下値での指値の買い注文というが・・・

浜口です。本当はこの書き込みは昨日のほうが良かったのだろうが・・・

昨日(3月5日の)日経朝刊マーケット総合一面に、「下値での買い注文増加」の記事がありましたが、少し???という気がしました。以下に記事を引用します。

「市場で話題を呼んだのが、下値での指値の買い注文の多さだ。東証一部全体で通常なら取引時間中に5-6億株だが、この日は8億超株に増加。これらが公的年金の買い観測を呼び、売り込みにくさにつながったという。」

『下値での指値の買い注文の多さが、公的年金の買い観測を呼んだ』というところなんですが、???本当にそうかな?と思うんですよね。

公的年金のファンドを運用してましたが、株の注文で指値をすることは、実施はほとんどないと思うんですけどね。
1990年代後半当たり以降からわね。

たとえばファンドマネージャーが新日鉄を100万株買いたいと思えば、社内のトレーダーにそれを伝え、その注文を受けた証券会社側トレーダーが少しづつ場にある(板にある)株を買っていく・・・・こういったスタイルがほとんどなんです。VWAP(Volume weighted average price)注文と言われるものがありますが、これが該当しますね。

下値で指値の買い注文を出してるのは、今は個人ぐらいだと思うんだけどな。

「200万円を4億1000万円にした
                          投資手法を期間限定で公開中!」

slide1 株式投資により200万円の資金を4億1000万円にしたGomatarou氏が3回の動画でGomatarou流トレード手法を公開しています。

【11月9日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「200万円の資金を205倍の4億1000万円まで増やした手法」
1回目の映像では200万円の資産を4億1000万円に増やしているGomatarou氏が実践している手法の中から長年にわたって収益源としている手法ご紹介致します。映像ではGomatarou氏の3つのトレードポイントもお伝えしますので、絶対に見逃さないでください。

【11月13日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「合計約300万円の利益をあげた逆張り手法」
2回目の映像ではGomatarou氏が得意としている逆張りトレードについてお伝えします。映像では東芝株の急落を利用して数日間で48万円の利益をあげた事例をご紹介します。

【11月16日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「ストップ高を狙って合計330万円の利益をあげた方法と資金管理」
3回目の映像では短期間で大きな収益を狙うことができるストップ高を利用したトレード方法についてお伝えします。また、資産を200万円から4億1000万円まで増やした「Gomatarou流資金管理法」についてもお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)