【コメント返信】機関投資家の売買スケジュール??

浜口です。厳しいですね。Kerogaso様の質問に回答します。

Kerogaso様:いつもお世話になります。
さて低位株は信用買建の投げと思われる売りで暴落している銘柄が多く見受けられますが、PBR0.3台、配当利回り3%以上も出てきており、そろそろではないかと考えております。本日は追証も相当出たでしょう。しかし3月期末で減損になるので、取引先企業の株を売却する地方銀行などもあるかと思いますが、それは3月に入ってからでしょうか。機関投資家の一般的な売買スケジュールなど差し支えない範囲で解説いただければ嬉しく思います。

浜口:機関投資家の一般的な売買スケジュールですか?そういったものはあまりないのですが、強いていえば足元では、年金資金は株が下がればアセットアロケーション(資金配分)上の一定の組み入れ比率を維持するため、逆張りで買うことになりますね。本件は夕凪さんがコメントされてるとおりです。ぼちぼち信託は買い越しになるのではないでしょうか。

ご参考まで、新年度(4月以降)の年金資金のアセットアロケーション(資金配分)は、機関投資家によりまちまちでしょうし、開けてみないとわかりません。しかし総じて言えば、現在の日本株の割安なバリュエーション状況を勘案すれば、現状の高位のポジション(資産全体の40%前後)を維持する機関投資家のほうが多いのではないでしょうか。であれば、相場全体が下落する状況では、今年同様、目減りした時価分を購入していくことになるのではないでしょうか。

ご指摘の銀行の年度末において、取引先企業の株を売却する株の売り買いをするニーズは、現状はないのではないでしょうか?今回の相場下落で、どこかの銀行がBIS基準に抵触しそうという話は聞こえてきませんし。

柳橋流イベント投資法を期間限定で無料公開中!                          

slide1 わずか数日から数週間で数十万円~数百万円を稼ぐことのできるイベント投資法。夕凪氏の手法を進化させた柳橋流イベント投資を3回の動画で学ぶことができます。期間限定の公開ですので、今すぐご覧ください。

【9月12日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「毎月安定して利益をあげられる株主優待先回り投資」
1回目の映像では再現性と優位性の高い投資手法であるイベント投資について、投資手法の魅力と概要をご紹介します。そして、株主優待先回り買いというイベント投資の手法を仕組みや取引事例をご紹介します。後半ではイベント投資を実践する柳橋氏が株主優待先回り買いの最新の事例をお伝えします。

【9月16日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「イベント投資とIPOを組み合わせた投資手法」
2回目の映像ではイベント投資について、IPO投資と組み合わせた投資手法をご紹介します。この手法では、IPO投資のIPO特有の値動きを利用することで、大きな利益を狙うことができます。この映像では、上場日当日に使える戦略のほか、上場直後、上場後というタイミングに応じた戦略を公開します。

【9月19日(木)  18:00 第三回動画公開スタート】
「ファンドの動きを利用するインデックス買い投資法」
3回目の映像ではイベント投資について、インデックス買いというイベント投資の手法を仕組みや取引事例をご紹介します。この手法は株価指数に特化した優位性の高い手法です。この映像では、イベント投資を実践する柳橋氏がインデックス買いについて最新の事例をお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Comments

  1. 浜口さま、解説ありがとうございます。参考になります。

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)