S&P/Case-Shiller住宅価格指数2008年4月の数値

浜口です。ここのところ続けて取り上げられている、S&P/Case-Shiller住宅価格指数【10大都市】2008年4月の数値です。リンクの解説とグラフを参照ください。グラフは右肩下がりが継続、しかも傾きが、より垂直に近づいている。正直、これは怖い。Steep declinesがcontinueか・・・。

住宅価格がこれじゃ、米国経済も片肺飛行が続くと認識すべきですが、住宅価格の下げはここもと米国ではお約束(?)になったと受け止められているのか、株式市場には影響があまり出ていないのも事実ですね。そういうもんかな。

それにしてもこのS&P/Case-Shiller住宅価格指数、日経でも取り上げられるようになりましたね。人気が出てきたもんだ。

昨晩10時くらいにS&PのHPにリンク先のPDFファイルがアップされたはずなのですが、殺到してたんでしょうね、このときにはアクセスできなかった。待てど暮らせどアクセスできないので、当方、次第にビールが回って眠くなり、文章を書く能力も喪失、本日ここでのご紹介となりました。

柳橋流イベント投資法を期間限定で無料公開中!                          

slide1 わずか数日から数週間で数十万円~数百万円を稼ぐことのできるイベント投資法。夕凪氏の手法を進化させた柳橋流イベント投資を3回の動画で学ぶことができます。期間限定の公開ですので、今すぐご覧ください。

【9月12日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「毎月安定して利益をあげられる株主優待先回り投資」
1回目の映像では再現性と優位性の高い投資手法であるイベント投資について、投資手法の魅力と概要をご紹介します。そして、株主優待先回り買いというイベント投資の手法を仕組みや取引事例をご紹介します。後半ではイベント投資を実践する柳橋氏が株主優待先回り買いの最新の事例をお伝えします。

【9月16日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「イベント投資とIPOを組み合わせた投資手法」
2回目の映像ではイベント投資について、IPO投資と組み合わせた投資手法をご紹介します。この手法では、IPO投資のIPO特有の値動きを利用することで、大きな利益を狙うことができます。この映像では、上場日当日に使える戦略のほか、上場直後、上場後というタイミングに応じた戦略を公開します。

【9月19日(木)  18:00 第三回動画公開スタート】
「ファンドの動きを利用するインデックス買い投資法」
3回目の映像ではイベント投資について、インデックス買いというイベント投資の手法を仕組みや取引事例をご紹介します。この手法は株価指数に特化した優位性の高い手法です。この映像では、イベント投資を実践する柳橋氏がインデックス買いについて最新の事例をお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Comments

  1. 匿名希望 says:

    3ヶ月ぶりのごぶさたです。「同じ月を見ている」機関投資家ウォッチャーです。仕事が忙しく四季報チェックが約2週間遅れてしまいました。
     今回はかなり動いていますね。想像ですが3月の暴落時に相当買い増し(及び新規買い)したのではないでしょうか。この機関投資家は昨年末あたりにも同様の動きをしています、さすがですね。私が行っているスクリーニングでひっかかった銘柄も数銘柄新規買いしていました。
     浜口さんの手法とは関係がないのですが、私はあとひとつ某機関投資家をウォッチングしておりまして、同じくかなりの新規買いをしています。
     暴落時に備えて資金を温存し、瞬時に行動する。3ヶ月に一回の作業ですが本当に勉強になります。
     現状は相当悲観的ですが、相場は「絶望の中で生まれ」「懐疑と共に育つ」んですよね、ポジティブシンキング(positive thinking)。それではまた3ヶ月後に。

匿名希望 にコメントする コメントをキャンセル

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)