大不況の経済学入門

週間ダイヤモンド4月4日号「大不況の経済学入門」は、挑発的なタイトルのセンスはさておき(この手の経済雑誌は、どうしてもこうなりますよね)、内容は相当の力作と感じられました。「保存版」だと思います。ご一読をお勧めいたしします。

さまざまな分野の分析家が紙面3ページにわたり、「誌上講義」の説明を行っています。この中でも特に、高安秀樹氏による「バブルとその崩壊は繰り返される?」が印象に残りました。経済物理学に関する分析です。この分野は難解な本が多いのですが、このコーナーではこの学問のエッセンス部分を簡潔にかつわかりやすく説明しており、素晴らしいなと感じられました。「市場価格を安定させることはそもそも不可能。暴騰と暴落がつきまとう。経済物理学はそのことを明らかにしている。今後もバブルとその崩壊は繰り返されよう。」「マーケット変動は正規分布に従っていない。」こんなあたりのデータ分析を用いての説明です。

また、北村行伸教授の「大恐慌により1873年大不況にそっくり?」も、タイトルにはあまり賛同できませんが(笑)、説明内容には興味を惹かれました。「よく整理された世界経済史解説」として、価値ある内容と思います。1770年、イギリスの産業革命以降の世界経済の流れについて、わかりやすく説明されています。

「200万円を4億1000万円にした
                          投資手法を期間限定で公開中!」

slide1 株式投資により200万円の資金を4億1000万円にしたGomatarou氏が3回の動画でGomatarou流トレード手法を公開しています。

【11月9日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「200万円の資金を205倍の4億1000万円まで増やした手法」
1回目の映像では200万円の資産を4億1000万円に増やしているGomatarou氏が実践している手法の中から長年にわたって収益源としている手法ご紹介致します。映像ではGomatarou氏の3つのトレードポイントもお伝えしますので、絶対に見逃さないでください。

【11月13日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「合計約300万円の利益をあげた逆張り手法」
2回目の映像ではGomatarou氏が得意としている逆張りトレードについてお伝えします。映像では東芝株の急落を利用して数日間で48万円の利益をあげた事例をご紹介します。

【11月16日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「ストップ高を狙って合計330万円の利益をあげた方法と資金管理」
3回目の映像では短期間で大きな収益を狙うことができるストップ高を利用したトレード方法についてお伝えします。また、資産を200万円から4億1000万円まで増やした「Gomatarou流資金管理法」についてもお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)