JALは官でANAは民か?

浜口です。銘柄の話ではありません(笑)。荒れた相場以外で、最近思うこと。航空会社の話。JALが優遇されてるなと。「迷ったらJAL」となってしまうなという意見。

国内出張や旅行を飛行機でするとなると、多くはJALかANAに乗ることになる。両社ともリピーターに対してカードを発行し、そのカード保持者に空港ラウンジ利用やマイルアップサービスなどさまざまなサービスを行っている。故に頻繁に飛行機で国内移動する人たちは、JAL派かANA派に必然的に分かれることになる。このような中、ANA派で後悔との意見がたまに聞こえてくる。

でも、どうも世の中の仕組みがJALの優遇、というか何かとJALに有利に出来ている部分が多いような気がするんですよね。

一例ですが福岡―羽田のJALとANA、同じ時間に飛ぶ便があるんですが、これは必ず、JALが先に飛ぶようです。結局、ANAが予定到着時間よりも遅くなることが多い。

あと、羽田空港からのリムジンバスを利用する場合。これはJALの方が都合が良いんですね。何故か?
リムジンバスはまず、ANAの第二ターミナルから発車して、5分遅れでJALの第一ターミナルに到着して乗客をピックアップする。この5分の差が実は大きい!

羽田からのリムジンバスは、都内にしろ横浜、千葉、埼玉にしろ、一時間に3本ぐらいはあると思いますが、飛行機が羽田に到着後速攻でバス乗り場に行っても、例えば同じ19:00到着でもANAではダメでもJALだとバスに間に合うケースが結構あるんですよね。5分遅れなので。

つまりこの場合帰宅時間が、ANAだとJALの20分遅れになってしまう。こういうケースが結構あるんですね。頻繁に飛行機に乗る人には、これが結構なフラストレーションになるそうな。

上記の理由ですが、JALはナショナルフラッグだから、というより国土交通省の天下りを多く受け入れているからなのかな? 以上2点の決定って、要は政治力ですよね。現在でも、JALは官でANAは民か?

でも、ANAのほうが良いところもあるんです。それはそのうち書くことにします。

柳橋流イベント投資法を期間限定で無料公開中!                          

slide1 わずか数日から数週間で数十万円~数百万円を稼ぐことのできるイベント投資法。夕凪氏の手法を進化させた柳橋流イベント投資を3回の動画で学ぶことができます。期間限定の公開ですので、今すぐご覧ください。

【5月16日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「30万円を2800万円まで増やした事例を公開」
1回目の映像では再現性と優位性の高い投資手法であるイベント投資について、投資手法の魅力と概要をご紹介します。そして、株主優待先回り買いというイベント投資の手法を仕組みや取引事例をご紹介します。後半ではイベント投資を実践する柳橋氏が株主優待先回り買いの最新の事例をお伝えします。

【5月20日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「たった1日で30万円稼いでしまった投資法」
2回目の映像ではイベント投資について、公募増資というイベント投資の手法を仕組みや取引事例をご紹介します。この手法は年間の収益機会が多い手法です。また、後半ではイベント投資を実践する柳橋氏がイベント投資の利益を爆発的に増やすためにもう一つのイベント投資を公開します。

【5月23日(木)  18:00 第三回動画公開スタート】
3回目の映像ではイベント投資について、インデックス買いというイベント投資の手法を仕組みや取引事例をご紹介します。この手法は株価指数に特化した優位性の高い手法です。また、後半ではイベント投資を実践する柳橋氏がインデックス買いについて最新の事例をお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)