立ちすくむだけではなく

浜口です。今週は昨年の忘年会の積み残し分たる新年会が連続、本日は週末ですが力尽きて帰ってきました。ようやくブログが更新できます。

2009年1月4日日経ベリタスの末村特別編集委員記事「立ちすくむだけではなく」から印象に残った記事を引用します。

確認すべきは、このたびの金融危機の震源は信用バブルの崩壊であり、株式市場にはバブルはなかったということ。米欧バブルで実体経済が持続不可能な水準に押し上げられて
いたのは確かだが、株価評価は一部新興国を除いて逸脱したわけではない。

実際そのとおりですよね。感銘を受けました。一言、端的。

日本の株価バブル崩壊のように株価が割高になったのなら、株価が割高でない水準に「お里帰り」しておしまい。しかし今回は株価は割高になったわけではなく、外部環境の悪化に伴う株価下落です。不良債権問題に伴う、金融危機が発生したわけではありますが。

ですから、外部環境たる世界経済が正常化する過程で、業績回復に伴う株価回復が期待できて当然と考えます。安いところを乗せて、正常化を待つ一手と認識。信用リスクさえなければ大丈夫。

ふりーパパ式成長株投資法の集大成を期間限定で公開中!                          

slide1 上方修正後の株価上昇を巧みに利用した投資手法を3つの無料動画で公開中です。

【8月8日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「数倍にもなる銘柄を誰よりも早く見つける方法」
1回目の映像では成長株投資法を長年実践し、これまで4億円以上稼いでいるふりーパパ氏が成長株投資法について、 数倍以上になる銘柄を誰よりも早く見つける方法についてお伝えします。

【8月12日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「1年間で10倍以上に値上がりした銘柄の見極め方」
2回目の映像では成長株投資法について、ペッパーフードサービスの銘柄を事例にして、 成長株を発掘する大事なポイントを4つ紹介します。 この4つのポイントは成長株投資には欠かせません。今回の事例で実感してください。

【8月15日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「儲けるための売買法とそのタイミング」
3回目の映像では成長株投資法について、ふりーパパ氏の手法を イメージしてもらうために2つの売買事例を特別に公開します。 後半では手法に重要な「ボックス売買法」と「ポイント&フィギュアチャート」 について、具体的にお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)