良いトラックレコードは不幸の始まり?

浜口です。読書の秋なんでしょうか?今回も新聞の記事紹介です。

本日の日経金融1面の「独眼複眼」というコラムに、感銘を受けたコメントがありました。

ヘッジファンドに投資する場合、判断基準になるのが「トラックレコード」と呼ばれる過去の運用実績。確かに実績にはある種の説得力はあるが、良いトラックレコードはむしろ、今後その運用がうまくいくための「資源」が払底しつつあることを意味する場合もあるのだ。

重要なのは太字の部分です。「確かにそういう部分はあるよな!」と。

要は好パフォーマンスの実現は、「素晴らしいことが既に起こった後」という側面があるということですよね。既に起こったダシガラ状態の投資戦略に惹かれるのは、運用では一番遠慮しなければならない「相場の後追い」に足を踏み入れる危険に直面するのかもしれませんね。

多くの人は、現状起こっている状況を指摘され、「この状況は今後も続くぞ!」とクドかれると弱い。だから強気になっちやう。そして暴落。故に少数しか儲からない。一面の真理と言えますよね。

低位バリュー株投資戦略?これはまだ、ダシガラ状態になるほどのパフォーマンスを得ていないので、まだまだ大丈夫でしょう。

「200万円を4億1000万円にした
                          投資手法を期間限定で公開中!」

slide1 株式投資により200万円の資金を4億1000万円にしたGomatarou氏が3回の動画でGomatarou流トレード手法を公開しています。

【7月11日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「200万円の資金を205倍の4億1000万円まで増やした手法」
1回目の映像では200万円の資産を4億1000万円に増やしているGomatarou氏が実践している手法の中から長年にわたって収益源としている手法ご紹介致します。映像ではGomatarou氏の3つのトレードポイントもお伝えしますので、絶対に見逃さないでください。

【7月12日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「合計約300万円の利益をあげた逆張り手法」
2回目の映像ではGomatarou氏が得意としている逆張りトレードについてお伝えします。映像では東芝株の急落を利用して数日間で48万円の利益をあげた事例をご紹介します。

【7月18日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「ストップ高を狙って合計330万円の利益をあげた方法と資金管理」
3回目の映像では短期間で大きな収益を狙うことができるストップ高を利用したトレード方法についてお伝えします。また、資産を200万円から4億1000万円まで増やした「Gomatarou流資金管理法」についてもお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)