【コメントへの回答】低位株の月足について

浜口です。豹さんのご質問に再度お答えします。下記に引用させていただきます。

質問1.浜口先生がその月足と言われるのは主に何の月足をさすのでしょうか?何か独自の低位株指数(浜口選定銘柄指数等)を付けられていて、それを元にグラフ化されているのでしょうか?単に低位個別銘柄の月足グラフをひとつひとつ全部みての見た感じ(個別で見ると上げ下げがいろいろ出るためばらつきあがりますよね?)で判断されているのでしょうか?
          

回答:
私の見方は、豹さんが想像されるより、はるかにアバウトですよ(笑)。特に指数を決めて見ている訳ではありません。低位株指数といった便利なものがあれば良いのですが、東証とかそのような公の機関が発表しているものはないですよね。林投資研究所がFAI指数を出していますが、これは母集団がFAI銘柄に限定されてますし、株価が700円、800円と上昇したものも含まれてますよね。なお自分では、低位株指数は作ってません。わざわざ合成値グラフ類自体を見る必要はないと考えています。

私は、自分が注目している銘柄の月足をフォローし、ラフに右肩上がりだなと受け止めている程度です。当コーナーで2007年05月12日(土)に披露したhttp://hamaguchi.enjyuku-blog.com/archives/2007_05_10_1.htmlの月足を順番に見て判断しているようなイメージです。

質問2.自分も月足を手書きで描いてそれを相場観のよりどころにしています。ただ、テクニカル分析上では、下値を切り上げているが、直近の上値を切り上げていかない限りは上げ相場ではなく、『持合相場で、持ち合い時期の中の単なる上げ傾向時期』にすぎないという見方もございます。要は新高値を取っていて、初めて上げ相場ではないのか?という解釈です。
     
回答:
これもあんまり厳密に考えていません。上記した低位株の月足右肩上がりのトレンドが続いている間は、相場は上昇中とラフに認識する、これだけです。過去を見ると(どの銘柄での結構ですが、例えば3529アツギの月足を見てください)、例えば97年の相場は、明らかに右肩下がりですよね?98年から2003年は、ボックス相場ですよね?2003年以降は、97年の相場あるいは98年から2003年の相場とは明らかに異なり、底打ち後上昇してますよね。この程度の理解で十分だと思います。
ご指摘の「下値は切り上げているが、新高値は取ってきていない」状況は、底打ち後右肩上がりになっているトレンドの中での持ち合い局面と認識すれば良いのではないでしょうか?時間の問題で上に離れていく可能性が高いと思いますが、どうでしょう?楽観的過ぎますか?

現状考えるところを申し上げれば:
デフレ局面が終了し景気循環の「第三の黄金サイクル」を迎える中、ここまで割安なバリュエーションにある低位バリュー株が上昇しないわけがない、底値から上がったとはいえ、この程度の相場、この程度のバリュエーションで天井打ちすると考えるのは現実的ではない、以上から株価は時間の問題で上昇すると思っているので、月足を神経質に見るまでもない・・・・といったところが本音です。

それでは

柳橋流イベント投資法を期間限定で無料公開中!                          

slide1 わずか数日から数週間で数十万円~数百万円を稼ぐことのできるイベント投資法。夕凪氏の手法を進化させた柳橋流イベント投資を3回の動画で学ぶことができます。期間限定の公開ですので、今すぐご覧ください。

【9月12日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「毎月安定して利益をあげられる株主優待先回り投資」
1回目の映像では再現性と優位性の高い投資手法であるイベント投資について、投資手法の魅力と概要をご紹介します。そして、株主優待先回り買いというイベント投資の手法を仕組みや取引事例をご紹介します。後半ではイベント投資を実践する柳橋氏が株主優待先回り買いの最新の事例をお伝えします。

【9月16日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「イベント投資とIPOを組み合わせた投資手法」
2回目の映像ではイベント投資について、IPO投資と組み合わせた投資手法をご紹介します。この手法では、IPO投資のIPO特有の値動きを利用することで、大きな利益を狙うことができます。この映像では、上場日当日に使える戦略のほか、上場直後、上場後というタイミングに応じた戦略を公開します。

【9月19日(木)  18:00 第三回動画公開スタート】
「ファンドの動きを利用するインデックス買い投資法」
3回目の映像ではイベント投資について、インデックス買いというイベント投資の手法を仕組みや取引事例をご紹介します。この手法は株価指数に特化した優位性の高い手法です。この映像では、イベント投資を実践する柳橋氏がインデックス買いについて最新の事例をお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Comments

  1. 先生の考えは大変よく理解できました。
    楽観的過ぎるかどうかは、神のみぞ知るところでしょうw。
    詳細なご回答、ありがとうございます。

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)