【コメント返信】戦前の景気循環について

浜口です。当コーナー常連の(笑)山師さんから、またまた以下の質問をいただきました。コメントします。

「戦前にまで遡って、設備投資循環と建設投資循環を調べられる方法は無いのでしょうか?
もし、あれば、自分で調べてみたいのですが。」

面白そうな取り組みですが、結論から言えば、以下の2点から、本件の調査は難しいと考えてます。

第一に、戦前には、景気循環といえるほどのものは存在してなかったんじゃないかと思うからです。景気循環というのは、ある程度経済成長が達成された国において発生するものです。拙著にも書いてますが、たとえば日本においては、「いざなぎ景気」以前は、戦後の焼け野原から復興する過程であり、結果的にすべての経済指標は上向きに成りっぱなし、循環といえる類のものは存在しません。

では戦前はというと、経済だけから言えば、日本は現在の新興国のような状況だったのではないでしょうか?
明治・大正の日本は、よく言えば平成のBRICKs??あるいはVISTA??はたまたインドネシアといったイメージではないかと。好況・不況は繰り返しても、日清・日露・日中戦争を分岐点とするもので、循環といえるもほどのものはなかったのではないかと推測します。

第二に、そもそも調べようとしても、当時は設備投資・建設投資といった経済指標を計測し公表していなかったのではないでしょうか?政府にもそういう考え方はあまるなかったのではないでしょうか?特に日本では、経済の学問も、それほど成熟していなかったでしょうし・・・かの高橋是清は、優秀なケインジアンだったという話はありますが・・

これがかの大英帝国、イギリスのようなかつての「先進国」であれば、1800年代、産業革命前後を含め、景気循環の分析は可能かもしれないのでしょうが。

柳橋流イベント投資法を期間限定で無料公開中!                          

slide1 わずか数日から数週間で数十万円~数百万円を稼ぐことのできるイベント投資法。夕凪氏の手法を進化させた柳橋流イベント投資を3回の動画で学ぶことができます。期間限定の公開ですので、今すぐご覧ください。

【9月12日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「毎月安定して利益をあげられる株主優待先回り投資」
1回目の映像では再現性と優位性の高い投資手法であるイベント投資について、投資手法の魅力と概要をご紹介します。そして、株主優待先回り買いというイベント投資の手法を仕組みや取引事例をご紹介します。後半ではイベント投資を実践する柳橋氏が株主優待先回り買いの最新の事例をお伝えします。

【9月16日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「イベント投資とIPOを組み合わせた投資手法」
2回目の映像ではイベント投資について、IPO投資と組み合わせた投資手法をご紹介します。この手法では、IPO投資のIPO特有の値動きを利用することで、大きな利益を狙うことができます。この映像では、上場日当日に使える戦略のほか、上場直後、上場後というタイミングに応じた戦略を公開します。

【9月19日(木)  18:00 第三回動画公開スタート】
「ファンドの動きを利用するインデックス買い投資法」
3回目の映像ではイベント投資について、インデックス買いというイベント投資の手法を仕組みや取引事例をご紹介します。この手法は株価指数に特化した優位性の高い手法です。この映像では、イベント投資を実践する柳橋氏がインデックス買いについて最新の事例をお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)