すべての経済はバブルに通じる

浜口です。ある方から「最近『すべての経済はバブルに通じる』(光文社新書、小幡績著)という本を読んだのですが、正に浜口さんの投資手法を補強しているように思えました。」とのメッセージをいただいたもので、読んでみようと思い年末に購入しました。現在売れている本ですよね。

まだざっと読んだところですが、要旨は:
世界経済は、産業資本主義から金融資本主義へと変貌を遂げた。金融資本の増殖は加速するもので、この自己増殖はいわば金融資本の本能。収益機会を察知してそこへ飛んでいく。金融資本は収益に貪欲であり、それ故バブル発生は局地的に繰り返されてきた。今後もその繰り返しではないか?・・・といったあたりと考えます。

本の内容については、私も基本的にそのとおり、一読の価値ありと考えます。誤解を恐れずに言えば、「金余りが続くことを前提に、この世の中、日本株も循環的にミニバブルが発生する(相場になる)。以上から割安な状況で株式を買っておけば早晩、時間の問題で来るミニバブルの恩恵を享受できる」という楽観的な基本観を、私は根底に持っています。

本件に関するリスクは、ここもとの投資銀行崩壊等、レバレッジをかける人たちが減少することなんでしょうが・・・さあ、どうなるか??

この本、2008年8月15日が初版なので、執筆開始は、その2から3ヶ月前あたりでしょうか。世界経済はその後にさまざまな変化があったので、惜しむらくはあと4ヶ月原稿執筆が遅ければ、さらに充実した内容になったと思うのですが・・・著者の分析が的を射ているだけに、この点がやや残念。まあ本が好評のようなので、この方は早晩、続編をまた出版するかも知れませんね。

「200万円を4億1000万円にした
                          投資手法を期間限定で公開中!」

slide1 株式投資により200万円の資金を4億1000万円にしたGomatarou氏が3回の動画でGomatarou流トレード手法を公開しています。

【11月9日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「200万円の資金を205倍の4億1000万円まで増やした手法」
1回目の映像では200万円の資産を4億1000万円に増やしているGomatarou氏が実践している手法の中から長年にわたって収益源としている手法ご紹介致します。映像ではGomatarou氏の3つのトレードポイントもお伝えしますので、絶対に見逃さないでください。

【11月13日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「合計約300万円の利益をあげた逆張り手法」
2回目の映像ではGomatarou氏が得意としている逆張りトレードについてお伝えします。映像では東芝株の急落を利用して数日間で48万円の利益をあげた事例をご紹介します。

【11月16日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「ストップ高を狙って合計330万円の利益をあげた方法と資金管理」
3回目の映像では短期間で大きな収益を狙うことができるストップ高を利用したトレード方法についてお伝えします。また、資産を200万円から4億1000万円まで増やした「Gomatarou流資金管理法」についてもお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)