「さよならサブプライム」

浜口です。大和総研のシニアストラテジスト成瀬順也氏による9月27日付けレポート「さよならサブプライム」全11ページが注目されているとの記事が、先般、日経金融のスクランブルにありました。当方もこのレポートを一読しましたが、概ね頷ける内容でした。関心のある向きは、大和證券に求めてみたらどうでしょう?

以下、レポートの「要約」を引用させていただきます。

NYダウは史上最高値目前。大幅利下げと証券の決算でサブプライム問題はクライマックスの前半戦を無事通過した。追加利下げと銀行の決算により、米国株は上昇トレンドを取り戻すだろう。2008年前半にかけては、外需関連とハイテク主導の株価上昇が期待できる。ただし、住宅市場に回復の兆しはない。米国経済は、これまでの余熱でこの冬こそ乗り切れようが、来年後半にはスタグフレーションもしくは減益になるリスクもある。2008年の米国株には大幅調整の可能性も

以上に加え、レポート本文にある記載の中で、以下の3点が目を引きました(一部、私の裁量により太字にしています(笑)。

・7-9月期決算発表が始まれば、米国株は明確にボックス圏を突き破るだろう。もちろん上へ。
・0.5%の利下げが「大幅」であるのは、金融市場に対しての話。信用収縮に歯止めはかけられても、住宅市場に対しては焼け石に水。回復の兆しは全く見えてこないのである。
・ただし米国経済における住宅投資のウエイトはわずかに5.8%(2006年名目GDPベース)住宅販売の低迷は、当然、在庫の増加(もしくは高止まり)につながり、価格の下落を促す。となれば、同70%を占める個人消費への悪影響が懸念される。
来年央が米国株の天井に。

当面、日本株のcacth up相場なのでしょうかね?それでは。

「200万円を4億1000万円にした
                          投資手法を期間限定で公開中!」

slide1 株式投資により200万円の資金を4億1000万円にしたGomatarou氏が3回の動画でGomatarou流トレード手法を公開しています。

【7月11日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「200万円の資金を205倍の4億1000万円まで増やした手法」
1回目の映像では200万円の資産を4億1000万円に増やしているGomatarou氏が実践している手法の中から長年にわたって収益源としている手法ご紹介致します。映像ではGomatarou氏の3つのトレードポイントもお伝えしますので、絶対に見逃さないでください。

【7月12日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「合計約300万円の利益をあげた逆張り手法」
2回目の映像ではGomatarou氏が得意としている逆張りトレードについてお伝えします。映像では東芝株の急落を利用して数日間で48万円の利益をあげた事例をご紹介します。

【7月18日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「ストップ高を狙って合計330万円の利益をあげた方法と資金管理」
3回目の映像では短期間で大きな収益を狙うことができるストップ高を利用したトレード方法についてお伝えします。また、資産を200万円から4億1000万円まで増やした「Gomatarou流資金管理法」についてもお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)