下値での指値の買い注文というが・・・

浜口です。本当はこの書き込みは昨日のほうが良かったのだろうが・・・

昨日(3月5日の)日経朝刊マーケット総合一面に、「下値での買い注文増加」の記事がありましたが、少し???という気がしました。以下に記事を引用します。

「市場で話題を呼んだのが、下値での指値の買い注文の多さだ。東証一部全体で通常なら取引時間中に5-6億株だが、この日は8億超株に増加。これらが公的年金の買い観測を呼び、売り込みにくさにつながったという。」

『下値での指値の買い注文の多さが、公的年金の買い観測を呼んだ』というところなんですが、???本当にそうかな?と思うんですよね。

公的年金のファンドを運用してましたが、株の注文で指値をすることは、実施はほとんどないと思うんですけどね。
1990年代後半当たり以降からわね。

たとえばファンドマネージャーが新日鉄を100万株買いたいと思えば、社内のトレーダーにそれを伝え、その注文を受けた証券会社側トレーダーが少しづつ場にある(板にある)株を買っていく・・・・こういったスタイルがほとんどなんです。VWAP(Volume weighted average price)注文と言われるものがありますが、これが該当しますね。

下値で指値の買い注文を出してるのは、今は個人ぐらいだと思うんだけどな。

ふりーパパ式成長株投資法の集大成を期間限定で公開中!                          

slide1 上方修正後の株価上昇を巧みに利用した投資手法を3つの無料動画で公開中です。

【8月8日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「数倍にもなる銘柄を誰よりも早く見つける方法」
1回目の映像では成長株投資法を長年実践し、これまで4億円以上稼いでいるふりーパパ氏が成長株投資法について、 数倍以上になる銘柄を誰よりも早く見つける方法についてお伝えします。

【8月12日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「1年間で10倍以上に値上がりした銘柄の見極め方」
2回目の映像では成長株投資法について、ペッパーフードサービスの銘柄を事例にして、 成長株を発掘する大事なポイントを4つ紹介します。 この4つのポイントは成長株投資には欠かせません。今回の事例で実感してください。

【8月15日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「儲けるための売買法とそのタイミング」
3回目の映像では成長株投資法について、ふりーパパ氏の手法を イメージしてもらうために2つの売買事例を特別に公開します。 後半では手法に重要な「ボックス売買法」と「ポイント&フィギュアチャート」 について、具体的にお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)