リーマンは山一??

浜口です。再度山崎元氏「この10年で最大の投資チャンスがやってくる」でコメントした1月24日付の週刊現代の特集記事の中の話。

この中で氏は、「リーマンショックを97年6月の山一證券自主廃業発表に時間を合わせると、今年は98年から99年ぐらいに相当する」という整理をしている。

確かに重なる部分はありますね。ここもとの米国の金融危機⇒公的資本投入というスキームと。

この後日本では、98年10月・12月に長銀・日債銀が破綻することになる。これらを受けて、99年3月15項に7.5兆円の公的資金注入が実施させる。このとき以降、日本株は上昇トレンドに転じ(ボトムは長銀破綻のあたりですが)、最終的にはITバブルを迎えることになるんですね。

しかしあくまでイメージとはいえ、「リーマンと山一」という比較は言い得て妙。この流れでいえば、長銀・日債銀がなんだろ・・・フレディ・マック、ファニー・メイでは大きすぎるか?シティ?でもそれぞれ、破綻はしてないが・・・・

あと飛躍しますが企業として、リーマンが山一なら、大和はモルガン(それぞれSMBCとBTMUと親密化し生き残り)、野村はゴールドマン(業界の雄で単独生き残り、あるいは弱者を巻き込む)といったあたりが相当するのか?ベアスターンズは?

多分に妄想的な話でした

「200万円を4億1000万円にした
                          投資手法を期間限定で公開中!」

slide1 株式投資により200万円の資金を4億1000万円にしたGomatarou氏が3回の動画でGomatarou流トレード手法を公開しています。

【11月9日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「200万円の資金を205倍の4億1000万円まで増やした手法」
1回目の映像では200万円の資産を4億1000万円に増やしているGomatarou氏が実践している手法の中から長年にわたって収益源としている手法ご紹介致します。映像ではGomatarou氏の3つのトレードポイントもお伝えしますので、絶対に見逃さないでください。

【11月13日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「合計約300万円の利益をあげた逆張り手法」
2回目の映像ではGomatarou氏が得意としている逆張りトレードについてお伝えします。映像では東芝株の急落を利用して数日間で48万円の利益をあげた事例をご紹介します。

【11月16日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「ストップ高を狙って合計330万円の利益をあげた方法と資金管理」
3回目の映像では短期間で大きな収益を狙うことができるストップ高を利用したトレード方法についてお伝えします。また、資産を200万円から4億1000万円まで増やした「Gomatarou流資金管理法」についてもお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)