サブプライム問題と日本のバブル崩壊

浜口です。90年代以降の日本のバブル崩壊と、このたびのサブプライム問題を比較すると、「規模」という点では前者のほうが大きいのは言うまでもないですが、「事態の経過」という点では共通点があり、展開が似ている点があるように思います。

日本では97~98年にかけ、三洋・山一・拓銀・長銀・日債銀といった大手金融機関が破綻しました。バブル崩壊から7~8年です。バブル崩壊第一ステージ、金融不安問題の発生ということです。翻って米国では、これに相当するのは3月のベアスターンズの破綻と考えます。株式市場の大幅下落という点で考えると、日本では7~8年かかった状況がアメリカでは1年近くで終わったように思います。

今後はどうか?歴史が再現されることを前提に考えると、第二ステージ、「地価が下げ止まらない中、貸し渋りに伴う景気後退の発生」ということになるんでしょうね。実際、米国では足元、貸し渋りが発生し出してる。日本と同様の展開ですよね。

当然、米国は日本のバブル崩壊をよく研究しており、万全を期し政策で立ち向かうのでしょうが、さあどうなるのか・・・・「第二ステージ」も、日本で長年かかった問題処理がアメリカでは1年近くで終わることになるということになるのか・・・・もっと早く終わるのか・・より軽微に終わるのか・・・・今後の株式市場を占う上では、今後はここがポイントですね。

「200万円を4億1000万円にした
                          投資手法を期間限定で公開中!」

slide1 株式投資により200万円の資金を4億1000万円にしたGomatarou氏が3回の動画でGomatarou流トレード手法を公開しています。

【11月9日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「200万円の資金を205倍の4億1000万円まで増やした手法」
1回目の映像では200万円の資産を4億1000万円に増やしているGomatarou氏が実践している手法の中から長年にわたって収益源としている手法ご紹介致します。映像ではGomatarou氏の3つのトレードポイントもお伝えしますので、絶対に見逃さないでください。

【11月13日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「合計約300万円の利益をあげた逆張り手法」
2回目の映像ではGomatarou氏が得意としている逆張りトレードについてお伝えします。映像では東芝株の急落を利用して数日間で48万円の利益をあげた事例をご紹介します。

【11月16日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「ストップ高を狙って合計330万円の利益をあげた方法と資金管理」
3回目の映像では短期間で大きな収益を狙うことができるストップ高を利用したトレード方法についてお伝えします。また、資産を200万円から4億1000万円まで増やした「Gomatarou流資金管理法」についてもお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)