【コメント返信】海外投資家が買ってくれることを期待するのは危険??

ある方から以下のコメントがありました。回答します。「当方は海外投資家が買ってくれることを期待している」とは、一言も書いていないのですが・・・

海外投資家の多くは、日本株は世界の景気敏感株と認識しています。足元のような世界景気、とりわけ日本景気が
ガタガタの局面では、「売り越しでもまあそんなもんだよね。仕方がない」と当方は思ってます。国内機関投資家の多くも同様でしょう。

世界的に景気が回復してくれば、海外投資家の資金は、世界の景気敏感株たる日本にも入ってくると考えます。まあこれまでのように、レバレッジをかけてというわけではないのでしょうが・・・

ちなみに大前研一氏は、世界的な余剰資金は、世界的に相場が暴落したいまでも、3000兆円程度はあると推定しています。「運用せざるを得ない」資金ですね。

質問内容

海外投資家の2000年以後の買い越し額と、2008,2009の売りこし額を計算すると、海外投資家の売りはまだ序の口であることが分かります。またバブル頂点のころくらい海外投資家が買ってくれることを期待するのは危険だと思うのです。

なお当方、出張が続くため、次回の書き込みは4月になりそうです。あしからず。

ふりーパパ式成長株投資法の集大成を期間限定で公開中!                          

slide1 上方修正後の株価上昇を巧みに利用した投資手法を3つの無料動画で公開中です。

【8月8日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「数倍にもなる銘柄を誰よりも早く見つける方法」
1回目の映像では成長株投資法を長年実践し、これまで4億円以上稼いでいるふりーパパ氏が成長株投資法について、 数倍以上になる銘柄を誰よりも早く見つける方法についてお伝えします。

【8月12日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「1年間で10倍以上に値上がりした銘柄の見極め方」
2回目の映像では成長株投資法について、ペッパーフードサービスの銘柄を事例にして、 成長株を発掘する大事なポイントを4つ紹介します。 この4つのポイントは成長株投資には欠かせません。今回の事例で実感してください。

【8月15日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「儲けるための売買法とそのタイミング」
3回目の映像では成長株投資法について、ふりーパパ氏の手法を イメージしてもらうために2つの売買事例を特別に公開します。 後半では手法に重要な「ボックス売買法」と「ポイント&フィギュアチャート」 について、具体的にお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)