香住カニを食す

浜口です。年始企画ということで・・・越前ガニのフェアバリューは?に続いてカニの話です。

昨年12月に仕事で兵庫県の日本海側、香住というところに行くことがありました。このあたりから山陰にかけては、地元産のオスのズワイガニは松葉蟹と呼ばれ(福井では越前蟹)、珍重されています。

香住は日本海側の海の幸に恵まれた街で、松葉蟹の有力な産地のひとつとして有名です。ここはまた、鉄道ファンには有名な、山陰本線餘部鉄橋の2つ先の駅。当日は「餘部鉄橋・日本海をみてカニを食べよう」との趣旨のツアーが組まれていたようで、鉄橋の最寄・小さな無人駅の山陰本線餘部駅は人でごった返し、香住までの列車はツアーバッチをつけた皆様で満員と相成りました。関西は、「冬はリッチにカニを」という人も多いんでしょうね。

当方、福井に続いてこの冬2回目、産地にてカニを食べる幸せ者(?)になったわけですが、でもやはり、ブランド蟹はとても割高に感じられました。ゆえにもうひとつの地元ブランド、「香住カニ」と呼ばれる、地元産の取れたて紅ズワイ蟹を食べてきました。写真ではわかりづらいと思いますが、松葉蟹よりも少し小ぶりで皮が柔らかく、腹の側まで赤い色をしているのが特色です。肉質はズワイに比べるとやや水っぽいんですが、さすがにお膝もとの名を冠した香住カニ、これはこれでとてもおいしかったですよ。ランチメニューにプラス1500円で、このカニを一匹つけてもらいました。十分堪能。割安です。

上が香住カニの雄、下が越前蟹の雌。サイズは香住カニのほうが1.5倍以上大きい。

081121_1128~0001
081107_1046~0001

オスのズワイガニに関しては、この町では、「生のかに」といった場合には地元産の松葉蟹、「冷凍のかに」といったら、遠方から冷凍で持ってきたズワイ蟹のことを指すそうです。メニューを見ると、生のズワイガニの価格は冷凍ものの4倍近くしてました。一方で「香住カニ」たる紅ズワイ蟹の値段は、冷凍ものの70%近くでしたが・・・

さて香住の街を歩いていたら、観光バスがやってきて大量に昼食を取るような食事処がありました。その横の路地を通ると、蟹入りの段ボール箱が山積みになってるんですが、これには驚いた!「冷凍ズワイガニ・ウラジオストック産」と大きく書いてあったんです・・・・そうか、冷凍のズワイガニは、ウラジオストックから香住持ってきてるんだな。わざわざ。

まあ、おそらく安いツアー客用でしょう。合意の上(?)で安い値段で出してるんだから問題はないんでしょうが、場所柄、こういう箱についてはあまりハタから見える場所に置いとかないほうが良いんだろうなと、少しアセりました次第。

ふりーパパ式成長株投資法の集大成を期間限定で公開中!                          

slide1 上方修正後の株価上昇を巧みに利用した投資手法を3つの無料動画で公開中です。

【8月8日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「数倍にもなる銘柄を誰よりも早く見つける方法」
1回目の映像では成長株投資法を長年実践し、これまで4億円以上稼いでいるふりーパパ氏が成長株投資法について、 数倍以上になる銘柄を誰よりも早く見つける方法についてお伝えします。

【8月12日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「1年間で10倍以上に値上がりした銘柄の見極め方」
2回目の映像では成長株投資法について、ペッパーフードサービスの銘柄を事例にして、 成長株を発掘する大事なポイントを4つ紹介します。 この4つのポイントは成長株投資には欠かせません。今回の事例で実感してください。

【8月15日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「儲けるための売買法とそのタイミング」
3回目の映像では成長株投資法について、ふりーパパ氏の手法を イメージしてもらうために2つの売買事例を特別に公開します。 後半では手法に重要な「ボックス売買法」と「ポイント&フィギュアチャート」 について、具体的にお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Comments

  1. タンスに、株はストック
    蟹は、ウラジオにストック
    ・・・おあとがよろしいようで~♪

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)