ブラックマンデーから20年

浜口です。まだ微熱でフラフラしてます(笑)。

幸せな投資家さんの書かれている通り、10月19日(金)はブラックマンデーから20年ですね。起こったのは1987年ですからね。

私は当時駆け出しのファンドマネージャーで印象が強烈、この時のことがトラウマになってまして、今でもたまに朝目が覚めると「イヤな予感がする!!まさかNYは大暴落してないよな?」という不安がよぎることがあります。

でも当時の仲間とは不思議な連帯感があるのか、毎年ブラックマンデーの時期近くに宴を開くことにしてます。今年の会も、先週やりましたが(笑)。

ちなみに当時覚えていることを少々書きますと、米ブラックマンデーの翌日は、東証一部の主要銘柄で寄ったのは日石、帝石、住友金属鉱山ぐらいで、それ以外はすべからくストップ安。外人売りが主因でした。翌日はNYが急騰したため、ほとんどがストップ高。買いはほとんどが個人の押し目買いだったといわれてます。

その後相場全体は乱高下しながらも、2ヶ月後に年末にかけ日米とも2番底をつけ、その後は日本は1989年末まで上昇、米国は直近まで上昇しっぱなしといった状況ですね。

たしかブラックマンデー直前にFRB議長がボルカー氏からグリースパン氏に代わり、グ氏は流動性の大量供給を実施したのだったと思います。おかげで日本は利上げできず、これがバブルにつながったのはご存知の通りですね。

「ショック安とそれに対する当局の対応」という点から、今回のサブプライムと米ブラックマンデーを比較する向きがいますが、確かにうなづける点はありますね。「ショック安後の棒上げ相場」という部分も似ていれば良いのですがね・・・・。

取り留めがなくなりました。この辺で。

柳橋流イベント投資法を期間限定で無料公開中!                          

slide1 わずか数日から数週間で数十万円~数百万円を稼ぐことのできるイベント投資法。夕凪氏の手法を進化させた柳橋流イベント投資を3回の動画で学ぶことができます。期間限定の公開ですので、今すぐご覧ください。

【5月16日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「30万円を2800万円まで増やした事例を公開」
1回目の映像では再現性と優位性の高い投資手法であるイベント投資について、投資手法の魅力と概要をご紹介します。そして、株主優待先回り買いというイベント投資の手法を仕組みや取引事例をご紹介します。後半ではイベント投資を実践する柳橋氏が株主優待先回り買いの最新の事例をお伝えします。

【5月20日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「たった1日で30万円稼いでしまった投資法」
2回目の映像ではイベント投資について、公募増資というイベント投資の手法を仕組みや取引事例をご紹介します。この手法は年間の収益機会が多い手法です。また、後半ではイベント投資を実践する柳橋氏がイベント投資の利益を爆発的に増やすためにもう一つのイベント投資を公開します。

【5月23日(木)  18:00 第三回動画公開スタート】
3回目の映像ではイベント投資について、インデックス買いというイベント投資の手法を仕組みや取引事例をご紹介します。この手法は株価指数に特化した優位性の高い手法です。また、後半ではイベント投資を実践する柳橋氏がインデックス買いについて最新の事例をお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)