裏五頭山荘と新潟のモクズガニ

浜口です。新潟旅行ネタをもうひとつ。

新潟といえば水の都。その「2大大河」というべきは、信濃川と阿賀野川。旅行初日に、阿賀野川の中流で行われている「阿賀野川ライン下り」に行ってきました。目的は阿賀野川周辺の紅葉散策に加え、この川で取れる、秋から冬にかけて旬になるモクズガニを食べることです。

場所は、ガイドブックで見つけた「裏五頭山荘」。本来は宿泊施設なのですが、山の中の食事所としても人気が高いようです。

http://www.uragozu.jp/

01.jpg

出所:裏五頭山荘HP

モクズガニ(ツガニといわれることもあります)のことを知ったのは、もう10年以上前のこと。私の好きな上海ガニとルックスが良く似ているので、興味を持った次第。

実はこのカニを食べることが出来るのは、新潟県には限らないのです。モクズガニは、太平洋側も含め日本全国山の中の川沿い観光地の、川魚料理を売りにしている飲食店のメニューの中に、たまに見られます。
しかし、旬の時期、取れた時期しか置かれていないケースが多く、ガイドブックには載っていても、「今日は入荷してませんで」「今の時期はちょっと・・・」といわれ続けて本日に至りました。本当に縁がなかった。すれ違いの人生でした。

今回はカニの入荷をきちんと確認、満を持しての出発と相成ったわけです。裏五頭山荘曰く:「カニは入ってますよ。雄も雌もいます。11月にかけてのカニは、ミソが固まっておいしくなるんだよね。旬の時期ですから。特に雌だね」だと。これは期待が出来そうです。

早速、岩魚定食(1500円?)とカニ2匹(時価:この日は2匹で1000円だった。雄と雌)を頼みました。

味は抜群!とにかくミソが濃厚でまろやか。とてもよくできた目玉焼きのとろっとした黄身の半熟部分に、カニの風味が遥かかなたに付加されているイメージ。ひたすらすする。要は、おおむね上海ガニですね。雌に比べ、雄は体は大きいが、ミソは少し緩めかな。でも秀逸!悪かろうはずがない。これで2匹で1000円はとても割安!

岩魚定食もよかった。岩魚も良いが、山菜が圧倒的。5つの小鉢があったので、何が入っているか聞いたら、しょうが、ふき、うど、なんばん、いもづき、とのことでした。

味といい歯ごたえといい、旬の山菜って、凄い存在感ですよ。これは健康に良さそう。
裏五頭山荘、今度は宿泊で来たいな。

さて、次回は相場のことを書きますね(笑)。

ふりーパパ式成長株投資法の集大成を期間限定で公開中!                          

slide1 上方修正後の株価上昇を巧みに利用した投資手法を3つの無料動画で公開中です。

【8月8日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「数倍にもなる銘柄を誰よりも早く見つける方法」
1回目の映像では成長株投資法を長年実践し、これまで4億円以上稼いでいるふりーパパ氏が成長株投資法について、 数倍以上になる銘柄を誰よりも早く見つける方法についてお伝えします。

【8月12日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「1年間で10倍以上に値上がりした銘柄の見極め方」
2回目の映像では成長株投資法について、ペッパーフードサービスの銘柄を事例にして、 成長株を発掘する大事なポイントを4つ紹介します。 この4つのポイントは成長株投資には欠かせません。今回の事例で実感してください。

【8月15日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「儲けるための売買法とそのタイミング」
3回目の映像では成長株投資法について、ふりーパパ氏の手法を イメージしてもらうために2つの売買事例を特別に公開します。 後半では手法に重要な「ボックス売買法」と「ポイント&フィギュアチャート」 について、具体的にお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)