書評:『株でゼロから30億円稼いだ私の投資法』

浜口です。今回はパンローリングHP「渡辺幹夫のエトセトラ」コーナーに7月31日付で掲載されている記事のさわりを抜粋し、紹介させていただきます。皆さんのご参考になれば。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

自宅の本棚の整理をしていたら、遠藤四郎氏が書いた『株でゼロから30億円稼いだ私の投資法』(エール出版)が出てきた。みなさんはこの本をご存じだろうか?初版は1997年6月15日。当時は一部でかなり話題になった本である。低位株投資に興味がある向きには、一読の価値ある本と思われる。当コーナーでお勧めしている低位バリュー株投資戦略と重なる部分が大きいからだ。現在同著は絶版だが、Amazon.comで検索すれば古本を購入することができる。

ここから先は
http://www.panrolling.com/stock/mikio.htmlをご覧ください。

「200万円を4億1000万円にした
                          投資手法を期間限定で公開中!」

slide1 株式投資により200万円の資金を4億1000万円にしたGomatarou氏が3回の動画でGomatarou流トレード手法を公開しています。

【11月9日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「200万円の資金を205倍の4億1000万円まで増やした手法」
1回目の映像では200万円の資産を4億1000万円に増やしているGomatarou氏が実践している手法の中から長年にわたって収益源としている手法ご紹介致します。映像ではGomatarou氏の3つのトレードポイントもお伝えしますので、絶対に見逃さないでください。

【11月13日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「合計約300万円の利益をあげた逆張り手法」
2回目の映像ではGomatarou氏が得意としている逆張りトレードについてお伝えします。映像では東芝株の急落を利用して数日間で48万円の利益をあげた事例をご紹介します。

【11月16日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「ストップ高を狙って合計330万円の利益をあげた方法と資金管理」
3回目の映像では短期間で大きな収益を狙うことができるストップ高を利用したトレード方法についてお伝えします。また、資産を200万円から4億1000万円まで増やした「Gomatarou流資金管理法」についてもお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Comments

  1. 平和不動産屋 says:

    ご紹介の本、古本にて買いました。
    当時、最大評価損の割合が、どの程度だったのか知りたいですが、知りようがないですね。
    H先生の穀物のサヤ取りの記録の中で、「名人でも途中ひかされている(評価損がある状態)時があったのが分かり、安心した」というような所がありましたが、…。
    まだ、ざっとしか目を通してないのです。

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)