コメントへの返答・・・長プラ6%の時代

馬骨様、「金利上昇懸念というが・・・」に対するコメントをありがとうございます。参考になりました。
まずは以下に引用させていただきます。

『(かつては上司の銀行の役員から)長期プライムが6%以下だと異常体質、6%台だとほぼ適正、7%以上だと病気だと思いなさい、と言われました。
その後、バブル時代を迎えるまではこの一言が、大体経済の実態を表していたように思います。
バブル時代以降は、この一言は全く意味がなくなってしまいましたが、戦後を生きてきた銀行員にとっては、金利についてのこういう感覚が常識だったんだと思います。』

以上は、当方が「行動ファイナンスの分析では、人間は、足元で長く続いている状況が、今後とも継続するという考え方を過大評価しがちなものです。でも1990年以降だけをとっても、長期金利は8%から1%割れの推移ですよね。」と書いたことに対しコメントしていただいたと受け止めました。

現状では長期金利は1%から2%が常識(?)ですが、馬骨様が書かれた「バブル時代を迎えるまで」の頃の長期プライムレートは、確かにこんなもんだったんですよね。当時は興銀が新規発行する5年物の利付金融債の表面利率に0.9%上乗せした金利が長プラの水準になっていたわけですから、馬骨様は80年代前半の金利水準をイメージされているのでしょうね。馬骨様は1981年に銀行員になられたとの事で、そのときの印象からコメントされているのだと思います。

ちなみに私は、1987年に銀行に入社し、この時は金利はもう少し低い水準でした。当時は89回長期国債が急上昇、金利は2.55%まで低下しました。長期金利が2.55%、これは前代未聞、歴史的な低金利といわれていましたたんですからね。確かこのときの公定歩合は2.5%だったと思いますが。

経済の潜在成長率の変化等、日本経済に様々な構造的な変化があったことを踏まえてもなお、現状の金利水準は、長期的にはあきらかに常軌を逸していると思いますよ。現状の一次産品の商品市況推移を踏まえると、特にね。

ふりーパパ式成長株投資法の集大成を期間限定で公開中!                          

slide1 上方修正後の株価上昇を巧みに利用した投資手法を3つの無料動画で公開中です。

【8月8日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「数倍にもなる銘柄を誰よりも早く見つける方法」
1回目の映像では成長株投資法を長年実践し、これまで4億円以上稼いでいるふりーパパ氏が成長株投資法について、 数倍以上になる銘柄を誰よりも早く見つける方法についてお伝えします。

【8月12日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「1年間で10倍以上に値上がりした銘柄の見極め方」
2回目の映像では成長株投資法について、ペッパーフードサービスの銘柄を事例にして、 成長株を発掘する大事なポイントを4つ紹介します。 この4つのポイントは成長株投資には欠かせません。今回の事例で実感してください。

【8月15日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「儲けるための売買法とそのタイミング」
3回目の映像では成長株投資法について、ふりーパパ氏の手法を イメージしてもらうために2つの売買事例を特別に公開します。 後半では手法に重要な「ボックス売買法」と「ポイント&フィギュアチャート」 について、具体的にお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)