昨今の経済危機は本当に百年に一度??

先般の日経にも記載されていましたが、OECDが日米欧の経済見通しを発表してます。本件を日経記事では、世界景気は2009年半ばまでは後退、その後底打ちと説明していたと思いますが、当HPでは「2009年末まで金融の逆風は続き、その後徐々に正常化していくという想定である」と説明されてます。

しかし最近、昨今の経済危機を百年に一度と形容する人が多いように思うんですが、これ疑問に思います。これって、世界大恐慌との比較ですよね?

さまざまな点が違う。景気後退期間も然り。

世界大恐慌は1929~1933、ということは5年間景気後退が続いたということになるんでしょうね。翻ってこのたびについては、世界が景気後退に陥ったのは2008年7-9月もしくは4-6月でしょうから、今回のOECD見通しによれば景気後退期間は1年半程度。比較にならないと思うんですが、いかがでしょうね??

まあ百年に一度は、メインシナリオではなくリスクシナリオという意味で言ってるんでしょうけどね。あまり「警告」ばかりでもね。

月曜から長期出張に出ますので、次回の書き込みは月末、もしくは12月になりそうです。悪しからず。

ふりーパパ式成長株投資法の集大成を期間限定で公開中!                          

slide1 上方修正後の株価上昇を巧みに利用した投資手法を3つの無料動画で公開中です。

【8月8日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「数倍にもなる銘柄を誰よりも早く見つける方法」
1回目の映像では成長株投資法を長年実践し、これまで4億円以上稼いでいるふりーパパ氏が成長株投資法について、 数倍以上になる銘柄を誰よりも早く見つける方法についてお伝えします。

【8月12日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「1年間で10倍以上に値上がりした銘柄の見極め方」
2回目の映像では成長株投資法について、ペッパーフードサービスの銘柄を事例にして、 成長株を発掘する大事なポイントを4つ紹介します。 この4つのポイントは成長株投資には欠かせません。今回の事例で実感してください。

【8月15日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「儲けるための売買法とそのタイミング」
3回目の映像では成長株投資法について、ふりーパパ氏の手法を イメージしてもらうために2つの売買事例を特別に公開します。 後半では手法に重要な「ボックス売買法」と「ポイント&フィギュアチャート」 について、具体的にお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)