銘柄間格差・業種間格差か?

浜口です。上海総合株価指数は、とりあえず上に抜けてきましたね。あとここもと、バルチック海運指数も底打ちしたようにも見える。

一方で本日朝自宅に届いた日経ヴェリタスによれば(以前は会社購読分を読んでましたが、経費削減による部数減で自費で自宅でとるようにしたので、配達日である日曜に読める次第)、見出し記事は「欧州が危ない」とあり、中にはトヨタ「来期も赤字」現実味という記事もある。

これらを見ると、世界的な経済回復(経済復興?)は徐々に途につきつつあるも、順番としては新興国の一部(特に中国)が先で、先進国はその後ということなのかもしれない。

となると、日本株はここから銘柄間格差、というより業種間格差が出てくるようにも思える。アバウトですが、アジア景気敏感、市況関連などの戻りが先行し、電機、車等がそれに遅行するという仮説が出てくる。さあどうなるか?

蛇足ながら:
この考え方の欠点(?)は、これがいかにもありがちで平凡なシナリオで、まっとうすぎること。「合理的な天邪鬼」を良しとする、当方の価値観(?)に反する。あと「銘柄間格差」っていう言葉自体、少し恥ずかしく(笑)、個人的には、あまり使いたくない言葉なんです。

まあ市場に銘柄間格差・業種間格差が出てくること自体、市場の正常化を意味するという側面もあるんですけどね。

ふりーパパ式成長株投資法の集大成を期間限定で公開中!                          

slide1 上方修正後の株価上昇を巧みに利用した投資手法を3つの無料動画で公開中です。

【12月6日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「数倍にもなる銘柄を誰よりも早く見つける方法」
1回目の映像では成長株投資法を長年実践し、これまで4億円以上稼いでいるふりーパパ氏が成長株投資法について、 数倍以上になる銘柄を誰よりも早く見つける方法についてお伝えします。

【12月10日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「1年間で10倍以上に値上がりした銘柄の見極め方」
2回目の映像では成長株投資法について、ペッパーフードサービスの銘柄を事例にして、 成長株を発掘する大事なポイントを4つ紹介します。 この4つのポイントは成長株投資には欠かせません。今回の事例で実感してください。

【12月13日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「儲けるための売買法とそのタイミング」
3回目の映像では成長株投資法について、ふりーパパ氏の手法を イメージしてもらうために2つの売買事例を特別に公開します。 後半では手法に重要な「ボックス売買法」と「ポイント&フィギュアチャート」 について、具体的にお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)