バフェット氏からの手紙

浜口です。

本日宅配された日経ヴェリタス3月8日号に、「バフェット氏からの手紙」という記事がありました。『米著名投資家ウオーレン・バフェット氏から手紙が届いた。経営する投資会社の株主にあて、年1回出している恒例のご託宣だ。』ということで、内容を2ページにわたり、紹介しています。なかなか読み応えがありましたよ。一部、引用紹介します。

・ 市場の混乱は我々の投資活動に追い風。投資にとって悲観論は友、ユーフォリア(陶酔感)は敵だ。
・ 靴下(socks)であろうが、株(stocks)であろうが、高品質のものを値下げされたときに買うのが好きだ。

市場参加者が悲観論に傾いているときは価格も下がり、皆が浮かれて相場全体が上がっているときに比べ、投資の好機。手紙の中では時にジョークを交えながら、「危機のときこそ果敢に動く」という逆張り投資家の哲学を改めて示している・・・・とのこと。【引用終わり】

さすがですね。まったくその通りだと思います。

グリーンスパン氏は、現在の経済は「100年の津波」に襲われていると言った。もしそうだとしたら、津波が引くまで待てばよい。さらに言えば、津波が引くときに乗っかればよい。

今、世界では、「100年の津波」でガタガタになった経済を、世界各国のお歴々が修復しようと、必死に働いてくれている。その努力が奏功するともし考えるのであれば、投資家の立場なら、株価が安い状況で現物でポジションを取っていれば良いと思う。買いコストは安いに越したことはないが。信用リスクには注意が必要だが。

相場が経済に半年先行する。となると、経済に対する逆風が最大になりそうと思しきときに、おおまかに分割で入れて待つぐらいしかやりようがないと、当方は考える。

まあ高見の見物でゆっくり行きます。当方は投資家の立場、マスコミ関係者・ジャーナリスト業種ではないので。彼らとは違い、大騒ぎしても、財布が膨らむわけでもない。

ふりーパパ式成長株投資法の集大成を期間限定で公開中!                          

slide1 上方修正後の株価上昇を巧みに利用した投資手法を3つの無料動画で公開中です。

【8月8日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「数倍にもなる銘柄を誰よりも早く見つける方法」
1回目の映像では成長株投資法を長年実践し、これまで4億円以上稼いでいるふりーパパ氏が成長株投資法について、 数倍以上になる銘柄を誰よりも早く見つける方法についてお伝えします。

【8月12日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「1年間で10倍以上に値上がりした銘柄の見極め方」
2回目の映像では成長株投資法について、ペッパーフードサービスの銘柄を事例にして、 成長株を発掘する大事なポイントを4つ紹介します。 この4つのポイントは成長株投資には欠かせません。今回の事例で実感してください。

【8月15日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「儲けるための売買法とそのタイミング」
3回目の映像では成長株投資法について、ふりーパパ氏の手法を イメージしてもらうために2つの売買事例を特別に公開します。 後半では手法に重要な「ボックス売買法」と「ポイント&フィギュアチャート」 について、具体的にお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)