さらばアメリカ

大前研一氏の「さらばアメリカ」を読みました。2009年2月11日初版、出てホヤホヤの本です。まだざっと読んだところですが、良いタイミングで出版された良著だと思われました。感銘を受けました。

当方、氏の著作は何冊か読んでおり、とても凄い人と認識しています。頭の回転の速さと行動力のすごさが同居している、類を見ないほどの超ポジティブシンキングの大御所ですね。加えてアメリカに関しては、経験に基づいた、抜群の知識を持っている方。このような大前氏がこのたび書いた本のタイトルが「さらばアメリカ」というのですから、これはもうと、本屋で見て即買いした次第です。

ただ内容で唯一あれっ???と思ったのは、シティの不良債権の推定額のところです。「シティは本当に悪い資産は簿外に移してしまっている。これはかなり傷んでいる証券化した商品で、実に1兆ドルを超えている(具体的には1兆1440億ドル)」とのこと。

円換算で100兆円近い簿外資産??アメリカの巨大金融機関とはいえ、SIV関連の非連結資産を取り込んだ後で、シティ一行だけで、これほど巨額の不良債権含み簿外資産がまだあるのかな?
この点が当方の感覚からすれば???と感じた次第です。どうなんでしょうか??当方の勉強不足か??

ちなみに邦銀で言うと、三井住友銀行の総資産(111兆円)に匹敵する規模ですよね。

ふりーパパ式成長株投資法の集大成を期間限定で公開中!                          

slide1 上方修正後の株価上昇を巧みに利用した投資手法を3つの無料動画で公開中です。

【12月6日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「数倍にもなる銘柄を誰よりも早く見つける方法」
1回目の映像では成長株投資法を長年実践し、これまで4億円以上稼いでいるふりーパパ氏が成長株投資法について、 数倍以上になる銘柄を誰よりも早く見つける方法についてお伝えします。

【12月10日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「1年間で10倍以上に値上がりした銘柄の見極め方」
2回目の映像では成長株投資法について、ペッパーフードサービスの銘柄を事例にして、 成長株を発掘する大事なポイントを4つ紹介します。 この4つのポイントは成長株投資には欠かせません。今回の事例で実感してください。

【12月13日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「儲けるための売買法とそのタイミング」
3回目の映像では成長株投資法について、ふりーパパ氏の手法を イメージしてもらうために2つの売買事例を特別に公開します。 後半では手法に重要な「ボックス売買法」と「ポイント&フィギュアチャート」 について、具体的にお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)