S&P/Case-Shiller住宅価格指数とはなんぞや?

浜口です。S&P/Case-Shiller住宅価格指数とはなんぞや?と尋ねられました。少々説明を。

S&P/Case-Shiller住宅価格指数は、米国の民間調査会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)社が住宅調査会社(おそらく)のケース・シラー社が発表している指標(Repeat Sales Method)を用いて算出した住宅価格指数です。毎月最終火曜日に、2ヶ月前の時点の住宅価格指数が発表されます。

この指数は全米10都市を中心とする「都市型」の住宅価格指数であり、米国の都心部の住宅価格の推移を見るときのデファクト・スタンダードになっているようです。

ご参考まで、シカゴ商品先物取引所(CME)は、2006年5月、米国住宅価格指数の先物取引を開始しましたが、この住宅価格先物の決済に使用されるのが、S&P/Case-Shiller住宅価格指数なんだそうです。

この先物は、足元のS&P/Case-Shiller住宅価格指数を元に、何ヶ月か先のこの指数の予測を先物として扱うということなんでしょうね(おそらく)。

参考資料:2006年11月2日付の三菱東京UFJ銀行発行の「Washington DC Political and economic report」。

株式投資実践セミナー2017年3月2日(木)~新宿開催

あなたは株式投資でこんなことを悩んでいませんか?

・どの銘柄を買えば儲かるのか
・どのような投資方法が成功への近道なのか
・損しない方法は

もしこのような疑問を抱えている方は
3月2日(木)に新宿で開催する「株式投資実践セミナー」にご参加ください。
ただいま受講料3,000円のところ無料で参加頂けます。

当日は株式投資で2008年以降年間負け無しの柳橋が、 株式投資の基礎的なことから柳橋の投資手法について講義します。

無料セミナーに参加する

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)