コメントへの返答・・・長プラ6%の時代

馬骨様、「金利上昇懸念というが・・・」に対するコメントをありがとうございます。参考になりました。
まずは以下に引用させていただきます。

『(かつては上司の銀行の役員から)長期プライムが6%以下だと異常体質、6%台だとほぼ適正、7%以上だと病気だと思いなさい、と言われました。
その後、バブル時代を迎えるまではこの一言が、大体経済の実態を表していたように思います。
バブル時代以降は、この一言は全く意味がなくなってしまいましたが、戦後を生きてきた銀行員にとっては、金利についてのこういう感覚が常識だったんだと思います。』

以上は、当方が「行動ファイナンスの分析では、人間は、足元で長く続いている状況が、今後とも継続するという考え方を過大評価しがちなものです。でも1990年以降だけをとっても、長期金利は8%から1%割れの推移ですよね。」と書いたことに対しコメントしていただいたと受け止めました。

現状では長期金利は1%から2%が常識(?)ですが、馬骨様が書かれた「バブル時代を迎えるまで」の頃の長期プライムレートは、確かにこんなもんだったんですよね。当時は興銀が新規発行する5年物の利付金融債の表面利率に0.9%上乗せした金利が長プラの水準になっていたわけですから、馬骨様は80年代前半の金利水準をイメージされているのでしょうね。馬骨様は1981年に銀行員になられたとの事で、そのときの印象からコメントされているのだと思います。

ちなみに私は、1987年に銀行に入社し、この時は金利はもう少し低い水準でした。当時は89回長期国債が急上昇、金利は2.55%まで低下しました。長期金利が2.55%、これは前代未聞、歴史的な低金利といわれていましたたんですからね。確かこのときの公定歩合は2.5%だったと思いますが。

経済の潜在成長率の変化等、日本経済に様々な構造的な変化があったことを踏まえてもなお、現状の金利水準は、長期的にはあきらかに常軌を逸していると思いますよ。現状の一次産品の商品市況推移を踏まえると、特にね。

柳橋流イベント投資法を期間限定で無料公開中!                          

slide1 わずか数日から数週間で数十万円~数百万円を稼ぐことのできるイベント投資法。夕凪氏の手法を進化させた柳橋流イベント投資を3回の動画で学ぶことができます。期間限定の公開ですので、今すぐご覧ください。

【9月12日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「毎月安定して利益をあげられる株主優待先回り投資」
1回目の映像では再現性と優位性の高い投資手法であるイベント投資について、投資手法の魅力と概要をご紹介します。そして、株主優待先回り買いというイベント投資の手法を仕組みや取引事例をご紹介します。後半ではイベント投資を実践する柳橋氏が株主優待先回り買いの最新の事例をお伝えします。

【9月16日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「イベント投資とIPOを組み合わせた投資手法」
2回目の映像ではイベント投資について、IPO投資と組み合わせた投資手法をご紹介します。この手法では、IPO投資のIPO特有の値動きを利用することで、大きな利益を狙うことができます。この映像では、上場日当日に使える戦略のほか、上場直後、上場後というタイミングに応じた戦略を公開します。

【9月19日(木)  18:00 第三回動画公開スタート】
「ファンドの動きを利用するインデックス買い投資法」
3回目の映像ではイベント投資について、インデックス買いというイベント投資の手法を仕組みや取引事例をご紹介します。この手法は株価指数に特化した優位性の高い手法です。この映像では、イベント投資を実践する柳橋氏がインデックス買いについて最新の事例をお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)