みなさん、よいお年を

浜口です。小旅行に行ってました(内房・館山)。近場ですが、帰省ラッシュにディフェンシブなところという条件下、消去法でここかなとの判断に至りました。で、地元素材(東京湾?)の寿司は予想以上に旨かった。これはポジティブ・サプライズ。白身魚が中心でしたね。高速道路が延びたので、行きやすくなった。

さて
今年は低位バリュー株にとって、総じて厳しい環境でしたね。新興市場銘柄の暴落に伴うネガティブインパクトと、サブプライム問題が予想以上に拡大した悪影響が大きかったと考えています。

ただし新興市場については、公的年金・かんぽ資金等の流入が見込まれることから、新興市場銘柄の買い手不在にはメドがつきそう。またサブプライム問題も、時期を特定するのは非常に難しいですが、底なし沼というわけではない。いずれ収束すると考えるのが妥当です。

そうはいっても当面はまだサブプライム問題が尾を引きそう。少なくとも金融機関の損失額が上昇修正されている間は、不安定な相場を余儀なくされるのでしょう。ここをシノいで、「ポスト・サブプライム」の相場回復を待ちたいところ。

株価下落により、日本株のバリュエーションが割安になっている状況でもあり(配当利回りと長期債利回りが逆転)、いささか平凡な言い回しですが、「ピンチこそチャンス」とも思われます。新年早々に、ここで投資環境のことを書いてみたいと考えています。

ところでまた訃報です。日本ではあまり知られていない方だと思いますが、米国はウエストコーストのミュージシャン、偉大なるロマンチスト
Dan Fogelberg氏が12月に亡くなりました。1982年に全米No.1となった
「Leader of the band」 という曲を歌った方です。ご冥福をお祈りする次第です。
今年はまた、私にとっての「大物」の他界が多かった年でした。

みなさん、よいお年を。

柳橋流イベント投資法を期間限定で無料公開中!                          

slide1 わずか数日から数週間で数十万円~数百万円を稼ぐことのできるイベント投資法。夕凪氏の手法を進化させた柳橋流イベント投資を3回の動画で学ぶことができます。期間限定の公開ですので、今すぐご覧ください。

【9月12日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「毎月安定して利益をあげられる株主優待先回り投資」
1回目の映像では再現性と優位性の高い投資手法であるイベント投資について、投資手法の魅力と概要をご紹介します。そして、株主優待先回り買いというイベント投資の手法を仕組みや取引事例をご紹介します。後半ではイベント投資を実践する柳橋氏が株主優待先回り買いの最新の事例をお伝えします。

【9月16日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「イベント投資とIPOを組み合わせた投資手法」
2回目の映像ではイベント投資について、IPO投資と組み合わせた投資手法をご紹介します。この手法では、IPO投資のIPO特有の値動きを利用することで、大きな利益を狙うことができます。この映像では、上場日当日に使える戦略のほか、上場直後、上場後というタイミングに応じた戦略を公開します。

【9月19日(木)  18:00 第三回動画公開スタート】
「ファンドの動きを利用するインデックス買い投資法」
3回目の映像ではイベント投資について、インデックス買いというイベント投資の手法を仕組みや取引事例をご紹介します。この手法は株価指数に特化した優位性の高い手法です。この映像では、イベント投資を実践する柳橋氏がインデックス買いについて最新の事例をお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)