現在が100年に一度の悪さなのか?

浜口です。

ここのところ講演で出張がちなのですが、最近、「本当に現在は100年に一度の悪さなのか?経済は」ということを質問されることが多くなりました。

曰く、少し前までは刺激を売りとする一部のお茶の間番組で、古館氏などが「100年に一度」と大騒ぎしていたが、ここにきてもう少し「冷静」な方々も「100年に一度」を言い出している。麻生首相もそう言っているらしい。実際、どう考えるか?というもの。

ご参考まで、本件はこう答えてます。

「マスコミで現在の経済が100年に一度の悪さという向きがいるが、皆さん本当にそう感じますか?
100年に一度とは世界恐慌との比較を指すのでしょうが、両者では大きく違う点がある。まず当時は、経済学・経済政策が現在比明らかに未成熟で、首尾よく対応できたとは思われない。加えて当時と現在が180度違うのは、経済政策における「国際協調」という点。

世界恐慌は第一次世界大戦後で第二次世界大戦前。この状況ではたとえばフランスとドイツが経済で協調というのは、考えられない時代ではないか?自国さえ良ければという発想。一方で今は、サルコジ氏が声かけして、ユーロ圏が連携して経済危機に対応しようとしている。ここのところが決定的に違うんではないでしょうか?

過去との比較では、金融機関の不良債権という点から言えば、むしろ日本のバブル崩壊と展開が酷似している。ただし展開のスピードは大違いで、現状は当時の「10倍速ですね」と説明しています。ご参考まで。

ふりーパパ式成長株投資法の集大成を期間限定で公開中!                          

slide1 上方修正後の株価上昇を巧みに利用した投資手法を3つの無料動画で公開中です。

【8月8日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「数倍にもなる銘柄を誰よりも早く見つける方法」
1回目の映像では成長株投資法を長年実践し、これまで4億円以上稼いでいるふりーパパ氏が成長株投資法について、 数倍以上になる銘柄を誰よりも早く見つける方法についてお伝えします。

【8月12日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「1年間で10倍以上に値上がりした銘柄の見極め方」
2回目の映像では成長株投資法について、ペッパーフードサービスの銘柄を事例にして、 成長株を発掘する大事なポイントを4つ紹介します。 この4つのポイントは成長株投資には欠かせません。今回の事例で実感してください。

【8月15日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「儲けるための売買法とそのタイミング」
3回目の映像では成長株投資法について、ふりーパパ氏の手法を イメージしてもらうために2つの売買事例を特別に公開します。 後半では手法に重要な「ボックス売買法」と「ポイント&フィギュアチャート」 について、具体的にお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)