コメントに対する回答【新興市場・IT系の見方】

浜口です。Nabe59様、セミナーを評価していただき、ありがとうございます。一点だけコメントいたします。

>新興系やIT系の株の見方、PERの評価について、明快で、ファンドマネージャーの方々の考え方が、
>一般とはかなりことなることも知ることができました。セミナーでなければ聞けない話だったと思います。

ご指摘の話は、年金系アクティブ・ファンドマネージャーの話と受け止めてください(ヘッジファンド・投信等の中小型株ファンドマネージャーの場合は、事情が異なるかもしれません)。

年金系マネージャーは、新興市場銘柄については、そもそもそれほど期待していないですし(そんなに簡単に成長できたら苦労しない、開示も含め怪しい会社が少なくない、そもそもなんで歴史のある時価総額上位銘柄と新興市場銘柄とを同列で扱うことが出来るのか?とのスタンス)、また流動性が低いので、投資対象になる銘柄はきわめて限定的です。

一方で、特にIT系の見方については、これは当方独自の考え方と受け止めてください。つまりファンドマネージャーの多くは、現在はともかく、以前はIT系に期待していた人がかなり多かったものです。

同じような運用哲学・相場観ではライバルに差をつけることは出来ないため、私はこれまで、意識して他のファンドマネージャーと異なる、非凡な運用を心がけてきました。IT中心の運用がコンセンサスなら、じゃあ私はオールドエコノミー中心、そして本当にこれで良いかなと自問自答・・・こんな具合にね。常にこういったことを意識してきました。

ファンドの運用は、TOPIXとの戦いであるとともに、他のファンドマネージャーとの戦いでもあります。特に年金運用の場合、その色は濃くなります。ファンドマネージャーは生き残るため、パフォーマンスの面でライバルに差をつける必要があります。一例ですが、ある年金基金が5つの運用機関(信託銀行、投資顧問会社など)に運用委託している場合、年次パフォーマンスが第五位の会社はシェアを削られるかキャンセルとなり、トップの会社がそのかなりを持っていくケースが多いのです。

このような運用の中では、成功しに行くことよりも、失敗を最小限に留める(最下位にならない)運用が重要なケースも多いのです。私はIT系は事業の競争が激しいのに参入障壁が低く、何かあればすぐ株価が暴落するという思いが従来から人一倍強く、大きなミスを犯さないためにも、組み入れには常に消極的ですね。現在もこの考えは変わりませんが。

個人の運用の場合でも、勝ちに行くのも大事ですが、いかに大負けしないか、生き残るかは、さらに重要ですよね。
生き残ってさえいれば、相場に留まってさえいれば、大儲けのチャンスはいつかやってくるものです。

「200万円を4億1000万円にした
                          投資手法を期間限定で公開中!」

slide1 株式投資により200万円の資金を4億1000万円にしたGomatarou氏が3回の動画でGomatarou流トレード手法を公開しています。

【11月9日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「200万円の資金を205倍の4億1000万円まで増やした手法」
1回目の映像では200万円の資産を4億1000万円に増やしているGomatarou氏が実践している手法の中から長年にわたって収益源としている手法ご紹介致します。映像ではGomatarou氏の3つのトレードポイントもお伝えしますので、絶対に見逃さないでください。

【11月13日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「合計約300万円の利益をあげた逆張り手法」
2回目の映像ではGomatarou氏が得意としている逆張りトレードについてお伝えします。映像では東芝株の急落を利用して数日間で48万円の利益をあげた事例をご紹介します。

【11月16日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「ストップ高を狙って合計330万円の利益をあげた方法と資金管理」
3回目の映像では短期間で大きな収益を狙うことができるストップ高を利用したトレード方法についてお伝えします。また、資産を200万円から4億1000万円まで増やした「Gomatarou流資金管理法」についてもお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)