【遺憾ながら】米国の住宅価格下落が続いている模様

浜口です。厳しい相場が続きますね。

足元で、米国の住宅価格下落が続いているようです。

米国の格付け機関であるS&P社が作成している米国の住宅価格インデックス「 S&P/Case-Shiller住宅価格指数」(前年比)は、2007年9月が5%の下落、10月(直近値)が6.1%の下落といった状況だそうです。遺憾ながら、懸念された住宅価格下落が足元で進行中と認識せざるを得ない状況ですね。
ここが直らないと、金融機関の追加損失発生懸念は払拭されないですわね。米国の景気後退懸念もね。

当方、ここのところ「ポスト・サブプライム」(サブプライム後)は・・・・という話を書いてます。「ポスト・サブプライム」がトンネルの向こうに見えるためには、米国の住宅価格下げ率の縮小等、住宅価格が早晩下げ止まりそうとのムードの醸成が必要ですね。

一方で大幅金融緩和など米国の政策対応のアナウンスもあり、期待したいところですがどうか・・・もう少し厳しい状況が続くのかな。

配当利回りで買える銘柄が、多くなりましたね。

「200万円を4億1000万円にした
                          投資手法を期間限定で公開中!」

slide1 株式投資により200万円の資金を4億1000万円にしたGomatarou氏が3回の動画でGomatarou流トレード手法を公開しています。

【11月9日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「200万円の資金を205倍の4億1000万円まで増やした手法」
1回目の映像では200万円の資産を4億1000万円に増やしているGomatarou氏が実践している手法の中から長年にわたって収益源としている手法ご紹介致します。映像ではGomatarou氏の3つのトレードポイントもお伝えしますので、絶対に見逃さないでください。

【11月13日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「合計約300万円の利益をあげた逆張り手法」
2回目の映像ではGomatarou氏が得意としている逆張りトレードについてお伝えします。映像では東芝株の急落を利用して数日間で48万円の利益をあげた事例をご紹介します。

【11月16日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「ストップ高を狙って合計330万円の利益をあげた方法と資金管理」
3回目の映像では短期間で大きな収益を狙うことができるストップ高を利用したトレード方法についてお伝えします。また、資産を200万円から4億1000万円まで増やした「Gomatarou流資金管理法」についてもお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)