サブプライム問題は「底なし沼」ではないが・・・

浜口です。一言、厳しい下げでしたね。今回は曲がりました。

個人的には1945年(昭和20年)3月10日の東京大空襲後の焼け野原をイメージしました。もちろん、経験しているわけではないですが。

日経平均は、サブプライム問題に端を発する世界同時株安による直近の安値から先週末には1000円近く戻している状況ですが、まだ予断を許さないのが実際のところです。

このコーナーでこれまで書いてきた「波及論」「金余り」「新興国の成長」の各シナリオには、基本的には変更はありません。金余りについてはむしろ、世界的な金融緩和により、スケールアップする可能性があるとも考えています。したがって現状では、ポスト・サブプライム(サブプライム後)の強気のシナリオに変化はありません。

しかしながら足元では、サブプライム問題がもたらした相場に対する悪材料により、日本株は「複雑骨折」を起こしています。サブプライム問題については「底なし沼」とは思いませんが、底がいつかについてはなかなか見えてこない状況ですね。ざっくりとしたイメージですが現状、日本株は全治半年程度の「入院期間」が必要と考えます。しばらくは遺憾ながら、低位バリュー株投資は「耐え難きを耐え、忍び難きを忍び」を余儀なくされる状況をメインシナリオとして想定します。

アツギの第三四半期決算はよかったけどな。

「200万円を4億1000万円にした
                          投資手法を期間限定で公開中!」

slide1 株式投資により200万円の資金を4億1000万円にしたGomatarou氏が3回の動画でGomatarou流トレード手法を公開しています。

【11月9日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「200万円の資金を205倍の4億1000万円まで増やした手法」
1回目の映像では200万円の資産を4億1000万円に増やしているGomatarou氏が実践している手法の中から長年にわたって収益源としている手法ご紹介致します。映像ではGomatarou氏の3つのトレードポイントもお伝えしますので、絶対に見逃さないでください。

【11月13日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「合計約300万円の利益をあげた逆張り手法」
2回目の映像ではGomatarou氏が得意としている逆張りトレードについてお伝えします。映像では東芝株の急落を利用して数日間で48万円の利益をあげた事例をご紹介します。

【11月16日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「ストップ高を狙って合計330万円の利益をあげた方法と資金管理」
3回目の映像では短期間で大きな収益を狙うことができるストップ高を利用したトレード方法についてお伝えします。また、資産を200万円から4億1000万円まで増やした「Gomatarou流資金管理法」についてもお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)