企業収益、けん引役は欧・アとの記事

5月16日の日経総合面の、「企業収益、けん引役は欧・ア」という見出しの記事が眼を引きました。引用しますと・・・企業業績は堅調な世界景気や円安の追い風を受け、輸出企業主導で今期、五期連続の最高益に挑む(中略)。今回の決算の特徴は海外需要が牽引したこと。なかでも景気拡大が続くアジアや欧州などの比重が高まり、従来の米国頼みの収益構造が鮮明になってきたことだ・・・とのこと。個別企業では、世界景気の恩恵を受けたコマツ・商船三井、為替の恩恵を受けたニコン・川崎重工、資源高の恩恵を受けた東レ、住友商事などが紹介されています。

この記事は、現状を一言で語っている、よくまとまった記事と考えます。確かに指摘の通りで、要はここ数年の業績好調企業は概して言えば、グローバル展開できており、海外の好景気の恩恵を享受できた企業。このような企業の株価が上昇している一方、海外好景気のメリットを受けることが出来ない地味目の内需型企業については、株価が安値に放置されているケースが多い・・・・これが現状といえましょうね

ポイントは、海外の好景気が国内にも波及するのかですね。当コーナーで紹介している低位バリュー銘柄は、地味め内需株の色彩の強い銘柄が多いのです。これらPBRで割安に放置されている銘柄の業績が好転するのか、もしくはこれら銘柄群に対するセンチメントが好転するのか。小生は、景気循環面からの強気要因も手伝い、国内景気も改善し、地味め内需株についても循環物色の展開になると考えているのですが、現状では、こう考えているのは少数派なのでしょうね・・・・。しかし個人的には、センチメントの改善は時間の問題と考えているのですが。

「200万円を4億1000万円にした
                          投資手法を期間限定で公開中!」

slide1 株式投資により200万円の資金を4億1000万円にしたGomatarou氏が3回の動画でGomatarou流トレード手法を公開しています。

【11月9日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「200万円の資金を205倍の4億1000万円まで増やした手法」
1回目の映像では200万円の資産を4億1000万円に増やしているGomatarou氏が実践している手法の中から長年にわたって収益源としている手法ご紹介致します。映像ではGomatarou氏の3つのトレードポイントもお伝えしますので、絶対に見逃さないでください。

【11月13日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「合計約300万円の利益をあげた逆張り手法」
2回目の映像ではGomatarou氏が得意としている逆張りトレードについてお伝えします。映像では東芝株の急落を利用して数日間で48万円の利益をあげた事例をご紹介します。

【11月16日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「ストップ高を狙って合計330万円の利益をあげた方法と資金管理」
3回目の映像では短期間で大きな収益を狙うことができるストップ高を利用したトレード方法についてお伝えします。また、資産を200万円から4億1000万円まで増やした「Gomatarou流資金管理法」についてもお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)