便で羽田空港着17時00分。途中、長めの時間の乗り換えが2回、1時間ずつあるとはいえ。9時間強の帰路。
まあ盛岡から東京まで東北新幹線を使えば、こんなに時間はかからないが。今回は青森は三沢空港経由でJALで帰ってみたかった。これがなかなか、素晴らしかったな。

さて
Wikiによれば、山田線(やまだせん)は、岩手県盛岡から同県宮古を経由し同県釜石までを結ぶJR東日本の鉄道路線。盛岡-宮古間は閉伊街道(現国道106号線)沿いを走る山岳区間、宮古-釜石の区間は三陸海岸沿いを走り、気仙沼線・大船渡線・三陸鉄道などとともに「三陸縦貫鉄道」を構成するとのこと。当方は今回は、宮古-盛岡間、2時間強のテツの旅を。楽しみだ。

IMG_4266
JR山田線宮古駅に入線してきた盛岡行き快速「リアス」、二両編成。久しぶりだな。三陸を通る気動車。キハ110。典型的なローカル線。今日の宮古は曇り。天気の好転を期待したいが・・・。

IMG_4268JR山田線の快速「リアス」に座席テーブル付き車両が登場。盛岡駅で弁当の試験販売も実施
初めて見た。テーブル付きのキハ110。これは良いアイデア。テツの旅が楽しくなる。嬉しいな。調べたら、こういう記事が。この車両に当たったということだな。JR山田線の快速「リアス」に座席テーブル付き車両が登場。盛岡駅で弁当の試験販売も実施

IMG_4276IMG_4280
陸中川井〜川内間、閉伊川を望む。天気が少し良くなってきた。きれいだよな。

IMG_4285
同区間の鉄路を、最後尾の窓から。未電化路線特有の架線のない、空を妨げるものがない車窓、いいな。写真のブレは、大目に見てやってくださいね。

しばらくして、分水嶺を超える。区界と松草の間。この区間は川に沿っていない。三陸側に流れていた川の流れが、トンネルを超えたら盛岡側に変わる。そんなドラマティックな展開はないが、分水嶺に向け上り坂で苦しそうだった気動車のエンジンが、峠越えで急に楽になり、スピードを上げてくる。これは感じられた。気動車、これまでの上り坂、お疲れさんだったなぁ。

IMG_4288
上米内。晴れ間が見えて来た。ホームに降りたら、草の香りがしたな。

IMG_4289
しばらくして盛岡に到着。ここからは東北新幹線に乗り換え、八戸まで。山田線と新幹線とでは、デザインもスピード感もまるで違うな。まあ、どちらも愛すべき存在ではあるが。

2011年以降の山田線は、苦難続き。まず2011年3月15日の東日本大震災では、かなりの期間鉄路が寸断され、2015年にも集中豪雨の影響で上米内~川内間が不通になっていた。
山田線 盛岡~宮古間、11月5日から直通運転再開…快速リアスも運行

山田線はまた、岩手出身、かの原敬首相が無理やり引いたいわゆる「我田引鉄」線として有名。う~む。でも、テツの当方としては実に大満足。原敬首相、素晴らしいローカル線を引いてくれましたね。よかよか(笑)次号に続きます。

秋の青森・八戸・宮古と旅へ ⑤3度目の浄土ヶ浜旅館

浜口です。先週末のNY株式が目先、ようやくコツンと。今週の日本株、まずは上昇して始まるだろうが。どうなるか・・・
秋の青森・八戸・宮古と旅へ ④八戸市営魚菜小売市場から宮古への続きを。

旅の3日目。昨日までは2日とも晴れに恵まれたが、この日は全くだめだ。雨・雨・雨。まるで観光する気になれない。

まぁそれでも構わない。講演会仕事含め、当方が宮古に行くのはこれで5回目。宮古の観光名所である浄土ヶ浜にはそのうち2回、晴れの日に行っている。今回宮古に立ち寄るのは、久しぶりに浄土ヶ浜旅館を訪れること。ここは当方が知る限り、ホスピタリティーNo.1の宿。3度目の宿泊。う〜む。目頭が熱くなるな。
JR宮古駅に到着。ここもWi-Fiが使えるようになったんだな。チェックインまで少し時間がある。今回の旅のまとめをここでしながら、送迎を待つことにしよう。

IMG_4245
宿に到着。部屋に通してもらう。変わらず、いい感じ。

IMG_4254
夕食の前。ワインを少し部屋飲みしながら、ブログを執筆。「ワイングラスを」と頼むと、ボルドーグラスを出してくれるのが嬉しい。

IMG_4247IMG_4249
夕食。2年前、そして6年前に訪れた時を思い出す。今日も文句なしに旨し。前回と同じ感想。とにかく、「つくりおき」していないからだろうな。刺身も焼き物も煮物も、味が際立っている。

あと下の写真、これが今回の目玉かな。あんかけウニ飯。雲丹炊き込みご飯おにぎりに雲丹餡をかけ生雲丹を添えた、ウニ尽くしの逸品。う〜む。なんとも旨し。おにぎりと餡のバランスが絶妙で、おにぎりが口の中でほろっとなる瞬間、ウニの風味が口いっぱいに広がる。
加えて左上にちょこっと見える海藻スープもいい感じ。めかぶ、岩のり、そして三陸の高級海藻であるまつもが入っていると。ほのかに海の香りが感じられ、これがあんかけウニ飯とよく合う。美味しだったな。1時間かけての夕食。この上なく満足。

