私の履歴書・・「昭和の野村証券のドン、田淵節也氏」

日経の私の履歴書に、「野村證券の大田淵」こと、田淵節也さんが書かれてますね。非常に個性が強い、80年代の超大物ですね。毎日、楽しみにしています。深くうなづきながら、読んでいます。

証券系の人たちの間で、この連載はかなり話題になってるようです。どちらかといえば、「私はノルマ営業はきらいだった」「ノルマ営業で野村を大きくしたのは、瀬川美能留社長だった」といった田淵氏のくだりに対し・・・・「先輩社長はもう故人だから、今なら何でも言えるよな」と言った意見が、多いようにも思えます。

私は銀行系が長かったので、証券系の人たちの昔のイケイケの野村に対する受け止め方、心情は、正直、よくわからないのですが・・・でも、ものすごい存在感の人、行動力の人、大田淵さんについては、個人的にはそう受け止めてます。当時の野村の人に聞いたら、それはもの凄い迫力だったとか・・・

おそらく1992年だったと思います。バブル崩壊後の株式市場を、田淵節也氏は、「海の色が変わった」と表現されていたと思います。え?野村證券の御大が?この発言??と戸惑った記憶がありますが、実際、そうなってしまいましたね。これからも、私の履歴書の連載を、楽しみにしたいと思います。

さて
当方、来週は仕事が忙しくなるので、書き込みは来週末以降になりそうです。以上は、
相場動向とは関係ありません(笑)。悪しからず。

ふりーパパ式成長株投資法の集大成を期間限定で公開中!                          

slide1 上方修正後の株価上昇を巧みに利用した投資手法を3つの無料動画で公開中です。

【8月8日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「数倍にもなる銘柄を誰よりも早く見つける方法」
1回目の映像では成長株投資法を長年実践し、これまで4億円以上稼いでいるふりーパパ氏が成長株投資法について、 数倍以上になる銘柄を誰よりも早く見つける方法についてお伝えします。

【8月12日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「1年間で10倍以上に値上がりした銘柄の見極め方」
2回目の映像では成長株投資法について、ペッパーフードサービスの銘柄を事例にして、 成長株を発掘する大事なポイントを4つ紹介します。 この4つのポイントは成長株投資には欠かせません。今回の事例で実感してください。

【8月15日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「儲けるための売買法とそのタイミング」
3回目の映像では成長株投資法について、ふりーパパ氏の手法を イメージしてもらうために2つの売買事例を特別に公開します。 後半では手法に重要な「ボックス売買法」と「ポイント&フィギュアチャート」 について、具体的にお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Comments

  1. ル・マン says:

    現在の相場は、「売りなのか・買いなのか」、「どのような銘柄を買っているのか」。もっと具体的にお願いします。

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)