米国の景気後退局面

浜口です。ようやくヘッジファンド等の株式の換金売りが一巡したのでしょうかね。

今回は経験則から、米国の景気後退局面がいつごろ終了するかを、景気循環面から考えて見ます。

NBER(全米エコノミスト協会)によれば、第二次世界大戦後、米国では10回の景気循環があり、そのうち景気後退期は最短で4ヶ月、最長で16ヶ月、平均すると約10ヶ月といった状況です。以上はHP( http://www.nber.org/)内に米国の景気循環日付が記載されており、これにより確認できるようです。

このたびの米国景気は、2008年7-9月期から後退局面に突入したといわれています。これを前提にすれば、過去の景気後退局面の平均期間を当てはめた場合の景気のボトムは2009年4-6月期の早い時期、過去最長の16ヶ月を当てはめた場合の景気のボトムは2010年1-3月期の早い時期ということになります。

以上はあくまで、戦後の経験則の話。今後の相場を考える上での「軸」として、参考にしてください。

30万円を1億円以上に増やした斉藤正章氏が
3つの最新戦略を期間限定で公開中!

slide1 システムトレードにより30万円を1億円以上に増やした斉藤正章氏が最新のシステムトレード戦略を公開します。

【6月13日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「300万円の資金を1200万円以上に増加させる順張り買い戦略」
1回目の映像では専業システムトレーダーとして活躍されている斉藤正章氏が300万円の資産を1200万円に増加させる「順張り買い戦略」をお伝えいたします。投資で成功するために不可欠な「損小利大」を実現できる戦略ですので、トレード戦略の1つとしてご活用ください。

【6月17日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「平均年利回り約45%を実現する空売りデイトレ戦略」
2回目の映像では平均年利回り約45%を実現する空売りデイトレ戦略をお伝えします。1日で決済まで完了する戦略なので資金効率が高い運用が可能です。具体的な売買ルールも公開しますので、システムトレードの実践にお役立てください。

【6月20日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「100%以上の利回りを実現できるマルチストラテジー」
3回目の映像では複数のストラテジーを組み合わせて運用する「マルチストラテジー」についてご紹介します。100%以上の利回りを実現できるトレードシステムもご紹介しますので是非、今後の投資にお役立て下さい。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)