IMG_4253
夕食を終えて戻ってきたら。このホテルならではのおもてなし。右のポットには冷たい水がたっぷりと入っている。「ワインのチェイサーにどうぞ」と言わんばかり。こういう気遣い、おもてなしがあるから参ってしまうんだよな。

IMG_4259IMG_4260
朝が来た。朝食前に腹ごなしの散歩。今日も天気は良くないな…と、散歩中に岩手県海上警察の方・漁業協同組合の方たちの話を聞く機会が。下の写真の高い堤防。これは東日本大震災後にできたんでしょうねと尋ねたら。

違う。この堤防はその前からあった。震災の時はこれを乗り越えて津波が来た。そんなものが来るとは考えられなかった。それほどに想定外の津波だった。この近くにある岩手銀行支店は、天井まで水が行ったと。それ以外にも、類する話、震災に関する話を様々に聞かせてもらった。やはり・・・大変だったんだな。

IMG_4264
朝食。やはり旨し。2年前とほぼほぼ同じ内容かな。文句なしに旨し。

当方、若女将さんに尋ねた。夕食を食べてる人が少ないな。今日は平日だから、空いてるのかな?曰く。「今日も満室ですよ。でもね。この宿は平日はビジネスで宿泊する人が多くて、素泊まりか朝食だけの人ばかりなんです。昨日浜口さんが夕食を食べ終えた、それ以降にチェックインする人も多いんですよ」と。そうなんだ・・・でもこの宿泊まるのに2食付きにしないというのは、あまりにも、もったいないなぁ。

浄土ヶ浜旅館、今回も快適に過ごさせてもらった。おススメだが。ただ・・やや残念だったのは、件の若女将さんと話が出来たのがチェックインと夕食の時、少しだけだったこと。まあ恐ろしく多忙な方だし、震災前は5部屋の宿が立て替えたは10部屋近くとなり、スタッフの数も増えてるからな。如何ともしがたいのだと思う。

さて・・・3泊4日の旅が終わる。帰路に着こう。

秋の青森・八戸・宮古と旅へ ④八戸市営魚菜小売市場で朝食を、そして宮古へ

浜口です。海外はやや軟調、微妙な動きかな。さて・・・年末休みですね。秋の青森・八戸・宮古と旅へ ③八戸のみろく横丁への続きを。

今日の朝食はホテルでは取らずに。JR八戸線の陸奥湊駅近くにある、八戸市営魚菜小売市場に食べに来た。ここは前回八戸に泊まった折にも訪れていて、実に感動したことを覚えている。今回も最高だったな。

IMG_4199
IMG_4195
市場で朝食。近くに魚介のお店がたくさんあるので様々に買い求め、奥に設置されている食事コーナーでいただく。まずは上の写真にあるように。100円のご飯と200円の大きなわかめのお味噌汁を買い求める。

今回の魚介は、すじこ、生たらこ、うに、大量の平目の縁側の刺身。どれも美味くて安い。最高!。ご飯が進むこと進むこと。当方、最初は「ご飯、少なめにお願いします」と頼んだが、魚介があまりにも旨く、つい、さらに100円払ってお代わりをしてしまった。こんなこと、初めてだな。。。

IMG_4198
焼きウニの断面を。ハマグリの貝殻の中にこんなにたっぷり、ウニが乗っけられている。たまらんな。これで400円・・・その右のピンクの魚はヒラメのエンガワ。う~む。こんなに大量のエンガワを食べること、あるだろうか。今年の三陸は、ヒラメが大漁で、しかも型がいいらしい。

IMG_4192IMG_4194
魚介を売っているお店。女性は、イサバのカッチャ(魚売りのお母さん)と呼ばれている。いい感じだよな。
これ以外にもさんまの塩焼き200円もいただいた。なんとも脂が乗りまくっていて。ジュクジュクと脂にまみれているような、そんな美味いさんま。最高だったなぁ。

まあ・・以前来た時と比べると、全般的に価格が少し上がっている印象は否めない。それでもなお、とても割安、そしてこの上なく美味い。ここはオススメ。朝5時から10時までやっているらしい。

IMG_4203
地元の大学生かなぁ。8人組。この市場で朝食をいただいている。なんとも微笑ましいというか、羨ましくもあるな。彼らは9時半ごろ来ていたな。

さてさてこれから。JR八戸線陸奥湊10時22分発で久慈へ。そこで三陸鉄道に乗り換え、宮古に向かう。
IMG_4211
IMG_4216
JR八戸線。新しい車両が導入されたな。写真は陸中八木と有家間の車窓。雨だな・・・

IMG_4238
久慈に到着。ここから三陸鉄道に乗り換える。宮古が近くなってくる。とはいえまだ、2時間はかかるが。

IMG_4234
三陸鉄道が発車する前の久慈駅。驚いた。かつて東日本大震災の2週間前に訪れ講演会を行った地銀の久慈支店と、その日泊まったホテルとが、仲良く並んでいた。あの時も今日と同じ旅程で、八戸から宮古に向かっていた。あの頃のことがよみがえる。懐かしいが・・・それにしても、まさかあんな地震が来るとは。予想だに出来なかったな・・・
IMG_4243
三陸鉄道の大沢橋梁。晴れていればとても風光明媚なんだが。見ての通りで…

JR八戸線・三陸鉄道ともこの日は天気が悪く、車窓は冴えなかった。ゆえにアップはここまで。晴れている日には、美しさは劇的に変化するんだけどな。

宮古に到着。次回に続きます。