低位バリュー銘柄は一時的な需給悪局面か?

浜口です。マスコミレベルではあいかわらずピーチクパーチク弱気がしつこく唱えられているものの、株式市場は超弱気のセンチメントがやや後退した感がありますね(もちろん、2番底の可能性は多いにあり得るのでしょうが)。

このような中、ここのところ低位バリュー株に、パフォーマンスが劣後しておりぱっとしない銘柄が多い状況です。

この背景としては、新興市場の影響に加え、今年の3月にかけて信用買い残が増加している、あるいはこの時に高水準だった銘柄が多く、その期日に伴う売りが需給の足を引っ張っている部分が大きいように思われます。

高値買いしてその後手仕舞いのチャンスがなく、ここにきて期日から手仕舞いを余儀なくされている売りが高水準となっている。一方で日々の下落から、買いの手は引っ込む・・・・・この一時的な需給悪の影響が大きいように思われます。しかしこの手の売りは反対売買が終わればすればスケジュール的に終了する類のものなので、ここ1~2週間で、需給関係はかなり改善すると期待している次第です。

まあこの手の銘柄は不人気銘柄、Neglected firm(市場に無視された企業の意味)である部分が大きいので、市場の戻りには遅行する宿命がありますよね。但しこれをポジティブに考えればその分、買いで出遅れても、まだ間に合う可能性が高いということかもしれませんが・・・

「200万円を4億1000万円にした
                          投資手法を期間限定で公開中!」

slide1 株式投資により200万円の資金を4億1000万円にしたGomatarou氏が3回の動画でGomatarou流トレード手法を公開しています。

【11月9日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「200万円の資金を205倍の4億1000万円まで増やした手法」
1回目の映像では200万円の資産を4億1000万円に増やしているGomatarou氏が実践している手法の中から長年にわたって収益源としている手法ご紹介致します。映像ではGomatarou氏の3つのトレードポイントもお伝えしますので、絶対に見逃さないでください。

【11月13日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「合計約300万円の利益をあげた逆張り手法」
2回目の映像ではGomatarou氏が得意としている逆張りトレードについてお伝えします。映像では東芝株の急落を利用して数日間で48万円の利益をあげた事例をご紹介します。

【11月16日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「ストップ高を狙って合計330万円の利益をあげた方法と資金管理」
3回目の映像では短期間で大きな収益を狙うことができるストップ高を利用したトレード方法についてお伝えします。また、資産を200万円から4億1000万円まで増やした「Gomatarou流資金管理法」についてもお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)