市場のセンチメントが好転すると・・・

浜口です。日本株は年の初めから辛口の下げ、厳しい展開ですね。

米国市場の下げ・原油市場の100ドル乗せ等々、巷間言われている懸念材料は当然背景にあるのでしょうが、昨日だけを捉えてみれば、外人投資家が半日立会いの低流動性の中、まとまった整理売りを出したのではないかと・・・勝手にこんな状況をイメージしました(あくまでイマジネーションの世界ですよ。情報に基づいた話ではない。事実は時間の経過とともにわかると思います)。いつかあった風景を思い出したからです。

確か1995年か96年の大発会だったと思います。この逆の現象が起こりました。半日立会いの低流動性の中、外人によるまとまった買いがあったため、一日だけ東京市場が急騰し、翌日は「行って来い」になった・・・この相場の180度裏返しのような・・・こういうのもデジャブというのかな?

しかし昨日は米国市場がまた下げてるから、週明けに「行って来い」の逆の「戻って来い」にはならないかな?それとも寄付き安で、あと戻すかな?

さて年頭相場展望(?)、前回、「以後、次回に続きます」と書きましたので、4回目の最終章を書いて完結させることにします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
前回述べた「波及論シナリオ」が実現するのかしないのか・・・もし実現した暁には、日本株は上昇することになるのでしょう。そしてそれに加え、市場心理の改善、相場におけるセンチメントの好転を反映し、日本株のバリュエーションの正常化も同時に実現すると考えます。私は実は、こちらのほうを重視しています。

現在の株式市場は、投資マインドが非常に萎縮した状態です。しかし株式市場というものは、悲観⇒楽観⇒悲観⇒楽観を繰り返すもの。足元の国内株式市場はこの中で、悲観の状態にあるわけです。特に新興市場のバリュエーションは、総悲観と言って良い状況ですね。

市場のセンチメントの改善がなされた場合、バリュエーションで絶対的に割安な銘柄、端的には東証一部(新興市場は??)のPBR1倍割れ銘柄ですが、これらの多くはPBR1倍近くに水準訂正することになる・・・これは当方がずっと言ってきたシナリオですが、「今度こそ」と考えるわけです。さあ、どうなるか?くどいようですが、足元の混乱が収まった後、ポスト・サブプライムのシナリオですね。

以上を持って、新年のご挨拶と代えさせていただきます。
本年もよろしくお願いします。

「200万円を4億1000万円にした
                          投資手法を期間限定で公開中!」

slide1 株式投資により200万円の資金を4億1000万円にしたGomatarou氏が3回の動画でGomatarou流トレード手法を公開しています。

【11月9日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「200万円の資金を205倍の4億1000万円まで増やした手法」
1回目の映像では200万円の資産を4億1000万円に増やしているGomatarou氏が実践している手法の中から長年にわたって収益源としている手法ご紹介致します。映像ではGomatarou氏の3つのトレードポイントもお伝えしますので、絶対に見逃さないでください。

【11月13日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「合計約300万円の利益をあげた逆張り手法」
2回目の映像ではGomatarou氏が得意としている逆張りトレードについてお伝えします。映像では東芝株の急落を利用して数日間で48万円の利益をあげた事例をご紹介します。

【11月16日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「ストップ高を狙って合計330万円の利益をあげた方法と資金管理」
3回目の映像では短期間で大きな収益を狙うことができるストップ高を利用したトレード方法についてお伝えします。また、資産を200万円から4億1000万円まで増やした「Gomatarou流資金管理法」についてもお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)