リチャード・クー著「日本経済を襲う二つの波」

浜口です。本日、リチャード・クー氏の新著「日本経済を襲う二つの波」を購入。とりあえずざっと一読したところですが、なかなか興味深い内容で、オススメできます。当方、もともとクー氏のファン。これほど整理された氏の知識が1700円で得られるなんて・・・本っていいな。良書に巡り会えた場合は。

二つの波とはサブプライム危機と経済のグローバル化のことを指します。

この中でサブプライム危機については:
①現在まともに機能している金融市場は、世界で日本だけ。したがって日本にいる我々は特別何も感じていないし、金融危機を実感してもいない。しかし世界的に見ると、今大変なことが起こっている。
②そして現在の米国はバブル崩壊後のバランス不況状態であり、本当のコアとなる対策は金融期間への(公的)資本の投入。

日本のバブル崩壊のときも、クー氏は一貫して、公的資金の早期投入論を掲げていましたね。

③ベアー・スターンズに続いて他の米国金融機関が破綻する可能性については、すでにマスコミには数社名前が挙がっており、今後一部の金融機関が破綻する可能性は否定できない。ただ、それが続々と連鎖反応を起こして手がつけられなくなる状態になる可能性は高くない。
等々のコメントをしています。

足元で、ファニーメイとフレディマックの経営不安が表面化していますが、③の「一部の金融機関」に、この2社は想定されているのだろうか???詳しくはわかりませんが・・・・シナリオのひとつとして想定されてるんだろうな??でも実際はわからない。6月30日に一刷りが出されたばかりの本ではありますけどね。

これからあらためて、踏み込んで読んでいきます。

柳橋流イベント投資法を期間限定で無料公開中!                          

slide1 わずか数日から数週間で数十万円~数百万円を稼ぐことのできるイベント投資法。夕凪氏の手法を進化させた柳橋流イベント投資を3回の動画で学ぶことができます。期間限定の公開ですので、今すぐご覧ください。

【9月12日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「毎月安定して利益をあげられる株主優待先回り投資」
1回目の映像では再現性と優位性の高い投資手法であるイベント投資について、投資手法の魅力と概要をご紹介します。そして、株主優待先回り買いというイベント投資の手法を仕組みや取引事例をご紹介します。後半ではイベント投資を実践する柳橋氏が株主優待先回り買いの最新の事例をお伝えします。

【9月16日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「イベント投資とIPOを組み合わせた投資手法」
2回目の映像ではイベント投資について、IPO投資と組み合わせた投資手法をご紹介します。この手法では、IPO投資のIPO特有の値動きを利用することで、大きな利益を狙うことができます。この映像では、上場日当日に使える戦略のほか、上場直後、上場後というタイミングに応じた戦略を公開します。

【9月19日(木)  18:00 第三回動画公開スタート】
「ファンドの動きを利用するインデックス買い投資法」
3回目の映像ではイベント投資について、インデックス買いというイベント投資の手法を仕組みや取引事例をご紹介します。この手法は株価指数に特化した優位性の高い手法です。この映像では、イベント投資を実践する柳橋氏がインデックス買いについて最新の事例をお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)