【コメント返信】CBNYDFAバリューPの投資行動について

浜口です。当コーナー常連の(笑)匿名希望さんから、以下の質問をいただきました。コメントします。

「例のごとく会社四季報で「同じ月を見ている」ニューヨークの投資家の動向を確認したのですが、今回はポジションをほとんど動かしていないですね。(中略)この辺りの動きにつき、どうお考えですか」

CBNYDFAバリューPのことですね。件の投資家が何を考えているかは本人に聞かなければわからないわけですが(笑)、せっかくご質問があったので、当方の想像(妄想?)を書いてみます。私なら、次のように考えます。

1. サブプライム問題は、どこが底になるかの判断こそ難しいものの、底なし沼というわけではない。以上から時間の問題で、日本の株式市場も「コツン」と来る。局面を迎える。
2. 今回の相場の下落はあくまで外部要因・市場要因であり、投資した銘柄(たとえばアツギ)の投資価値(バリュー)にネガティブな変化があったわけではない。
3. 以上から当ファンドの運用シナリオに変化はない。

以前も書きましたが、米国はサブプライム問題という経済の「疫病」に対し、これが直るまで「投薬」をする、これは間違いないと思う。この処方箋のひとつに、公的資金投入があるのでしょう。この処方がなされる可能性は、低いものではないと思いますけどね。どうなるか。

まあどの時点で投薬効果が顕在化するのか・・・繰り返しですが、顕在化するにせよ、タイミングがどの段階かという話ですよね。

柳橋流イベント投資法を期間限定で無料公開中!                          

slide1 わずか数日から数週間で数十万円~数百万円を稼ぐことのできるイベント投資法。夕凪氏の手法を進化させた柳橋流イベント投資を3回の動画で学ぶことができます。期間限定の公開ですので、今すぐご覧ください。

【9月12日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「毎月安定して利益をあげられる株主優待先回り投資」
1回目の映像では再現性と優位性の高い投資手法であるイベント投資について、投資手法の魅力と概要をご紹介します。そして、株主優待先回り買いというイベント投資の手法を仕組みや取引事例をご紹介します。後半ではイベント投資を実践する柳橋氏が株主優待先回り買いの最新の事例をお伝えします。

【9月16日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「イベント投資とIPOを組み合わせた投資手法」
2回目の映像ではイベント投資について、IPO投資と組み合わせた投資手法をご紹介します。この手法では、IPO投資のIPO特有の値動きを利用することで、大きな利益を狙うことができます。この映像では、上場日当日に使える戦略のほか、上場直後、上場後というタイミングに応じた戦略を公開します。

【9月19日(木)  18:00 第三回動画公開スタート】
「ファンドの動きを利用するインデックス買い投資法」
3回目の映像ではイベント投資について、インデックス買いというイベント投資の手法を仕組みや取引事例をご紹介します。この手法は株価指数に特化した優位性の高い手法です。この映像では、イベント投資を実践する柳橋氏がインデックス買いについて最新の事例をお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)