経済の病状悪化に伴い、「薬」が出てきたが・・・

浜口です。米国当局はサブプライム問題による経済の病状悪化に伴い、「薬」を大量に出してきている。ここ1~2週間の主な処方は:

①金融政策:1月22日FOMCでFF0.75% 下げ。1月30日FF 0.5%下げ。今後の必要に応じて迅速に対応するとのコメント。
②財政政策:所得税還付、設備投資減税を柱とする総額1500億ドル(米GDPの約1%)

といったあたり。

これらは今後、ワンテンポ遅れて実体経済にポジティブインパクトをもたらすのでしょうが、そうはいっても足元ではまだ病状悪化中。 景気指標の悪化が進行中。

「薬」は、治るまで追加的に出てくるはず。基本的には、投資家としては米国の「本気」を、あまり侮らないほうが良い。でも「薬」が効くには、株式市場の好転にはもう少し時間がかかる・・・これが現実なんだろうな。

「200万円を4億1000万円にした
                          投資手法を期間限定で公開中!」

slide1 株式投資により200万円の資金を4億1000万円にしたGomatarou氏が3回の動画でGomatarou流トレード手法を公開しています。

【11月9日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「200万円の資金を205倍の4億1000万円まで増やした手法」
1回目の映像では200万円の資産を4億1000万円に増やしているGomatarou氏が実践している手法の中から長年にわたって収益源としている手法ご紹介致します。映像ではGomatarou氏の3つのトレードポイントもお伝えしますので、絶対に見逃さないでください。

【11月13日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「合計約300万円の利益をあげた逆張り手法」
2回目の映像ではGomatarou氏が得意としている逆張りトレードについてお伝えします。映像では東芝株の急落を利用して数日間で48万円の利益をあげた事例をご紹介します。

【11月16日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「ストップ高を狙って合計330万円の利益をあげた方法と資金管理」
3回目の映像では短期間で大きな収益を狙うことができるストップ高を利用したトレード方法についてお伝えします。また、資産を200万円から4億1000万円まで増やした「Gomatarou流資金管理法」についてもお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)